最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 見晴茶屋Ⅲ 前日は堀山まで、本日はみはらし会の総会 | トップページ | 水無川モミソ岩で岩レスキュー »

2018年4月12日 (木)

多摩川を羽田まで自転車

2018.04.12(木)快晴、夕方曇り

Dscn0054

宇名根駐車場から多摩川右岸(川崎側)の土手がサイクリングロードとして最適。
二子橋をすぎて対岸(二子玉川)に旧二子玉川園敷地に巨大タワーマンション群が聳え立つ。

Dscn0055

丸子橋が近づくと武蔵小杉のマンション群が見えてきた。NECの敷地だったところだと思う。かつて東急東横線武蔵小杉駅の南側に大きな敷地のなかに三角屋根のNEC(当時は日本電気と云ったと思う)の工場が並んでいた。ここは都内に住むのと同じくらい交通至便なところだ。

Dscn0058

ここは都内側から東横線で多摩川を渡って最初の駅が「新丸子」、昨年テレビ番組で紹介されていた大繁盛の食堂。「三ちゃん食堂」、昼時でお客さんが約50名もいた。満席に近い。ホールスタッフの女性3~4名が忙しく動きまくる。注文しようにも捕まえるのが大変。厨房にも4名くらいいたかな。
工場で働く人が多かった時代、交代制で夜勤あがりの工員さんが、この食堂でお酒を飲む。朝早くから開いていたという。東横線が今みたいに高架でなかった時代だ。店内で掲示されているメニューをカウントしてみた。定食から酒のつまみまで140くらいあった。なんでもあると考えていい。百貨店のお好み食堂なんて目じゃない。飲み物もすごいバラエティ。なんでもある。大繁盛
これでよく間違えずにお勘定ができるなと感心してしまった。もちろん最近レストランで使うような受注端末はスタッフは持たない。伝票もテーブルには置かない。いつまでも完璧に磨き抜かれたアナログでやってほしいと思った。うんと若いお客さんはいない。

Dscn0059

店内に張り出してあったポスター。左側はルービンリキと読んでしまった。

Dscn0063

新丸子には由緒ある神社、お寺があった。これは都内鵜ノ木のマンション群。
ガス橋から対岸に渡った。羽田に向かい下って行った。川沿いに佃煮屋さんが1軒あった。

Dscn0064

ここを終点としてクロスバイクで走った。小学生のとき自宅からここまで自転車で来たことがある。当時はノリの養殖が盛んだったことをよく憶えている。いまでは干潟の養殖地は埋め立てられ住宅地となり、このあたりではノリの養殖風景はもうみられない。

Dscn0067

こういう説明書きはとてもいい。そうだったのかと納得。

Dscn0069

帰路は産業道路の橋から川崎側に移った。大師線沿いにある味の素の工場(研究所)敷地はびっくりするくらいとてもデカい。多摩川沿いに走るが、河川敷にブルーシートのハウスがみえる。以前に比べるとだいぶ減ったような気がする。1回体験してみたいと思う…?
午後4時には河川敷にある宇名根🅿に戻った。
自転車コースはこの多摩川コース、鶴見方向の恩田川、町田から江の島にでる境川、鵠沼にでる引地川がいい。

« 見晴茶屋Ⅲ 前日は堀山まで、本日はみはらし会の総会 | トップページ | 水無川モミソ岩で岩レスキュー »

クロスバイク」カテゴリの記事