最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

カテゴリー「クロスバイク」の7件の記事

2018年4月12日 (木)

多摩川を羽田まで自転車

2018.04.12(木)快晴、夕方曇り

Dscn0054

宇名根駐車場から多摩川右岸(川崎側)の土手がサイクリングロードとして最適。
二子橋をすぎて対岸(二子玉川)に旧二子玉川園敷地に巨大タワーマンション群が聳え立つ。

Dscn0055

丸子橋が近づくと武蔵小杉のマンション群が見えてきた。NECの敷地だったところだと思う。かつて東急東横線武蔵小杉駅の南側に大きな敷地のなかに三角屋根のNEC(当時は日本電気と云ったと思う)の工場が並んでいた。ここは都内に住むのと同じくらい交通至便なところだ。

Dscn0058

ここは都内側から東横線で多摩川を渡って最初の駅が「新丸子」、昨年テレビ番組で紹介されていた大繁盛の食堂。「三ちゃん食堂」、昼時でお客さんが約50名もいた。満席に近い。ホールスタッフの女性3~4名が忙しく動きまくる。注文しようにも捕まえるのが大変。厨房にも4名くらいいたかな。
工場で働く人が多かった時代、交代制で夜勤あがりの工員さんが、この食堂でお酒を飲む。朝早くから開いていたという。東横線が今みたいに高架でなかった時代だ。店内で掲示されているメニューをカウントしてみた。定食から酒のつまみまで140くらいあった。なんでもあると考えていい。百貨店のお好み食堂なんて目じゃない。飲み物もすごいバラエティ。なんでもある。大繁盛
これでよく間違えずにお勘定ができるなと感心してしまった。もちろん最近レストランで使うような受注端末はスタッフは持たない。伝票もテーブルには置かない。いつまでも完璧に磨き抜かれたアナログでやってほしいと思った。うんと若いお客さんはいない。

Dscn0059

店内に張り出してあったポスター。左側はルービンリキと読んでしまった。

Dscn0063

新丸子には由緒ある神社、お寺があった。これは都内鵜ノ木のマンション群。
ガス橋から対岸に渡った。羽田に向かい下って行った。川沿いに佃煮屋さんが1軒あった。

Dscn0064

ここを終点としてクロスバイクで走った。小学生のとき自宅からここまで自転車で来たことがある。当時はノリの養殖が盛んだったことをよく憶えている。いまでは干潟の養殖地は埋め立てられ住宅地となり、このあたりではノリの養殖風景はもうみられない。

Dscn0067

こういう説明書きはとてもいい。そうだったのかと納得。

Dscn0069

帰路は産業道路の橋から川崎側に移った。大師線沿いにある味の素の工場(研究所)敷地はびっくりするくらいとてもデカい。多摩川沿いに走るが、河川敷にブルーシートのハウスがみえる。以前に比べるとだいぶ減ったような気がする。1回体験してみたいと思う…?
午後4時には河川敷にある宇名根🅿に戻った。
自転車コースはこの多摩川コース、鶴見方向の恩田川、町田から江の島にでる境川、鵠沼にでる引地川がいい。

2017年6月 9日 (金)

平日の江の島へ

2017.06.09(金)

町田駅南口の境川から江ノ島をクロスバイクで往復した。
巡行速度は約20Km、最高で30Km。片道約2.5時間。

Dscn0009

藤沢市北部の農地。大方田植えは終わっていた。

Dscn0011

こういう風景にはなぜかホッとする。湘南鵠沼海岸に注ぐ隣の引地川もこんな風景に出会うことができる。

Dscn0012

国道1号線手前、境川に植えられた紫陽花は満開

Dscn0015

片瀬の浜では、浜茶屋の組み立てが始まっていた。鉄骨をクレーンで吊って作業をしていた。以前は仮設用の丸太を使い、簾などで覆っていたが・・・。後方は江ノ島

Dscn0017

片瀬東海岸側

Dscn0018

江ノ島から片瀬の東浜を眺める。海水は透明度が高かった。今年の検査結果は可とのこと。いまさら海水浴には行かない。

Dscn0020

平日なので観光客は少ない。

Dscn0021

中国からのお客さんがとても多い。

Dscn0023

江ノ島や鎌倉に行ったら生シラス丼を食べることにしている。@1080

Dscn0027

境川のサイクリングロードにある案内看板は更新されていた。

Dscn0028

背の高い建物は、横浜市側の旧横浜ドリームランドのホテル、今は薬科大の施設になっているという。

平日でも自転車道は、自転車愛好家の絶好のコースのようだ。高年の方がほとんど。ロードバイクには追い越されること多し。
神奈川では、恩田川~鶴見川、多摩川右岸が走りやすい。

2016年1月24日 (日)

都内をチャリで往復Ⅱ

2016.01.24(日)快晴 西高東低 特に午後、首都圏にも今季一番の寒気が流入し西風も強まった。

今週末は、大きな寒気も来ることだし、アイスや外岩もやめてチャリに乗ることにした。9:45出発。

Dscn2393

町田市と相模原市7が接する鵜野森と上鶴間本町の境目あたりから、相模原ゴルフクラブまでの間を国道16号を挟み、緑歩道が整備されている。走りやすいのでここからスタート。すぐに左側のお家、10匹近い猫が日向ぼっこしていた。この猫の表情はやや硬い。野良か、右耳もかじられてか若干欠けている。厳しい猫人生のようだ。

Dscn2394
ここらは走りやすいが、並木の通りにはなっていない。春が待ち遠しい雰囲気。

Dscn2395
町田警察署の前を通り、町田リス園、薬師池公園前を走り、小野路を抜け、ここから緩い登りで多摩ニュータウン。そして稲城市のニュータウン若葉台から新しいロードを下り多摩川に達した。多摩川原橋の上から多摩川上流を眺めた。

Dscn2397
調布市国領にある慈恵医大病院に入院している友人を見舞ったあと、帰路についた。奥多摩、高尾方面、中央沿線の山をみると、結構雪が残っているようだ。

Dscn2399
帰路、多摩川沿いを走る。競輪場、京王閣前を通る。河原のグランドは野球場。

Dscn2401
帰路も多摩川原橋を渡った。これは橋上からの下流方向。

Dscn2402
終日快晴、川沿いに羽田まで走れる。

Dscn2403
中野島駅周辺をウロウロしたが、ここが川崎市北部にあるクライミングジム、中野島のパンプ2号店、「PUMP2 KAWASAKI」、を帰路に尋ねてみた。大混雑だった。大盛況。知り合いの小学生らもいて、ここで以前に東急ハンズで買い求めた手品グッズを手渡すことができた。使いこなして大人をギャフンしてほしいと思った。
帰路、日本女子大正門前を通過して小田急線よみうりランド駅前に出た。新百合ヶ丘、鶴川を走った。向かい風の西風が一段と強まり走りにくくとても寒かった。17:20に帰宅。

【追記】 1/24朝の番組から
① 朝5時からフジテレビの番組、「TV寺子屋」に今井通子さんが出演していた。もちろん山の話が中心で訪れた世界の山岳の画像をメインに話されていた。だいぶお太りになったようで。
いまから半世紀も前のこと(高校3年生)、東京工大の先生と故吉尾弘さんと三人で話をする機会があった。彼女の話も話題にあがり、JECCで一緒に登っていた故K原さんのほうが上手かったと言っていたことを思い出した。K原さんのことは知らないが、おそらく岩場に向かってゆく男っぽい気力の面では、今井さんの方が、とても勝っていたのではないかと思った。

② 6時からはBS①-NHKで、ドキュWAVEという番組の再放送。タイトルは「台湾ダブル選挙若者たちの選択、中国とどう向き合うのか」。台湾の8年ぶりの政権交代、ダブル選挙戦のドキュメンタリー番組をみた。主役は若者だった。これから先、中国とどう向き合うか、一党独裁を否定し言論の自由を痛いほど感じている将来を担う若者たちが、真剣に自分たちが推す選挙戦に飛び込み、勝利する様子に焦点を当てていた。、中国の経済に及ぼしている現実と向き合いながら、台湾のあるべき姿を真摯に見つめようという動きを追っていた。 「われわれは中国人ではない、台湾人である」という若者の言葉が、今の台湾の新世代を象徴しているような気がした。この先、この重いテーマがさらに重みを増してゆくのは想像に難くない。

2016年1月14日 (木)

クロスバイクで「BIG ROCK」を川沿いに往復した

2016.01.14(木)快晴

Dscn2285
国道246号を渋谷方面に向かい、恩田川と交差するあたりから右岸に降りて走り出す。これは交差した東名高速道路を下流からみたところ。

Dscn2288
恩田川は鶴見川に合流。
(註)成瀬あたりの恩田川は桜の名所として町田界隈ではよく知られている。

Dscn2291
画面右が新横浜駅方面。大規模な道路工事が進んでいた。何道路となるのかは知らない。
東急東横線に平行して綱島街道が大網橋を架けている。ここで鶴見川から分かれて綱島駅前から綱島街道を日吉方面にでた。

Dscn2294
今回の目的は、ここのクライミングジムでの忘れ物を回収すること。O岩A子さんが、前月の連絡によりスムーズに出してくれた。聞いたところによると、確保器、ヌンチャクからロープに至るまでたくさんの忘れ物があるという。私の忘れ物はスポルティバのシューズなど2足。
帰路は鶴見川を上がって行ったつもりが、違う支流(早渕川)に入ってしまった。往復足かけ5時間。

2015年12月16日 (水)

チャリで境川沿いをゆく

20015.12.16(水)晴れ

自転車は下半身と心肺のトレーニングによい。天気がよいのでも出掛けた。鎌倉までと思っていたが、スタートが午後1時すぎになってしまったので、午後3時折り返しと決めて町田の境川沿いを藤沢の国道1号をクロスするところを目指して走った。と言ってもスピードはMax.30~35キロ、巡航速度は20キロ前後。ドロップハンドルのバイクにどんどん追い抜かれる。やはり国道1号をくぐるところで、午後3時だったので、ここでターン。246号からここまでは自転車と歩行者の気持ちの良い専用路だ。

Dscn1904
下流からさかのぼる。1国道路より3キロ上あたり。藤沢北部の田園地帯、高い建物は横浜市になる。

Dscn1905
走りやすい自転車道

Dscn1902


Dscn1907


Dscn1909
暖冬でもう菜の花が咲いた。

2015年11月24日 (火)

都内へ往復50キロ

2015.11.24(火)曇りのち快晴

 狛江市にある慈恵会医科大学付属病院に入院中の友人の見舞いを兼ねて走ってみた。
若い友人のアドバイスに従って相模大野の自転車屋さんに立ち寄って、自転車用の黒いヘルメットとスピード計&距離計などが一体となった機器を購入した。午前中には仏式バルブに使える空気い入れと2個めワイヤー鍵も買った。自転車に関する投資は取りあえずここまでとする。
 小田急線沿いに鎌倉街道、鶴川街道、津久井道、世田谷通り、松原通りを走り、約2時間で夕方病院に到着。
 帰路はヘッドランプを点灯して走行した。自転車は夜走るものではないなと思った。余りにも走行条件が悪すぎる。危険である。車を運転しているときは、車道を走る自転車は邪魔だなと思ったが逆の立場になると・・・? 少しづつは進んでいると思うが、安全に自転車が走れる道路整備が必要だと感じた。
 スピードは最高でも25km/hくらいだろうか。自転車の走りは私の下半身のトレーニングに最適だと思った。

2015年11月21日 (土)

チャリで江ノ島往復

2015.11.21(土)終日晴れ

台湾から帰って疲れがでたのか、だれてしまい風邪もひいて体調も崩してしまった。20日近くも本気で体を動かせなかった。体が錆びついたような感じだ。

Dscn1527
この自転車道は境川と国道246号がクロスするところから始まる。

Dscn1529
東名高速道路下をくぐるとのどかな田んぼが広がる。刈り取り済み。東名道路からは防音壁で見えない。

Dscn1530
巨大な団地のいちょう団地を下流から見る。境川を挟んで右が横浜市、左が大和市。

Dscn1534
さらにどんどん下る。もと遊園地、横浜ドリームランドのホテルの建物。今は某私立大学となっていると聞いている。

Dscn1535
藤沢市北部。のどかな農地が広がっている。ギヤは3速にしてグイグイと楽に走れる。すれ違うチャリは8割方がドロップハンドル。

Dscn1541
藤沢市街地を抜けて、ここは小田急線江ノ島駅前。境川河口の橋から上流をみたところ。

Dscn1544
江ノ島に渡る。天気がいいので観光客も多い。

Dscn1546
昼食には生しらすのドンブリ定食を食べた。

Dscn1551
参道

Dscn1553
参道沿いのお店で生シラス(ダブル@500)を食べた。

Dscn1555
引地川河口の鵠沼海岸へ移動。バックは江ノ島。このクロスバイクはシンプルなデザインで美しいと思う。

Dscn1559
引地川を遡って行くが、途中でなぜか間違ってしまった。綾瀬市の公園となっており気が付いた。

Dscn1561
藤沢市側の本流に戻り、大和市南部の千本桜を通過して、かつて住んだ引地川沿いの桜ヶ丘の住宅地を経て大和市の引地川水源地の公園に到着。
大和市からは相模大野に通じる緑地の歩道を通って帰宅。この自転車にはやや前傾姿勢で腕、足、お尻にそれぞれ1/3づつ重心を乗せて走った。いいトレーニングの一日になった。次回は鎌倉の長谷寺、大仏方面を予定。