最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 近所にて 相模緑道緑地 | トップページ | 見晴茶屋Ⅺ・・・丹沢 小草平ノ沢 »

2018年7月 2日 (月)

見晴茶屋Ⅹ・・・小丸尾根~堀山/小草尾根

2018.06.30
Dscn0736p

西山林道に降りた。30分

Dscn0737p

四十八瀬川の二俣

Dscn0740p

渡ってから尾根に取りついた。

Dscn0742p

大倉尾根と違い静かがいいし、地べたが柔らかくてよい。

Dscn0746p

切り出した木材を降ろすケーブル用の台座が残っていた。

Dscn0748p

表土が流れてしまい根っ子が露出

Dscn0750p

小丸尾根から金冷やしと鍋割山間の稜線にでた。小丸1350m
ここまで樹間を抜ける風は爽やかで気持ちよい。若干ガスがかかりカンカン照りではないので、思ったより涼しかった。

Dscn0752p

この辺りはブナの林相がとても濃いところで気に入っている。

Dscn0756p

花立

Dscn0754p

花立山荘のかき氷@400 暑い時はこれが一番

Dscn0758p

堀山の家は午後1時すぎには閉められていた。ここから二俣へ下った。これは勘七の沢に造られた堰堤だと思う。望遠で撮っている。途中で小草平の沢を横切る。

Dscn0759p

二俣

Dscn0760p

堀山林道のゲート、林道ドンツキの見晴茶屋直下まで30分歩く。

Dscn0761p

ここから10分もかからないで大倉尾根の見晴茶屋へ出ることができる。この日はヒルの被害ゼロ。

Dscn0763p

土曜日の泊まった3名は下山したので、私一人となった。夕食、お豆腐と生椎茸をマーボ茄子の素で炒め絡めた。フライパンがあれば何でもできる。

Dscn0767p

7/2(月)の朝、快晴

Dscn0768p

戸締りしてからビールの空き缶、缶コーヒー、Petボトル、缶詰、ガラス瓶など不要物をもって下山。マメに降ろさなければいけない。朝7時まえにスタート。とても涼しく寝ることができた。

Dscn0769p

大倉高原キャンプ場のNM氏の長期張りっ放しのテント、資材保管?

Dscn0775p

大倉高原やまのいえは昨年11月30日をもって閉鎖。所有者の秦野市役所のお知らせの張り紙がある。

Dscn0771p

ここからの眺めはとてもよい。短いがこちらからの登山道の地べたは柔らかいので気に入っている。
午前中に自宅に帰った。

« 近所にて 相模緑道緑地 | トップページ | 見晴茶屋Ⅺ・・・丹沢 小草平ノ沢 »

縦走、ハイクなど」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見晴茶屋Ⅹ・・・小丸尾根~堀山/小草尾根:

« 近所にて 相模緑道緑地 | トップページ | 見晴茶屋Ⅺ・・・丹沢 小草平ノ沢 »