最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 厚木郊外広沢寺 | トップページ | 芸術と憲法を考える連続講座 第10回 ナターシャ・グジー »

2018年10月28日 (日)

脳内出血その後

2018.10.28(日)

9月16日入院➡9月29日退院、退院後早くも1ヵ月経過。
リハビリ病院への転院のすすめはなかった。生活上の問題はないと判断されたのだろう。

脳神経による後遺障害としては、右半身にでて右手特に手に痺れが残り指先の作業がやや鈍くなっている。肩の可動域の狭まりも感じている。起床時、歩行時の左右のバランスの悪さも感じている。
スポーツジムと整骨院に週2回、病院のリハビリ室で指導を受けた体の動きを自宅でやっている。自転車乗りと車の運転は退院後ずっとやっている。
100%回復はない。体が硬くなっていると実感。前屈、腰の左右への曲がりと肩の可動域改善が当面の課題。
足腰の強化回復は山歩きが一番と思う。減量も課題。冬山での低温時どういう障害がでるかはまだ不明。これから3カ月先を考えてリハビリに取り組んでゆく。
右手については手の専門医に近日相談することにする。手の専門医は少ない。
海老名の病院には11/13にリハビリ進捗チェックに行く。来年3月にMRI画像で出血部位の確認をすることになっている。

当面の管理は血圧である。日中の血圧は正常である。ただし狭心症がでたときに禁煙には成功したものの、生活習慣はよいとは言えない。

« 厚木郊外広沢寺 | トップページ | 芸術と憲法を考える連続講座 第10回 ナターシャ・グジー »

ケガ・治療」カテゴリの記事