最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« あれから4か月経過 | トップページ | 海老名レッジ »

2019年1月20日 (日)

三つ峠 金ヶ窪沢のアイスコンディション

2019.01.20(日) 晴時々曇り、午後一時小雨

会内で計画が出ていたので、混ぜてもらうことにした。

今シーズンは太平洋側の降雪が極めて少なく、氷の発達には好都合だ。この日は気温が思ったほど下がらず水滴が垂れた。しかしアイスゲレンデの金ヶ窪沢は近年以上のコンディションだと思う。右岸枝沢も登れそうだ。

ここは氷の条件さえよければ、車でのアクセスや登山口からのアプローチがよく、アイスクライミングデビュー・初体験、初級者の初リード練習などに最適だと思う。アイスの条件次第だが、今年は今のところ条件はよく十分にいけると思う。まだまだOKだ。

Dscn2325p

アプローチ途中に見える堰堤の氷結状況。まだ薄いがOK。左端が厚かった。堰堤上の樹木を支点にできる。ガイドの講習会を見かけたことがある。70度くらいの傾斜を登るフォームの練習に良い。

Dscn2326p

堰堤の上から氷結していたので、私はここからアイゼンをつけた。いままでメインの大滝までこんなことはなかった。通常は右側をアプローチとする。

Dscn2327p

雪がほとんどなく右岸枝沢もOKだ。

Dscn2328p

本流の氷床を進む。楽しい

Dscn2332p

ここが金ヶ窪沢大滝のメインアイス。右は世田谷の太子堂から来られた単独の方。ルートは主に①左、②右、③右から斜め(たっぷり35mはある)で、いずれもグレードはⅢ+で初級者のリード練習にいいと思う。今回右端は濡れるので避けた。

Dscn2333p

M村さんがまずリード

Dscn2337p

アイスデビューというかアイスの洗礼に都内からきた4人のグループ。キャーキャー楽しそうでした。
この日、混むかと思ったが、ここに来たのは8名のみ。珍しい。天気予報がよくなかったからか。

Dscn2342p

Newのノミックを持参したK藤さん。彼は昨年、久々の氷登りにストレートのシャルレを持参して相沢(西上州)の大きな氷瀑で苦労した。

ここもM村さんがリード練習で登った。

Dscn2347p

終了点のお二人。この先まだナメの氷床が続いていた。稜線まで標高差300m余だと思う。

Dscn2344p

終了点から取り付き点を見下ろしてみた。結構な高度感があった。

Dscn2348p

この左端は水が垂れているので、ロープはびしょ濡れになった。

Dscn2359p

下降路で右岸の氷が気になって観察した。立っているところは短いがⅣ~Ⅳ+だろうか。

Dscn2363p

駐車した三つ峠裏登山口。道路のアプローチも駐車場も雪なし。こんな具合。トイレの水も凍っていなかった。

Dscn2369p

帰路富士吉田側のMt.FUJIはこんなに雪が少ない。驚いた。

先月12月24日からほとんど雨量は限りなくゼロに近い。2月初めまでほとんど降らないだろう。少し融けてはまた氷り、これを繰り返して氷は発達してゆくだろう。芦安あたりがよいのでは。雪が降りにくいエリアが当面は良いと思う。

« あれから4か月経過 | トップページ | 海老名レッジ »

あいすクライミング」カテゴリの記事