最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 相模大野の居酒屋 磯にて | トップページ | 三つ峠でトレーニング »

2018年9月 8日 (土)

見晴茶屋で一泊

2018.09.08(土)

夏は暑かったので遠慮していたが、2ヵ月ぶりに泊りに金曜の夕方から出かけてみた。

盛夏は過ぎて涼しく泊まれた。

Dscn1187p

登山道は先の台風の影響で折れた枯れ木が転がっていた。

Dscn1171p

昨年11月に閉鎖された秦野市の大倉高原山の家。まだ取り壊されていないが、荷物入れのテントが建物前とキャンプ場に残されている。前管理人のNMさんは退去を巡って裁判に持ち込んで敗訴したらしい。

Dscn1174_2

小屋前から秦野市街方向と湘南側は大磯の丘陵。標高600mだが夜景もいい。

Dscn1186p

久しぶり、2ヵ月にここに泊まりたくなって見晴茶屋に入った。

Dscn1177p

土曜、小屋前から大磯の高麗山の丘陵地方向

Dscn1181p

午後網戸にお腹の大きいカマキリが張り付いた。お腹には卵がいっぱい詰まっていることと思う。午後2時にはお泊りの3人(OB・KT・MY)が上がってきた。交代して下りた。

Dscn1189p

大倉からの帰途、稲穂がたわわに垂れる様子をショット。刈り入れ近し、しっかり実っている。

« 相模大野の居酒屋 磯にて | トップページ | 三つ峠でトレーニング »

見晴茶屋」カテゴリの記事