最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 謹賀新年 見晴茶屋にて | トップページ | 大山地図読み歩き »

2019年1月 2日 (水)

元旦を見晴茶屋で迎えた

2019.01.02(水)快晴⇒晴

2018.12.31 自宅➡大倉⇒見晴茶屋

Dscn2138p

丹沢山中で唯一のキャンプ場。ここの愛好者らが一種のコミュニティを形成しているようだ。

2019.01.01 終日見晴茶屋、朝山頂は雲に覆われたという。昼前から山頂付近も快晴となった。

Dscn2146p

江ノ島の右側に朝日がでてきた。

Dscn2155p

宿泊者がおせちを買ってきた。

Dscn2157p

大晦日は12名ほどが泊まった。

Dscn2160p

元旦の見晴茶屋

Dscn2168p

下山する二人は、蛭が岳山荘の関係者で大晦日には70名の宿泊者で賑わったという。

元旦の深夜は満天の星空となった。

2019.01.02 見晴茶屋⇒大倉➡冨士見の湯➡自宅

Dscn2174p

ここの小屋のストーブは鉄板づくり。ヤカンやナベには最適。輻射熱がよくでる暖かいダルマストーブのような鋳物製ではない。

Dscn2182p

正月二日の日の出。冬至が過ぎだんだん日の出が早くなってきた。湘南の海がこんなに広くながめられるのは珍しい。

連日雨が降らず、ソーラーからのバッテリー充電はいいのだが、水源が枯れてしまった。まだ600ℓくらいはタンクにあるが、少々の降雨ではどうにもならない。本日から節水態勢。

Dscn2194_2

ここは弘法山公園の北側。秦野市の環境センター(=ゴミ焼却場)に併設され、焼却熱を利用している。温泉ではないが、秦野の名水を使っている。

Dscn2186p

本日は富士山に雲がかかり裾野しか見えない。丹沢の山々はまじかに眺めることができた。

Dscn2187p

露天風呂もサウナもあった。

Dscn2190p

館内2階の食堂で遅い昼食のカツ丼を注文した。@850 でてきたのがこれ。食べ物に保守的な私は驚いた。私のイメージとは似ても似つかわないもの。食べたかったのは、普通のカツ丼でダシの効いただし汁に加熱しすぎない卵でとじたカツ丼だ。カツはしっかりしたものであったが、ご飯が不味かった。これはあくまでジジイ個人の印象でクレームではない。世間からズレてしまったようだ。

多くのお客さんがこのしゃれたカツ丼を注文していた。甘酒もサービスされた。

Dscn2199p

正月の二日でここのお風呂から、入館者にお年玉としてこのロールペーパーをプレゼントされた。縁起がいいのでしばらく使わないことにする。

« 謹賀新年 見晴茶屋にて | トップページ | 大山地図読み歩き »

見晴茶屋」カテゴリの記事