最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 深雪と格闘・・・戸隠西岳P1尾根 届かず | トップページ | カモシカスポーツの初売り »

2018年1月 3日 (水)

NANDA KOT BS11開局10周年特別番組 

12/16に放映された番組を今晩PCでから観ることができた。その日は天神平で会の雪上訓練に参加していたため、観ることができず残念と思っていたところ。
1/14までに限り、以下のサイトで観ることができることを山の会のKさんが教えてくれた。

http://vod.bs11.jp/video/himalayan/Oqbgma/

12/16 20:00~21:54 特別番組として、「ヒマラヤの聖峰、80年目の再挑戦、山頂に眠る旗を捜しに」が放映されたはず。

太平洋戦争前の1936年(昭和11年)に立教大学隊により、インドヒマラヤ、ナンダコート6861mが初登頂された。今から81年も前のことで、戦前の日本人による唯一の本格的なヒマラヤ登山であった。1987年にも立教大隊が再登頂した。

これで立教大がナンダコートへ3度目となる登山隊を昨秋送り出した。許可された登頂ルートは初登の北側からではなく、1995年に登頂したイギリス隊が採用した南側からとなった。

今回、当時の貴重な画像と資料や当時の用具などが明らかになった。35ミリフィルムでの映画撮影、隊員だった山縣の調査メモや当時のアタックテントなど。とても興味深かった。
当時使用したピッケルは札幌の門田とのこと。

(注)参考図書
1937年 毎日新聞社 竹節作太 『ナンダ・コート登攀』 
※今手元にはないが高校生のとき、友人から借りて読んだことがあった。
1972年 スキージャーナル社 竹節作太 『遠近の山』
1986年 筑摩書房 堀田弥一 『ヒマラヤ初登頂』 1936年のナンダ・コート初登頂
2015年 ナカニシヤ出版 日本山岳会東海支部 『インド・ヒマラヤ』

« 深雪と格闘・・・戸隠西岳P1尾根 届かず | トップページ | カモシカスポーツの初売り »

映画・テレビ」カテゴリの記事