最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 自宅前の老桜が八分咲き | トップページ | 低温のためかまだ桜満開が続く »

2019年4月 7日 (日)

週末の見晴茶屋

2019.04.07(日)3日連続の快晴続き

まだまだ歩行に十分な自信がもてないので、取り敢えず見晴茶屋に泊りに行くことにして4/6土曜11時前には到着した。
比較的低温が続いたためか、秦野の桜満開は週末までOKだった。山間部のヤマザクラ、マメザクラはまだまだこれからもOK。標高を上げれば長く楽しめる。土曜は4名で泊まった。夕方4時には下りはじめて6時すぎには帰宅できた。東名厚木-横浜町田IC間はマイド渋滞なので、圏央道経由で帰った。

Dscn3297

大倉に向かう秦野さくら道。突き当り右にCVSセブンがあるところ。どこも満開

Dscn3299  

大倉、記念公園の桜も満開

Dscn3302

まだ水場が使えない

Dscn3305 

落葉樹の新芽がでだした

Dscn3307

下り、丹沢ベースの手前。えぐれて表土の流失を防ぐのによい枠組み方法だ。ここは大倉尾根の天神尾根分岐から下部を担当しているNPOみろく山の会が整備したのだと思う。

« 自宅前の老桜が八分咲き | トップページ | 低温のためかまだ桜満開が続く »

見晴茶屋」カテゴリの記事