最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 台風24号の爪痕 | トップページ | 似合わないが弾き語りライブへ »

2018年10月 8日 (月)

連休を見晴茶屋で過ごした

2018.10.08(月)曇り

退院後はじめて山道を歩いてみた。特に不安定なことはなかった。リハビリウォークである。

Dscn1448p

右から平塚の一部、茅ヶ崎、藤沢、江の島、鎌倉、逗子、葉山、三浦半島に至る湘南海岸がよく望めた。


Dscn1449p

今回泊まったのは、OB,KT,SKの三氏と私の4人。7日は天気も良くハイカーで賑わった。

Dscn1452p

朝食の麻婆なすと麻婆豆腐

Dscn1456p

SKさんがストーブ用のマキ割りをしてくれた

Dscn1460p

大倉高原山の家との間の広い尾根道で見かけた

Dscn1462p

サルの腰かけ

Dscn1463p

丹沢そば 前から一度寄りたいと思っていたお蕎麦屋さん

Dscn1464p

もり蕎麦を食べた。8月に食べた川上蕎麦や奈川蕎麦よりは美味しいと思う。独善的な評価は避けたい。好き好きでいい。

Dscn1466p

帰路、ここで汗を流した。文庫本「新選組始末記」を持ち込んだ。幕末の混乱期、時代の仇花ともなった新選組の成立背景、多くの若者が、尊王攘夷も幕藩体制の志を胸に命を懸けた。新選組の血を血で洗ったその活動、そして幕府とともに滅んだ。
著者子母澤 寛の昭和3年の処女出版であった。読んでみてさすが新聞記者だっただけにその取材力には舌をまいた。

« 台風24号の爪痕 | トップページ | 似合わないが弾き語りライブへ »

見晴茶屋」カテゴリの記事