最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 師走の見晴茶屋(12/22-24) | トップページ | 日本列島寒気南下 »

2018年12月25日 (火)

貸し切りの春日渓谷

2018.12.25(水) 快晴

日帰りで蓼科山北側に位置する春日渓谷の春日ルンゼに行って来た。過去12月に何回か訪れているが、今回の氷結状態が最も良かった。終日陽が当たらない。ここは降雪が何回かあると車で入れなくなる。その場合長い時間歩くことになる。先の連休には結構な人数が入ったようだ。

この日は、アプローチ途中にある蓼科スカイライン沿いの別荘地に単身移住したAKさんら二人とこちら二人、結果的には豪華貸し切りとなった。
当方二人には今シーズンのアイス初めとなった。

移動経路は、圏央道高尾山IC入り中央道長坂ICを経て、清里・海ノ口をへて佐久から蓼科スカイラインに入った。もちろん平日なので渋滞は一切なかった。

Dscn2060p

途中立ち寄ったコンビニ前からは、南アルプスの甲斐駒ヶ岳(2966m)と北岳(3193m)をくっきりとみることができた。黄連谷や北岳バットレスのバリエーションルートも確認できる。

Dscn2062p

蓼科スカイライン途中でJAXAが建築している直径54mの深宇宙を探査する直径54mのお椀型新大型パラボラアンテナを工事中だが、だいぶ出来上がっていた。2019年度に完成する。ほとんど完成しているように見えた。
「はやぶさ2」地球帰還開始時には、その信号を試験的にここで受信する計画とのこと。

Dscn2105p_2


Dscn2098p

だいぶ行くと仙境都市という名前のリゾート開発の廃墟があり、ここを右折する。積雪はまだこの程度なので、スタッドレスタイヤの2WDでも入れる。

Dscn2064p

通行止めのドンツキまで行けた。ここで駐車した。ここから20分ほど歩くと春日ルンゼに行ける。

Dscn2070p

このF1、15mは羽衣の滝と名づけられている。中段上あたりの80度くらいがⅣ+。
手軽に入れるのでシーズン初めによい。

Dscn2074p

今回は短いが6つのラインが採れ、ここで反復練習をすることとした。

Dscn2078p

右は、ルンゼ奥にゆくAKパーティのフォローで登るERちゃん。
左はKTがセットしたダブルロープのトップロープで練習するTNクン。
先のシーズンからアイスを始めて今年はステップアップをはかりたいという。
彼はラインを替えながら基本動作に留意しながら複数ピッチをイメージしながら11回トライした。結果としてはフリークライミングと同じでうまく瞬間的にレストを繰り返しながらこなしていた。

Dscn2090p_2

車の通行はできない。お金のかかる整備はしないようだ。

Dscn2095p


Dscn2104p

往路をそのまま戻った。

Dscn2107p

正面は火山の浅間山

Dscn2110p

標高1000mにある別荘地にあるAK山荘。特注のマキストーブを設置している。
1時間ほど4人で過ごし夕方6時には辞して帰路に就いた。
夜8時20分には津久井のTN宅に戻った。私の自宅にはその1時間後帰宅できた。

« 師走の見晴茶屋(12/22-24) | トップページ | 日本列島寒気南下 »

あいすクライミング」カテゴリの記事