最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 平日の多摩川源流のキャンプ場 | トップページ | 見晴茶屋 Ⅸ・・・塔の岳往復  »

2018年6月22日 (金)

クロスバイクで江の島へ

2018.06.22(金)晴

膝が弱くなったので無理して走ると膝関節に水が溜まったりする。減量すればよいのだがなかなか難しい。だから自転車がよい。江ノ島往復の距離は約66キロで私にはちょうどよい距離だ。天気を見計らって10時前には出発した。

Dscn0679p

246号越えたところからの境川沿いの大和藤沢自転車道。左岸は戸塚区、右岸は藤沢市北部、ここにのどかな水田が広がる。

Dscn0640_2

藤沢市北部の田んぼやビニールハウス。機械植えだが日本の田んぼは整然として美しいと思う。

Dscn0678p

正面は藤沢市民病院、左側が私立高校で両岸には紫陽花が満開

Dscn0641p_2

一遍上人の時宗

Dscn0642p

境川の河口、木製は見ない、強化プラスチック製、これにヤマハのエンジンを装備。

Dscn0674

参道、外人観光客が多い。Where do you from? 中国系の若い方は香港だった。

Dscn0656p

昼食は魚見亭で海を眺めながら生シラス丼を食べた。税別@1080 
ここらあたりまで来るとよい。参道入り口では客が多くいい商売ができている。

Dscn0652p_2

魚見亭から岩屋窟への遊歩道を見下ろせた。

Dscn0657p

江ノ島には若いときから何回もきているが、岩屋にはいるのは初めてだと思う。

Dscn0665p


Dscn0664p


Dscn0670p


Dscn0672p


Dscn0675p

帰途の参道、やはりまた食べたくなり買った。

クロームモリブデン鋼のフレームは細く軽い、ママチャリの半分くらいの重量だ。サドルにお尻を乗せすぎると痛くなる。腕、足、お尻の3箇所に体重を分散させる。変速機はいまどき珍しい内装3段、多段変則のギヤは要らない。スピードは速くても25キロくらいまで。目と体がスピードに対応できないからだ。一応専用ヘルメットは被っている。
大和市はずれまできて疲れてしまった。自宅には夕方6時となった。体のためにはなった。

« 平日の多摩川源流のキャンプ場 | トップページ | 見晴茶屋 Ⅸ・・・塔の岳往復  »

旅行・地域」カテゴリの記事