最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 大雪とならず | トップページ | 西上州・神津牧場 »

2018年2月 3日 (土)

小川山・唐沢の滝

2018.02.03(土)

Dscn9351

朝6時半に相模原市城山のT君宅に6名が集結。2台に分乗して高尾山ICから入った。中央道経由須玉IC、野辺山、川上村を経由して金峰山荘駐車場まで入れた。

Dscn9352

廻り目平の金峰山荘は冬期休業閉鎖中

Dscn9353

夏は車でいっぱいとなる大駐車場は解放感たっぷり、トレースもあった。積雪は前日の南岸低気圧によるもの。

Dscn9356

パノラマ登山道と交差する場所で上に向かうトレースが無くなった。深いわけではないが、新雪のラッセルとなった。
駐車場から1時間半で唐沢の滝下に着いた。

Dscn9360p

2パーティ(3名×2パーティ)6名で取り付いた。唐沢の滝の下段はⅣ級+のアイス

Dscn9362p

1ピッチ目の終了点、こんな安定したところがあった。3畳ほどで3人で十分に寝れるくらいのスペースがあった。

Dscn9365p

1ピッチと2ピッチの間は傾斜が緩み、前日降って積もっている雪を落としながら上がる。雪の下は氷。

Dscn9364p

2ピッチ目に取りつくKTさん。アイスアックスはいま最も先進的といわれるX-Dream。

Dscn9368p

上段部分のここが核心部分(Ⅴ級-といったところ)、氷壁の弱点を登った。

Dscn9374p

上段の滝終了点から秩父方向、信州側の山稜を眺める。
50mぴったりの懸垂下降で着地できた。

Dscn9379p

唐沢の滝は50mほどの滝で2段となっている。無雪期にはここに飛沫が散る。涼しいところだ。この日の唐沢の滝は終日貸し切りだった。

Dscn9382

夕方6時半には佐久平美笹高原のAK山荘に着いた。ここになぜか相模SY会のK崎さんが来ていた。さらに遅くKヶ根のFNちゃんが到着した。大きな土鍋をみんなでつつき、日本酒、ワインなどで楽しんだ。11時すぎにはお開きとした。マキストーブが焚かれ山荘内部は暖かかった。

« 大雪とならず | トップページ | 西上州・神津牧場 »

あいすクライミング」カテゴリの記事