最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月31日 (日)

川田さんを偲ぶ会 大阪にて

2019.03.31(日)快晴⇒晴れ

3月30日(土) 
新横浜から新幹線で大阪に向かった。春休みでもありバスのチケットが取れなかった。

66歳でガンのため亡くなった(2019.1.1)。大阪の仲間の偲ぶ会は、所属会このはな山の会の主催により、午後1時半から守口市役所の会議室を借りて行われた。山の会の関係ばかりざっと見たところ130名を超える会となった。
川田さんの奥さんや娘さんもあいさつに立ち、参加の皆さんを笑わせてくれ、飾らないきわめて明るい偲ぶ会となった。地域性だろうか、東京・神奈川ではこうはいかない。飲食を通じて輪が広がり(オープン)、交流のハードルを低くしてくれる。

Dscn3220_1
 
午後1時からの会場受付では、多くのカラー印刷の山行写真と仲間のコメントで構成された小冊子が配布された。

Dscn3222_1



Dscn3225_1


Dscn3226_1
 

Dscn3227_1  


Dscn3230_1 




Dscn3231_1

奥さんと娘さんがあいさつに立った。ざっくばらんなお人柄で笑わせてくれました。偲ぶ会が明るい会となりました。

Dscn3232_1

娘さんがお酒をもってテーブルを回ってくれました。

Dscn3236_1  


Dscn3240_1


Dscn3242_1


Dscn3243_1 

大阪屋は朝早くから開いている。夜勤明けの勤労者が主なお客さん。お店は女性のみで運営している。



ここの食堂街は好立地で繁盛している。奴(やっこ)という立ち飲み屋さんがおススメ。安くて美味しい。混むとダークダックス状態となる。

Dscn3244_1

3/31 北梅田でもタワービルが増えた。午前10時、ここのモータープールから3列シートの高速バスでバスタ新宿に向かった。事故渋滞とかで経路は御殿場ICから富士吉田IC、中央道経由に変更、新宿バスタには1時間40分遅れの到着となった。

2019年3月28日 (木)

New軽量アイススクリューを買った

2019.03.28(木)

Dscn3218p 
                                                 13cm                   16cm       16cm        19cm

20%OFFの期末セールを行っている横浜東口にあるカモシカスポーツ・山の店横浜店へ自宅から車で行った。新型アイススクリューを買うのが目的。横浜の市街地は道路が細かくて走り難い。帰路は保土ヶ谷バイパス・16号経由で帰宅したがとても混んでいた。
買えたのはBDのUltralight Ice Screw4本(税別本体標準価格は1本9600円)で、セール価格は税込み1本あたり8295円であった。サイズは13cm×1、16cm×2、19cm×1。PASは品切れで買えなかった。財源は医療費確定申告の還付金の一部から。
私は既存のハンドルスクリューを7本、ハンドルなしスクリューを2本を持っているが、PETZLのクランク付き超軽量アイススクリュー、Laser Speed Lightを使わしてもらったらどうしても軽量タイプの新型アルミスクリューが欲しくなった。ボディはアルミ、歯はスチール製。刺さり具合入り具合が断然違う。なお15グラムくらいBDの方がPETZLより軽い。写真はハンドルを開いた状態。色分けされているのがよい。

(注)BDとPETZLの軽量スクリューを比較したページを見つけた。⇒ https://www.dimountainphotos.com/entry/icescrew-BDvsPetzl

2019年3月27日 (水)

八ヶ岳南沢大滝のアイス

2019.03.27(水)

Dscn3178p

前泊は例により甲府盆地の瑰泉(カイセン)。今回は会員特典で無料

Dscn3179p

美濃戸にある人工氷瀑、ここでは遊んだことがない

Dscn3180p

Dscn3214p

ここが南沢小滝・大滝への分岐、普段はトレースがいっぱいある。

Dscn3213p

小滝から大滝にむかうとき、右側の急なルンゼ状のこの樹木のない地形に注意。小雪崩のデブリがでていた。

Dscn3182p

Dscn3210p

今まで気が付かなかった。左に小さいが氷瀑ができていた。右側が大滝の一部

Dscn3184pDscn3189p


Dscn3211p

2019年3月26日 (火)

大野南中 吹奏楽部の第6回定期演奏会

2019.03.26(火)

Dscn3172p 

会場は伊勢丹の裏にある相模女子大グリーンホール。お隣の家庭からいただいた入場券を持って連れ合いと出かけた。

Dscn3173p

昨年の東関東吹奏楽コンクールで銀賞を受賞した神奈川県内有数の実力校

Dscn3262p


Dscn3174p

 吹奏楽部部にとって定期演奏会は1年間の成果の集大成
プログラムは3部構成。アパラチアン序曲から交響詩「フィンランディア」作品26まで、アンコール終了まで開演13:00~終焉6:00までたっぷり3時間。楽しませてくれました。
2部では年に数回の合同練習をしている近隣の谷口台小学校の5-6年生の吹奏楽クラブのメンバーも加わり、いい雰囲気の合同演奏もあった。左端の小柄の女子生徒(パーカッション)の一生懸命な姿が印象に残った

今回感じたことは、吹奏楽演奏の中でのパーカッションの役割だ。脇役ではあるが全体を引き締めたり、盛り上げたりする重要なパートを担っていた。
2部の中のクラシックジャズの演奏ではとりわけ男子生徒のトランペットソロ、女子生徒のドラムが冴えていたと思う。

全体を通して、指導を続けた顧問の先生の熱意が伝わってきた。なかなかここまでできるものではないと思う。

2019年3月25日 (月)

いま小彼岸桜が満開 江戸時代の高遠藩を想う

Dscn3162_1

相模大野の黒河内病院。入院患者のために植えたそうだが、いまや近隣にお住まいの皆さんも楽しみにしている。
ここの品種は信州、伊那高遠の小彼岸桜だそうで、病院創始者の故郷が高遠らしい。
江戸時代、高遠藩は大奥の大事件で奥女中最高位筆頭の大年寄の絵島が28年間幽閉されたところだ。昨夏平湯の帰路、木曽から高遠に寄ってみた。

大疑獄事件は赤穂浪士事件を上回る大事件で、連座者1500人という裁判でもあるにも拘わらず、判決の内容は乱暴極まるもので本来ならこんな大事件は、裁判に数年かかっても当然の裁判でもあるのに、呼び出しお取り調べから断罪まで1ヵ月というスピード裁判で、判決後直ちに刑の執行という全く前例をみないものであった。実態は始めから仕組まれた陰謀で権力者の卑劣な手段によって引き起こされた”冤罪事件“”であった。(以下の出版物より)

高遠は伊那から南アルプスの甲斐駒ヶ岳と仙丈岳への登山口、スーパー林道の始点となる戸台へ行くときに経由する町だ。
ソメイヨシノより数日前に満開となる。

昨年8月末に高遠を訪れた際、絵島事件の背景を知りたいと思い、現地資料館で1冊の本を購入した。

江戸城大奥疑獄 絵島事件はこうして起こった 北条元那著 発行所(有)しんこう社 伊那市高遠町西高遠831 2000年4月2日初版発行
(著者本名 小松茂雄 伊那市日影在住)

帯から転載
江戸城大奥に渦巻く陰謀と確執、側用人 間部詮房追い落としを策する老中、天英院の嫉妬、そして絵島は狙われた。
江戸城大奥で権勢を振った美貌の奥女中絵島。山村座の芝居見物から端を発し大疑獄事件に発展した真相はなにか。嫉妬、確執、権力闘争の犠牲となった絵島は信州高遠に流された。
元禄 正徳期、世は泰平を謳い、絢爛豪華な町人文化が華開くなか、江戸城内に突如起こった大疑獄絵島事件、その包囲網の背景を探る。

【付記】巻頭にあった高遠の地理地形について紹介された古文

山また山をわけのぼる信濃の国高遠といへるはこの国の中にしも辺鄙にして、いつれの国へもかよふ道とをく 四方に山おほひ谷めぐりて 里たいらならず雪は越後ほど積もらねども その寒きことは餘国にまされり………

安永やっつちのと亥臘月(注:いろうげつ=亥の年の12月)
歳々庵 紀 流

熱海温泉3/24-25

秦野駅で一名ピックアップ

2019年3月24日 (日)

見晴茶屋

3/23夕方、大倉から1時間のところにある見晴茶屋に入った。それまでの小雨がミゾレに変わった。Dscn3123 Dscn3135 Dscn3140 Dscn3143

2019年3月22日 (金)

桜の開花が始まった

019.03.22(金)快晴、午後曇り

Dscn3112p

Dscn3104p

Dscn3110p

Dscn3110p

Dscn3108p

Dscn3107p

2019年3月17日 (日)

伊豆 天城山万ニ郎から万三郎の周遊コースを歩く

2019.03.17(日)曇り、風強い、下山時にあられ、雪など終日とても寒かった。

二日目は湯河原幕岩クライミング組と天城山ハイキング組に分かれて3月の春を楽しむ山の会の山行として年間行事のひとつとして企画された。参加者は前晩にみんなで中伊豆のW別邸の泊まるのを楽しみにしていた。W別邸は農家だった親戚から譲り受けて手入れ(リフォーム)したもの。敷地も広い。

Dscn3011jpg_p

この時期の主木はハクモクレン

Dscn3008p

今回の私の目的は歩くこと。リハビリはとにかく歩くことに尽きる。後方の庭木がハクモクレン

Dscn3013p

天城山は、万ニ郎岳(ばんじろうだけ1299m)万三郎岳(ばんざぶろうだけ1405m)など連山の総称である。コースの距離は約8キロ。歩行の実質時間は5時間半くらいだろう。
天城高原ゴルフ場の対面がスタートである。

ここのコースは2回目、歩いてみて感じたがこんなに植生が豊かだったか。改めて見直した。

ここは馬酔木(アセビ)と石楠花(シャクナゲ)が有名だが、山毛欅(ブナ)がこんなに多かったか。新緑と紅葉の季節がよい。ヒメシャラも目立った。

1回目と2回目の印象がこんなに違う山歩きはめずらしい。

Dscn3014p


Dscn3016p

天城高原ゴルフ場、その奥が大室山

Dscn3018p

相模灘、伊豆大島だと思う

Dscn3022p


Dscn3024p


Dscn3026p

新緑の山毛欅を見に来たいと思った

Dscn3027p


Dscn3032p


Dscn3034p


Dscn3037p


Dscn3040p

山毛欅好きにはたまらない

Dscn3044p


Dscn3045p


Dscn3047p


Dscn3053p


Dscn3060p


Dscn3063p

ヒメシャラの幼木エリアを歩く

Dscn3069p

アラレが降り、雪も舞った

Dscn3073p

ヒメシャラの古木

この日の天気はめまぐるしく変化した一日だった。寒気も入り風が強くとても寒かった。

2019年3月16日 (土)

伊豆大仁 城山

2019.03.16(土)曇り

中伊豆に向かう途中にある大仁町のシンボル、城山に立ち寄った。葛城山までゆくのは取りやめた。

天候不良の予報で南足柄市で予定されたある行事が中止となったため、車に同乗させてもらった。
怪しげな雲行きではあったが、予報が当たらず終日曇りだった。

Dscn2982p


Dscn2991p


Dscn2987p


Dscn2992p


Dscn2993p


Dscn2996p

修善寺を経て「白岩の湯」で軽く汗を流し、スーパーで買い物をしてからW別邸に向かった。


Dscn2997p


Dscn2998p

日当たりのよい敷地内に大きく育ったハクモクレン。まだ満開ではない。



Dscn2999p


Dscn3001p_3

この餃子は、出来合いのものではない。たくさん手づくりしてくれ野菜の食感がうれしかった。美味しかった。

Dscn3002p

2019年3月13日 (水)

八ヶ岳の氷と深雪に遊ぶ

2019.03.13(水) 八ヶ岳は寒気に包まれていた。午前10時ころが最も寒く、結構な降雪にも見舞われた。

当初TNクンの休日に合わせ火曜と水曜の2日間で計画していた。しかし月曜午前中まで南岸低気圧による山間部への大量降雪があったため、谷筋に入るリスクを考慮して急遽火曜日の入山は取りやめ、水曜日帰りとなった。

前泊は例により、甲府盆地の24時間温泉のカイセン、ここに泊って当日朝5時に出発した。美濃戸では茅ヶ崎山岳会の二人に出会った。ワカンを携行して阿弥陀岳北稜に行くと言っていた。

Dscn2949p

美濃戸山荘前の雪の状況 降雪後気温上昇がみられなかった。

Dscn2953p

アプローチの南沢の積雪の具合、まるで北八ヶ岳の樹林帯の雰囲気だ。

Dscn2954p

2時間かけてまず南沢小滝に向かった。雪をかき分け踏み固めるも寒い。

Dscn2957p

二人でそれぞれ1回づつリード

Dscn2959p

スクリュウを回収しながらの懸垂下降で戻る。

Dscn2961p

この日はこの後続パーティは一つのみ。
北杜市に移住したという70代の方がリードしていた。月稜会という東京の山岳会の方で、半世紀も前に月曜休日の理髪店関係者を中心に活発に活動していたことを憶えている。谷川岳に○○月稜会ルートをいくつか残している。

Dscn2962p

南沢大滝に向かった。上流に向かって回り込むと大滝が目に飛び込んできた。
降雪翌日の火曜に1パーティが入ったと思われる雪面の跡があった。いつもであれば凍った沢床が続いているのに。実は落ち口の上の積雪状態がとても気になっていた。

Dscn2964p


Dscn2966p


Dscn2968p


Dscn2969p

彼の手袋はテムレス。寒い時は役に立たないと手指の寒さを訴えていた。私は小滝ではテムレスを使ったが、この大滝ではノースフェースの革グローブ。

Dscn2974p

落ち口奥にある立木の懸垂支点付近の積雪は約70センチあった。そこは幅広く傾斜は緩い。しかし奥から雪崩れてここでゆっくり雪面が押され動きだせば、相当量の雪が大滝下に滑り落ちることになる。

Dscn2975p

懸垂支点はしっかりしている。60mロープではちょっと足りない。

Dscn2978p

何回か来ているがこんな深い雪はめずらしい。春なのに終日寒気の中。従って氷のコンディションはよかった。雪とも遊べた。

帰途、小淵沢ICから中央道を走ったが、依然寒気は弱まらず八ヶ岳は相変わらずで、南アルプスは甲斐駒のみならず鳳凰三山まで寒気に覆われていた。冬の強い寒気吹き出し並みである。金峰山は白く、大菩薩方面も白い。いまの時期、奥秩父や雲取、丹沢の主稜・主脈などでも雪を楽しめよう。

カイセン5:00⇒美濃戸7:20⇒南沢小滝9:20⇒大滝⇒小滝15:00⇒美濃戸16:10⇒津久井のTN宅18:30 19:30からの山の会の例会に間に合った。

2019年3月11日 (月)

ヘルメット不具合申告の結果

2019.03.11

返送されてきた旧型シロッコヘルメット。顎締めバックルを交換されていた。

Dscn2941p

強度アップの改良構造は確認できる。

2019年3月10日 (日)

神奈川県連36期下期定期理事会にオブザーバー出席して

2019.3.10(日)曇り夕方から小雨

1年前の総会で中途半端に終わったテーマがあったため、今回傍聴したいと思い会の承認を得てオブザーバーとして参加した。

くすぶるテーマには議論を深めることが大切。そして一般会員の目線で現実や変化する環境への対処について客観的にしっかり周知を怠らないことが重要だと思う。関係が深い執行部関係者と一般会員との溝やズレは大きいと思っている。

この溝を埋めてゆく具体的行動を工程表にする必要を感じた。そして適切と思われる手順を踏み、1年後の2年に一度開催される定期総会の議題に取り上げ賛否の決議を行う必要を感じた。過去50年の歴史を否定することなく、関係解消ではない新しい関係(一例:加盟団体から友好団体、賛助団体に移行)を築くのに躊躇はないと思う。過去からの関係も理解は必要だが、これからの時代を担う世代が客観的にみてどう考えるか。そちらの方のウェートが高まっていることの理解が重要な時期となっている。

広い視点からこれからの活動、それもあれもこれもではなく、限りある予算を見据え、検討の広がりを求めたいと思っている。

行動しないとくすぶるだけで定期大会も変化なく終わるだろう。問題が先送りされるだけだと思う。改革はこれだけではない。いずれにしても改革には大きなエネルギーを伴う。そういう時期にあるという認識が必要だと思っている。

質疑のなかで団体立ち上げから尽力された現副会長さんからは、「苦労して長年協力してここまでやって来た。行政に対しても声を大きくして要望することができる。そうやってきた。」と1年前の総会と変わらぬ発言があった。

以下は質問の一部

・新スポ神奈川の加盟費一人当たり90円(年間1080円)という金額はどのように使われているのか。内訳を明らかにしてほしい。

・全国連盟130円、県連270円にプラスしてこの団体加盟費90円を各会が、いわば一括して上納している。この90円に対するベネフィットとメリットの評価は果たしてどうなのか。

・新理事の若い女性からは、事情はよく理解していない。一般会員目線の周知が不足しているのではないだろうか。

このお金の使い方、けちるのかという発言は無理解も甚だしい。多くの一般会員さんの支持を得られると考えているだろうか。これらの質問の趣旨は、周知と透明性を求めていると考えるべきではないだろうか。

納得の高いものであれば加盟費負担は構わない。値上げさえいとわない。
半世紀の時の流れがズレを生んでいるのではないだろうか。

シャンシャンとしない監査報告は、監査の方の意志が伝わってきた。これからの改革は以下の2行をどれだけ重く受け止めているかにかかっていると思った。核心のキーワードは「革新」だと思った。

①各部の執行率が下がった結果、黒字になっているのが気になります。
②来期以降での健全化が期待されます。〇〇印

(参考 前年度の監査コメント) 赤字に関しては、何らかの縮小の方策が望まれます。 〇〇印

一方で時代から取り残されないためにも監査のあり方も見直す時期に来ているとも思えた。

もう一つの素朴な疑問
兵庫県連2000、大阪府連1300、神奈川県連630、NPOみろく山の会(神奈川)700。これは大雑把な組織人員数。これは何を意味するのであろうか。

さらに疑問
新スポーツ連盟のパンフをHPのなかで見つけた。
組織しているスポーツ12部門のなかに登山は入っていなかった。しかし組織人員は登山関係者が30%超の円グラフの掲載があった。勤労者山岳連盟は賛助団体と記載されていた。賛助団体を含めた組織人員であろうと思う。

現時点での全国における各地山岳関係連盟の位置づけ。資金提供の有無。その変遷などを会員目線に立ち明らかにする必要があると思う。実態を明らかにして周知するべきであろう。県連ニュースで様々な意見を掲載してもいいだろう。くすぶっているこの問題をもうこれ以上先送りをしてはならないと思っている。

大阪府連は先々の会員数減の予測を踏まえ、固定費削減を目的に昨年7月に府連事務所を移転した。神奈川県連でも有力会(Yハイク)の脱退が見込まれている。一部の受け皿もあるとは思うが。

今回、オブザーバーには考えてもみなかった発言を促されて、発言の機会を得た。適役の議長団の進行で、良い雰囲気のうちに終了予定時刻を過ぎながらも、県連定期理事会が進み終了した。

オブザーバー参加して考えたこと
①関係解消ということではなく、傘下団体としてではなく、友好団体(賛助団体)へ移行すること。テーマによって提携、協力してゆく。短絡的に賛成反対ということよりも取り巻く環境をしっかり論議して、現状認識・課題認識を多くの所属会(員)で共有することが適切に対処できる方策だと思う。
②この先県連の懸念される健全財務運営にどう取り組むか。監査の提言をしっかり受け止め、来期方針に示す必要がある。
③くすぶる新スポ加盟問題に正面から取り組む必要がある。いままではそうは思えない。多くの会員の理解を得ているだろうか。しっかり周知したうえで論議を深める必要あり。

私たち山岳愛好者にとって、私たちの山岳関係団体は、協同のものとして必須の存在だと思っている。停滞することなく前進してほしいと願っている。リードは多くのサポートがあってこそ成り立つ。

帰路、WMさんに誘われ中華店に立ち寄った。ここの餃子は焼きすぎずジュウシーでなかなか美味しかった。

毎年この時期に相模大野駅、ステーションスクウェアの空間に設置される。今年の桜の開花は早いという。

2019年3月 9日 (土)

厚木郊外広沢寺

2019.3.9(土)

会内に計画を見つけたので混ぜてもらった。
先日ERさんが25年振りに再開しようかとジムで紹介された。
私の25年前とは大阪P会に入会したころだ。

Dscn2937h

ここは手ほどきをする講習会が花盛り。

Dscn2938p

2019年3月 8日 (金)

見舞を兼ねて都内に出掛けた

2019.3.8(金)

戸越銀座を経て親戚が入院している高輪病院に向かった。

Dscn2912p

ここの商店街、電柱が地下化されていた。

Dscn2917p


Dscn2919p

高輪病院、以前は船員病院とう名称であった。品川駅高輪口、高輪プリンスホテルの裏に位置している。

Dscn2918p

病院入院病棟の談話室から高輪プリンスが正面

Dscn2933p

帰路、溝の口の西口商店街に寄ってみた。

Dscn2925p

3丁目の夕日、昭和の香りがいい。ここの一角をいつまでも残してほしいと思う・・・。東口との落差もいい。

Dscn2926p

2019年3月 6日 (水)

林間公園 早朝30分の体操

Dscn2908p

2019年3月 3日 (日)

広沢寺の岩場清掃集会

2019.03.03(日)終日小雨

Dscn2881

今回で20回めの集会という。

Dscn2883

受付名簿から最終的には123名の参加者があったと発表された。

Dscn2893

不法廃棄が目立った。

Dscn2894

地元から豚汁とおにぎりが提供された。

Dscn2895

広沢寺から近い清川村のお風呂、ただし温泉ではない。

Dscn2896

露天風呂もある。サウナもある。ぬるい浴槽もある。結局2時間半もいた。

2019年3月 1日 (金)

町田

20199.03.01(金)

Dscn2865

町田の行きがけに梅を見ようと相模女のキャンパスに入った。

Dscn2861

ここは旧陸軍通信学校将校集会所と小さな庭園、今月下旬には桜が満開となる。

Dscn2866


Dscn2868

町田に向かう途中にあった見事な枝垂れ梅

好日町田店に問題のヘルメットを持ち込んだ。調べてくれるだろう。
このお店では、前回に代理店から接続パーツを取り寄せてもらった。

Dscn2874

町田に来たら必ずここに立ち寄ることにしている。

Dscn2879


Dscn2876

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »