最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 大倉尾根⇒塔ノ岳⇒丹沢山往復 | トップページ | 韓国仁寿峰① 5/15 »

2018年5月13日 (日)

見晴茶屋Ⅶ

2018.05.13(日)

Dscn0127p

朝食後、缶ビール2ケースの荷揚げを行った。残った会員さんは、汲み上げタンクから小屋用水の大きなボトルへの詰め込みやゴミ処分、トイレ掃除など行った。皆さんは11時前に下山した。

どうも大倉尾根の登山道は地べたが硬くていけない。そのなかで短いが大倉高原山の家を通る道は、やわらかい地べたとやまみちらしい雰囲気で気に入っている。ヤマザクラの木の下では小さなサクランボがいくつも落ちていた。

私は12時半に下山、13時前から予報どおり☂が降り出した。塔ノ岳から下ってきた2パーティ28名くらいのクラブツーリズムのツアーご一行とバッテイングした。お風呂でもかち合った。

Dscn0129p

帰路にある秦野市内のスーパー銭湯に立ち寄った。4/8の総会時に無料券をもらっていた。2階のサウナと休憩コーナーでゆっくり過ごせてよかったと思っている。
帰路、雨の中の運転となり、渋滞で夕方になった。白内障治療を済ませていたため視界、視力とも良好だった。

« 大倉尾根⇒塔ノ岳⇒丹沢山往復 | トップページ | 韓国仁寿峰① 5/15 »

見晴茶屋」カテゴリの記事