最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

カテゴリー「ふりークライミング」の167件の記事

2019年1月29日 (火)

伊豆大仁 城山南壁 と河津桜

2019.01.29(火)終日快晴

Dscn2390p

左側が南壁、その左にあるのが西南カンテ

Dscn2391p

南壁でアップ

Dscn2397p

SさんーN子さんペアからスタート、1Pめ

Dscn2400p

3Pめから街を眺める。城山は大仁のシンボルだ

Dscn2402p

2Pめ以降をT中クンがリード、これは3Pめトラバースのスタート

Dscn2408p_2


Dscn2405p

最終ピッチ

Dscn2411p


Dscn2412p


Dscn2414p


Dscn2419p


Dscn2422p_2

城山南壁下近くの民家に咲く河津桜

Dscn2424p

鮮やかな色彩の花びらをアップして撮った。まだ1月末だが天気よく待ち遠しい春に心浮かれた。温暖な伊豆のそんな河津桜に魅かれた。

2019年1月22日 (火)

海老名レッジ

2019.01.22(火)

Dscn2371p


Dscn2370p

2019年1月 8日 (火)

火曜日のレッジ

2019.01.08(火)

S子さん、T中クンの3人でお昼すぎに海老名のクライミングジムのレッジに行った。
私は、脳内出血のきっかけとなった5.10aの前傾壁を確認してみたかった。なぜそうなったか?
今回触れてみたがそう血圧があがることはなかったと思う。9/16のときはUPで結構血圧が上がったのではなかろうか。???

2018年12月 5日 (水)

久しぶりにビッグロック

2018.12.05(水)晴

この日はアイスクライミング初めとして、八ヶ岳の裏同心ルンゼを予定していたが、暖冬で氷の発達もなく、やむなくT中クンとともに東横線綱島駅が最寄り駅のビッグロック(クライミングジム)に行った。

ここで若いお母さんとやって来た幼稚園年長組5歳の女の子MRAちゃんに出会った。

Dscn0165p

これはトップロープだが、ボルダー壁でもスイスイ上がってしまう。

もう一人5年生の女子小学生も来ていた。この子はルーフをスイスイ上がってしまった。

帰路、10月に脳梗塞で入院し、回復期の病院である転院した戸塚から自宅に近い十日市場のリハビリ病院に再転院したO島さんをジムに行ったT中クンとともに訪れた。

症状とリハビリ目標を明るく語るO島さん。私もリハビリ中だが焦ることなく着実にステップを歩んでほしいと思った。1月に退院できればと思う。次は登山・クライミング復帰のステップだ。

2018年11月 7日 (水)

海老名 平日のレッジ

2018.11.8(水)午後快晴

Dscn0007p


Dscn0006p


Dscn0002p

2018年10月20日 (土)

秋の湯河原幕山公園幕岩 リハビリ

2018.10.20(土)

Dscn1542p_2


Dscn1498p


Dscn1513p


Dscn1512p


Dscn1522p


Dscn1524p

午後3時すぎに血圧測定後、幕山山頂まで歩くことに。私のバランス感覚を取り戻すには歩行が一番。
天気が回復して快晴、見晴しが良くなった。真鶴がよく見えた。

Dscn1529p


Dscn1531p


Dscn1534p

これはホトトギス

2018年10月13日 (土)

海老名のレッジ

2018.10.13(土)

Dscn1479p


Dscn1474p


Dscn1475p

2018年8月18日 (土)

廻り目平

Dscn0930p

朝5時前に自宅を出た。7時半ころ、小海線野辺山駅付近を通過。道路上にある気温計は9℃を表示していた。川上村役場付近では10℃だった。
前回真夏用シュラフでは寒かったので、3シーズンのダウンシュラフを持参した。

Dscn0931p


Dscn0933p


Dscn0937p



Dscn0947p_2

イングランドの皆さん、大広場でキャンプしていた。見たことのない変わったタイプのテントで設営していた。

Dscn0952p

この夏、最後の晩となった。

2018年8月15日 (水)

小川山 廻り目平滞在日程 7/30-8/14

2018.07.30
自宅から廻り目平
前日の台風12号の影響が気になった。タープの支柱のペグが2本抜けていた。

2018.07.31
八幡沢スラブ状岩壁

2018.08.01
屋根岩Ⅱ峰南稜レモン

2018.08.02
八幡沢左岸スラブ

2018.08.03
妹岩・マラ岩

2018.08.04
山梨の岩場➡樫山

2018.08.05
兄岩

2018.08.06
休養日として、南相木村の滝見の湯に行った。

2018.08.07
台風13号に備えて、タープやテントの張り綱を点検・張り直しをしてペグの上に重い石を載せた。

2018.08.08
夜間から未明にかけて降雨、風を受けるも、音ほどではない。
前日より、間伐した生木を運び、ノコギリで切りマキとして積んだ。

2018.08.09
長期滞在の京都のHSさんから囲碁の手ほどきを受けた。

2018.08.10

2018.08.11
父岩
レスキューサポート

2018.08.12
兄岩

2018.08.13
大阪POPPOのメンバーら4人とわれわれ4人で八幡沢スラブ状岩壁へ、お昼すぎにに降雨あり。結構なにわか雨でクライミングは中止。

2018.08.14
キャンプ周辺整理、AKさんから松本平産スイカの差し入れあり。すぐ近くの流れで冷やした。
午後3時に出発して明野町のひまわり畑経由で帰途についた。

2018年7月17日 (火)

小川山 廻り目平にて

2018.07    書きかけ

7/13(金)晴 暑い

Dscn0946p


Dscn0948p

9:00に現地に集合してベースとなるキャンプ地を皆さんが来る前に設営・整備した。

終了後、私と大Sさんは近在をウオーキングした。

Dscn0907p

林道終点、金峰山への登山道入り口。新津組が整備工事を進行中

Dscn0906p

これは林道ドンツキ近くにある林道に面したフェニックスという岩場

K取夫妻、HMペアの皆さんは、対岸のクラックエリアへ

夕方には、M村とF川のお二人が到着した。

Dscn0909p

さっそく、F川さんがお酒のおつまみを作ってくれた。

Dscn0912p

この日は6人で過ごす。朝と晩の涼しさはまさに感動的。ザマーミロという感じ。星もよく見えた。

7/14(土)晴 暑い

私とM村とF川の3人で、ここ廻り目平で最もやさしいマルチピッチのルートとガマスラブへ

Dscn0919p

春の戻り雪(5.7 4P) ロープを付けて登るのは2年ぶりのF川さんは、スラブの岩にコワイコワイの連発。

Dscn0920p


Dscn0929p

懸垂は45mと50mの2回で取り付きに戻った。

Dscn0937p_2

続いて近くのガマスラブに移動した。ここも初心者の練習によい。久しぶりだがリングボルトは撤去され整備が進んでいた。

KT夫妻は千曲川源流から甲武信岳の歩きコース。源流の標識があるところで冷たい美味しい水を楽しめるところだ。

OSさんは北杜市で用事があるとのことで、昼までにはキャンプ場を後にしたようだ。

7/15(日)晴 暑い

私とM村とF川の3人でカモシカ登山道&パノラマコースの半日ウオーキングコースを歩き、昼に素麺を食べたのち、M村とF川のお二人は帰って行った。

Dscn0953p

遅咲きのシャクナゲが日影に花をつけていた

Dscn0960p

2段50mの唐沢の滝、冬にはアイスクライミングが楽しめる。3回ほど行ったことがある。
滝下付近は滝の水が飛び散るのでとても涼しい。とても快適なところだ。

Dscn0962p


Dscn0963p

3人で3束の素麺、ネギとショウガの薬味がいい。夏のキャンプメニューはこれだ。

K取夫妻、HMペアの皆さんは、対岸のクラックエリアへ


Dscn0965p

これは知り合いのキャンプ地、覆った大きなブルーシートが汚れており埃が落ちてきそう。

7/16(月)晴 暑い

金峰渓谷の「バードウォチング」と「砦岩」に向かった。まずはクラックの「バードウオッチング」へ

Dscn0978p


Dscn0981p


Dscn0988p_2

続いて砦岩へ

Dscn0994p

HM&SNペアとSMさんは終了後、キャンプ地を後にした。中央道の大渋滞はどうだったろうか。

Dscn1004p_2

二晩続きの焚火、生木も燃やせた。ウチワと吹き筒が大活躍

7/17(火)晴 暑い

私はNewハーネスのサイズがどうにも合わず危険なので、キャンプ地を整理して、10時には川上村から一人で信州峠を越え、山梨県に抜けて、石和の24h♨の塊泉に向かった。

KT、SM、朝到着したTNの3人はと

Dscn1015p

先に帰るので、整理して帰った。

より以前の記事一覧