最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 伊豆大仁 城山 | トップページ | 桜の開花が始まった »

2019年3月17日 (日)

伊豆 天城山万ニ郎から万三郎の周遊コースを歩く

2019.03.17(日)曇り、風強い、下山時にあられ、雪など終日とても寒かった。

二日目は湯河原幕岩クライミング組と天城山ハイキング組に分かれて3月の春を楽しむ山の会の山行として年間行事のひとつとして企画された。参加者は前晩にみんなで中伊豆のW別邸の泊まるのを楽しみにしていた。W別邸は農家だった親戚から譲り受けて手入れ(リフォーム)したもの。敷地も広い。

Dscn3011jpg_p

この時期の主木はハクモクレン

Dscn3008p

今回の私の目的は歩くこと。リハビリはとにかく歩くことに尽きる。後方の庭木がハクモクレン

Dscn3013p

天城山は、万ニ郎岳(ばんじろうだけ1299m)万三郎岳(ばんざぶろうだけ1405m)など連山の総称である。コースの距離は約8キロ。歩行の実質時間は5時間半くらいだろう。
天城高原ゴルフ場の対面がスタートである。

ここのコースは2回目、歩いてみて感じたがこんなに植生が豊かだったか。改めて見直した。

ここは馬酔木(アセビ)と石楠花(シャクナゲ)が有名だが、山毛欅(ブナ)がこんなに多かったか。新緑と紅葉の季節がよい。ヒメシャラも目立った。

1回目と2回目の印象がこんなに違う山歩きはめずらしい。

Dscn3014p


Dscn3016p

天城高原ゴルフ場、その奥が大室山

Dscn3018p

相模灘、伊豆大島だと思う

Dscn3022p


Dscn3024p


Dscn3026p

新緑の山毛欅を見に来たいと思った

Dscn3027p


Dscn3032p


Dscn3034p


Dscn3037p


Dscn3040p

山毛欅好きにはたまらない

Dscn3044p


Dscn3045p


Dscn3047p


Dscn3053p


Dscn3060p


Dscn3063p

ヒメシャラの幼木エリアを歩く

Dscn3069p

アラレが降り、雪も舞った

Dscn3073p

ヒメシャラの古木

この日の天気はめまぐるしく変化した一日だった。寒気も入り風が強くとても寒かった。

« 伊豆大仁 城山 | トップページ | 桜の開花が始まった »

縦走、ハイクなど」カテゴリの記事