最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

カテゴリー「音楽」の17件の記事

2018年10月23日 (火)

ナターシャ・グジー Nataliya Godsey

2018.10.23(火)曇り

皇居前竹橋、国立公文書館での「躍動する明治」展を見学のあと、葛飾立石に向かった。

Dscn0029p

CVSファミリーマートは余計だが、昭和を感じさせてくれる京成立石駅前のアーケード商店街

Dscn0031p

踏切反対側の商店街の右路地に入ると昭和30年代を思わせるディープな横丁があった。

Dscn0032p

会場にはまだ時間があるので、通りがけにある呑み屋さんに寄ってみた。立石の関所 江戸っ子。ここは2回目、夕方4時にはお店に入れてもらえる。40名は入れる。5時頃、一人で入ったが、すでにほぼ満席であった。とんでもなく大きなアルミなべ(豚もつの煮込み)の前の狭いカウンター席に座らせてもらった。

Dscn0035p

前回来た時と変わらぬ繁盛店で、お客さんは近所の方が多いと思った。




Dscn0040p

ここは葛飾区文化会館(SYMPHONY HILLS)、なぜ東京での会場が立石か? ☛理由があると思う。

私の勝手な推測だが、彼女の音楽事務所が立石7丁目にある。会場に近い。コンサートの栞に[主催] オフィスジルカ [後援] 在日ウクライナ大使館 [協賛] 都立墨田川高校柔道部OB会有志とあった。来日して根を下ろしたのが立石だったのではないだろうか。そして下町の皆さんの暖かい支援と交流があったのだと思う。日本語はとてもお上手だった。

   ⇔ 画像をクリックすると拡大できる。葛飾区での一日警察署長

彼女の名前のスペルは Natalia ナタリア ☛ ナターシャというのは、日本で云えば愛称で「なっちゃん」というようなものだとトークのなかで語っていた。

Dscn0043p_2

ここは葛飾区立石の会場「かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール」、開演前のステージの様子、客席298席のホールで開演した。18時30分すぎには満席となった。

Scan001p

Scan001p_3

https://www.youtube.com/watch?v=d4Kijkkz4f0・・・・2008.8.7 NHK-E②の番組「視点・論点」に弾き語りで出演した。ウクライナでの被爆体験の気持ちを吐露した語りはズキンときた。

Dscn0047p

ウクライナ生まれ。ナターシャ6歳のとき、1986年4月未明に父親が勤務していたチェルノブイリ原発で爆発事故が発生し、原発からわずか3.5キロで被爆した。その後、避難生活で各地を転々とし、キエフに移住する。ウクライナの民族楽器バンドゥーラの音色に魅せられ、8歳の頃より音楽学校で専門課程に学ぶ。1996年・1998年救援団体の招きで民族音楽団のメンバーとして2度来日し、全国で救援公演を行う。2000年より日本語学校で学びながら日本での本格的な音楽活動を開始。その美しく透明な水晶の歌声と哀愁を帯びたバンドゥーラの可憐な響きは、日本で多くの人々を魅了している。2005年7月、ウクライナ大統領訪日の際、首相官邸での夕食会に招待され演奏を披露。2016年7月、これまでの活動が評価され、外務大臣賞を受ける。コンサート・ライブ活動に加え、音楽教室学校での国際理解教室やテレビ・ラジオなど多方面で活躍しており、その活動は教科書にも取り上げられている。
(Profile、コンサートの栞から)

Dscn0044p

コンサート終了後、CDやウクライナ刺繍などの販売コーナーでサイン会が行われた。

Dscn0046p

Profileで逆算すると現在38歳だと思う。誠実そうなお人柄を感じさせてくれた。
原発事故で故郷を追われ、家族との生活が一変した被害者の一人。そして住んでいた町は地図から消えた。

この日のゲストの一人であったヴァイオリン奏者 金子飛鳥さんと今月29日には東京芸大でのイベントで、対談することになっているという。行ってみたいと思っている。

(注)藝大生と市民がともに学び考えるための「芸術と憲法を考える連続講座」 第10回 2018 10/29(月)18:30 【 原発なき地球へ 戦争なき世界へ (出て、見えた日本 来て、知った日本)
金子飛鳥さん 東京藝大卒 世界50か国で講演した。ヨルダン・パレスチナ公演の体験10年前のアメリカ移住により、日本の平和憲法と銃のない社会の尊さを強く実感する。
ナターシャ・グジーさん 6歳のときチェルノブイリ原発事故で被曝した。2000年より日本での本格的な演奏を始める。音楽を通して原発なき社会と平和を訴え続ける。日本在住。


(注)第12回 12/6(木)の講座では、山野井泰史さん(アルパインクライマー)のお父さん(元毎日新聞印刷部長)が、「山と語学を愛した大学生はなぜ逮捕され命を奪われねばならなかったのか?」というテーマでインタビューに登場する。これも聞きに行きたいと思っている。

午後9時には終了したが、帰宅は11時をまわっていた。千葉県に隣接した葛飾立石は遠かった。

2018年10月12日 (金)

似合わないが弾き語りライブへ

2018.10.12(金)

たまたまYouTubeで、チェルノブイリ原発事故のバンドゥーラの弾き語りを見てナターシャ・グジーを知った。ウクライナの現地でこの事故に遭った女性(当時子ども)の一人だ。
この弾き語りのライブ(2018.10.23)をぜひ見たいと思いチケットを購入した。
ホールの所在地は葛飾区立石。東京でもなかなかディープなところだ。

ナターシャ・グジーのHP ☛ http://www.office-zirka.com/profile.htm

ライブの案内パンフ ☛ 「181014scan.pdf」をダウンロード

2018年3月27日 (火)

大野南中学吹奏楽部の定期演奏会

2018.03.27(火)快晴

Dscn0009p

近隣の中学生が演奏すると知り、伊勢丹裏のグリーンホールに行ってみた。これからGWにかけて近くの高校の演奏会も目白押しである。
感想、なかなかいいものだった。

第一部
①行進曲「よろこびへ歩きだせ」、②栄光の全てに、③森の贈り物

Dscn9904_2


Dscn9902_2

第二部
①ムーンライト・セレナーデ、②コパカバーナ、③ディズニー・プリンセスメドレー、④エリントン・メモリーズ

第三部
①歌劇「詩人と農夫」序曲
②交響曲第4番ヘ短調作品36 終楽章

神奈川県内のコンクールで上位入賞している。熱心な指導教員や応援する関係者に支えられている。
若干のOB・OGも入り50名くらいの吹奏楽団による演奏は圧巻であった。

2013年8月25日 (日)

BS洋楽 グラフィティー60’

2013.08.25(日)
明け方4時前後にNHK-BS3で放映していた。私がちょうど中学生のときの流行っていたポピュラーソングといっていたジャンルの60年代のミュージック。
この日はP・P&M、ポール&ポーラ、クリフリチャード、ビーチボーイズ、シュープリームスなどの古いモノクロ画像が流れていた。ヘイポーラやヤングワン、懐かしいなぁと思った。あれから50年・・・、・・・。
曲のテンポはいずれもゆったりしている。バックダンサーのスカートはヒザくらい。高校生になるとGSが流行りだした。高二のときは「思い出の渚」のワイルドワンズでした。

2012年4月14日 (土)

雨の皇居にて

2012.04.14(土)終日雨で寒い
Img_4894
地下鉄大手町駅から皇居に入った。

Img_4831
初めて皇居にある宮内庁楽部に雅楽演奏会で訪れた。ここで国宝級の雅楽が演奏された。何とも説明できない時と空間がここにあった。
雅楽には「管絃=(大陸系の雅楽器で奏する器楽合奏)」、「舞楽=(音楽とともに奏する舞)」および「歌謡=(雅楽器の伴奏で歌う声楽」」の三つの演奏形態があるそうだ。

演奏中はもちろん撮影禁止なので、配布されたパンフにその模様を写してみた。
Img_4910_2
管絃・・・このとおり。前列右の方がこのチームのリーダーと理解した。
Img_4909
舞楽・・・このとおり。きらびやかな装束をまとった楽師が、篳篥や笙の調べにあわせて優雅に舞う。
Img_4876
演じられる舞台を2Fからみてみた。
Img_4871
2階の席が上席のようだ。
後半の舞楽から、天皇皇后両陛下が入場され、2階正面の比較的質素な椅子に座られてご覧になった。美智子さんのにこやかな表情がとてもよかった。

宮内庁の雅楽は国の重要無形文化財、ユネスコの無形文化遺産に指定されている。
この定期演奏会は春と秋に3日間開催され、入場希望者は宮内庁の案内に基づき、往復はがきで申込んで抽選となる。秋の演奏会は7月初旬には申込み要領が公表される見込み。

(注)宮内庁以外では、「雅楽道友会」という団体があり雅楽の定期演奏会を行っている。HPあり。

2012年2月25日 (土)

とてもかわいい歌(6さいのばらーど)をみつけた

2012.02.25(土)雨のち曇
ようやくユーチューブにでてきた。NHKみんなのうた/今月のうた。つい孫と重ねてしまった。
↓↓↓・・・この曲のページを貼りつけた
http://www.youtube.com/watch?v=hjvaGiSw7oU    ・・・ NHKの申し立てにより削除された。

http://www.youtube.com/watch?v=IIpI6vONIEg   ・・・ 神戸での録画を貼りつけた。2012/8/13

大ブレークの予感。
歌っているのは7さいの「ゆーゆ」、お母さんはトトロをうたった人だそう。

【歌詞を拾ってみた】
おんなの子です~、六さいです~、幼稚園ではバラぐみです~
赤ちゃんのとーきのはーなし、しないでほしいわ~
おしめしてたとかおぼえてない~、いまのわたしとはちがうもの~
五さいの子よりはおねえさんなの~、七さいの子よりはちいさいけれど~

おんなの子です~、六さいです~、パパとはけっこんしないわ、たぶん~
幼稚園ではまいーにち、たのしんでいるけど~、ともだち関係、おべんと関係、けっこういろいろあるんだわ~、
しあわせ感じることもおーいから~、べつーにしーんぱいしないでね~

おんなの子です~、六さいです~、すきなたべもの ヤキニクです~
小学生になったらひとーりでねるの~、こわーい夢ぜったい見ませんように~
おんなの子です~、六さいです~、すきなおとこの子、二人います~
おんなの子です~、六さいです~、きのう前歯がぬけました~
おんなの子です~、六さいです~、きっとママより・・・美人になるわ~・・・。

2011年8月28日 (日)

ワイルドワンズのナマを聞く タイトル:「思い出の渚で、シャララ」とあった。

2011.08.28 日曜 晴れ
案内のチラシ⇒ 「20110828.pdf」をダウンロード
この日、グリーンホール相模大野で加瀬邦彦&ザ・ワイルドワンズ、結成45周年記念のライブがあり、当日チケットを買えたので、ステージから8列目の席を選んだ。開演17:00 
私の右隣の女性とお話をしたところ追っかけさんでした。
Img_0928 高校2年生のとき大ヒットしたのが当時湘南サウンズといわれた「思い出の渚」。今回これのナマを聞きたくて入場した。
やはり観客は私と同年代のおばさん・おじさんが多い。エレキギターとドラムの大きな音響。バックにはメンバー以外のキーボードとドラムスが加わった。キーボードの女性はリズム感が抜群の方だった。坊ちゃん顔だったリードギター加瀬邦彦のテクニシャンぶりはさすが。
Img_0930_2ナマに初めて接した。歌唱力はプロとしては? このグループの限界を感じた。
オープニングではなぜか目頭が潤みそうになった。

2011年6月23日 (木)

6月北御堂相愛コンサート・・・<主催者タイトル>クラシックへの誘い~若葉のひびき~

2011.06.23 木曜 大阪は晴れ
P6230007 毎月楽しみにしている北御堂、本日お昼のミニコンサート。
P6230012 今月は美人奏者のピアノ。
「110623souai.pdf」をダウンロード
7月はパーカッション。この時はもう大阪にはいないので、残念だ。

2011年5月20日 (金)

5月北御堂相愛コンサート・・・<主催者タイトル>クラシックへの誘い~そよ風の調べ~

2011.05・20 金曜 快晴
Img_9895 今月は相愛の専攻生によるサクソフォンの四重奏。

Img_9893_2 そもそもサックスは、ジャズやビッグバンドの楽器というイメージだったが、クラシックにいいなんて見事に覆された。私の音楽素養はこの程度。ソプラノ・アルト・テナー・バリトンの4種類のサクソフォンによる12名でのアンサンブル。
最後の曲・Riverdanceではパーカッションの1名が加わった。
Img_9890 北御堂で月1回あるお昼のクラシックコンサート、私はすっかりここの常連。お香が漂う本堂での演奏はなかなかよい。本堂は音響効果にもいいと思う。曲目・G.F HandelWater Music、・恩徳讃、・B.Whelan  Riverdance ほか
Img_9904_2 この日は一日「親鸞聖人降誕会」という行事で、入口には派手な旗が掲げられていた。
次回:6月23日(木)12:25~12:45、曲目:C.ドビュッシー(ピアノ)亜麻色の髪の乙女 ほか

2011年5月13日 (金)

御堂筋/本町ガーデンシティ・ロビーコンサート

2011.05.13 金曜
Img_9506 御堂筋の並木の葉の色が濃くなってきた。
右の新築ビルのロビー(天井が高い)が会場。上は外資系のホテルSt.レジス。
第7回大阪国際室内楽コンクール&フェスタのプレイベントだそうで、
・会場:本町ガーデンシティの広いロビー
・開催:本日12:30と18:00の2回、30分ほどのミニコンサート
Img_9511 ・出演:クァルテット・エクセルシオ Quartet Excelsior 
※1996年 第1回東京室内楽コンクール1位 
Img_9522 ・桐朋学園大出身の4名、この方・西野ゆかさんがリーダーでしょうか。
珍しい弦楽四重奏。
ヴァイオリンが実に優雅な音色を出していた。