最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« | トップページ | 見晴茶屋Ⅷ »

2018年6月 4日 (月)

見晴茶屋Ⅶ 第32回 丹沢ボッカ駅伝競走大会

2018.06.03(月)快晴

6月1日(金)
午後自宅を出て246号沿いにある旧秦野保健所に寄り、見晴茶屋の営業許可書(飲食業/山小屋)の再発行を受け、渋沢駅前で千葉から来たN島クマさんと合流し、大倉に向かった。パソコンとプロジェクターを持参した。

右足の調子は良くなり、アキレス腱の引っ張り感は残っているが、痛みはほとんど消失したようだ。

6月2日(土)

Dscn0474p

左側の大きな外人はオーストラリア人で、ほかアメリカ人、その他Mixの国際チーム、底抜けに明るい人たちであった。

Dscn0478p

40人ほどが泊まり、食事をするのでメインメニューはカレー、サラダなど。
昨年の西ネパール登山の報告をプロジェクターを使って行った。ユーチューブに投稿された動画や友人に手伝って作られた音楽入りフォトムービーで、ダラダラとしゃべる必要はないので分かりやすかったと思う。

*ユーチューブの動画・・・6080m未踏峰登頂の様子
  ⇒   https://www.youtube.com/watch?v=P_c8Hb1NWWk

*フォトムービー・・・西ネパールの自然と人々(主に子供たち)の暮らしの様子(結婚式やお葬式まで)

夕食のあと、アコーディオン伴奏による「うたごえ」、私は寝てしまった。

久しぶりのカレーはとても美味しかった。大鍋で大量に作られた。姐さんたちが台所で調理を担当してくれた。大量の食材や飲み物等は若手の皆さんが複数回荷揚げしてくれた。

翌日大会の第二区中継所を運営する「丹沢みはらし会」の前夜祭が楽しく開催された。

6月3日(日)

Dscn0487p

朝食の準備、ご飯はうまく炊けていた。

Dscn0495p

ほか味噌汁、漬物など手際よく準備された。味噌汁は薄味でとても美味しかった。

Dscn0491p

中継所整備、受付、ゼッケン受け渡し、荷物預かり、選手待機所
通過情報の伝達、第二区ゴールでの計測、ボッカ物の受け渡しサポートなど
中継所での役割は大会のスムーズな進行と運営

Dscn0505p

第32回丹沢ボッカ駅伝競走大会にエントリーしたのは全クラスで115チームとのこと

Dscn0506p

午前7時すぎくらいから駅伝選手、伴走者、応援者らが続々と大倉から上がってきた。

午前9時大倉、県立秦野戸川公園スタート 制限時間は2時間30分

終了解散後、水汲みや布団整理、廃棄物処理、バイオトイレの清掃など雑用いろいろ。

6月4日(月)

Dscn0507p

泊まったのは4人、クマさん、O林さん、K藤さんが加わった。

7時すぎには朝食、8時すぎには下山を開始した。天気が良いので、大倉から上がってくるハイカーが結構目立った。

Dscn0509p

帰路、相模メモリアルパークに立ち寄った

Dscn0511p

« | トップページ | 見晴茶屋Ⅷ »

見晴茶屋」カテゴリの記事