最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 師走の箱根仙石原温泉 | トップページ | NANDA KOT BS11開局10周年特別番組  »

2018年1月 1日 (月)

深雪と格闘・・・戸隠西岳P1尾根 届かず

2018.01.01(月)

12.28 夜8時に相模大野を出発、長野道 松代PAで仮泊

12.29 まず戸隠宝光社から鏡ヶ池方向へ林道を計画書投函箱まで歩く。ワカンは駐車場からの歩き始めから装着した。P1尾根へ向かい谷底を目指した。トレースはなく、谷底までルートが分かりにくい。先頭を交代しながらラッセルしてゆく。谷底に下り徒渉を2回。3時半くらいになって急登の手前で幕営となった。一日でここまでしか進めなかった。

12.30 2日めは標高差100m余の急登から始まった。交代しながら上がった。

Dscn0541

登り終わるとなだらかな天狗原にでた。

12.31

Dscn0545

ひたすら前進&登高

Dscn0550

急登での先頭は辛い。先頭はかき分けてとにかく高度を稼ぐ。2番手はステップを固めてゆく、3番以降はとても楽になる。そして私たちが通過した後は、すっかり踏み固められ、除雪された登山道となる。

Dscn0559

ようやく尾根らしき地形になってきた。

Dscn0562

右手に本院岳ダイレクト尾根が見えてきた。この先で時間切れとしてターンした。前年来たメンバーによると、先行者のラッセルのおかげで1日目に熊の遊び場まで行けたとのこと。今回は深雪のラッセルが続き、3日目にそこまで達することもできなかった。

Dscn0581

2晩目の幕営地、帰路に撤収した。明るいうちに宝光社駐車場に戻れた。大晦日は越水ケ原のアコールデに向かった。

01.01 

Dscn0609

戸隠越水ヶ原にあるアコールデ、元会員さんが経営している。ガラス張りの展望風呂がウリ。大きい浴槽に浸かりながら戸隠連山が眺められる。

Dscn0592_2

早朝の戸隠山

Dscn0595

本院岳ダイレクト尾根が望まれた。

Dscn0596

泊まったアコールデの元旦の朝食、これに雑煮がついた。雑煮は関東風の澄まし汁。お替わりは自由、私は3杯いただいた。

Dscn0602

奥社参道入口、奥社までは40分とかで鳥居まえでターンした。

Dscn0608

アコールデ対面にあるコーヒーショップ パイプのけむり。かなりご年配の夫婦がやっている。

Dscn0616

戸隠中社 戸隠神社で初詣、赤ちゃん連れが目立った。

昼のお蕎麦は混んでいるお店は遠慮して、近くの岩戸屋さんでいただいた。大ざる@1050

信州中野ICから信越道、関越道、圏央道を経て夕方5時半には帰宅できた。

3日間ワカンを着けっ放しの行動。新雪・深雪との格闘、大満足だった。3日間後続パーティはなく、私たちだけの雪山だった。

« 師走の箱根仙石原温泉 | トップページ | NANDA KOT BS11開局10周年特別番組  »

あるぱいん」カテゴリの記事