最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月29日 (日)

アンナプルナ内院トレッキング

201710.29

Dscn9648

10/17 カトマンズからポカラへの移動中、遅い昼食に立ち寄った街道沿いの食堂前駐車場にコーヒーショップがあった。
グルン族のハタチのお嬢さん、その明るい表情は橋本に住むS山の会のKONちゃんそっくりだ。


Dscn9664

10/18 トレッキング開始1日目、Nayapul(1070m)スタート

お祭りでここでは女の子たちが音楽に合わせて踊っていた。、橋を渡る通行人のおでこにティカを付けてくれる。
どこでも子どもたちの表情はお祭りの歓びにあふれていた。ゴレパニGhorepaniの広場ではお祭りの真っ最中、タダパニTadapaniのロッジでは夕食後、小さな子どもらが入ってきて今風のテンポの速い音楽に合わせ踊りを披露してくれた。

Dscn9885

10/24 アンナプルナ内院、BC(4130m)を目指す。正面は Annapuruna South(7219m)

Dscn9902

1950年、人類初の8000m峰の初登頂はフランス隊のエルゾークとラシュナルにより無酸素で成功したが、その代償は大きく、二人は合わせて30本の指に凍傷を負ったという。

・1970年には、クリスボニントン隊長率いるイギリス隊がこの南壁を初登攀した。

・1987年12月、群馬岳連隊、山田昇ら4名が冬期南壁登攀に成功したが、下山時に2名が転落死した。

このPhotoは夜明けのアンナプルナⅠ峰(8091m)南壁。
BCの標高が4130mなのでその標高差は約4000mに及ぶ大岩壁。実に大きい。

Dscn0103

10/25 帰路に立ち寄った温泉 Jhinu Danda(1780mの)Hot Spring 、とてもぬるくて浴槽から出にくい温泉。必然的に長湯となる。ロッジからは川底の温泉まで往復で1時間近くかかった。

Dscn0228

10/27 Pathana地区からみたアンナプルナ南峰7219m(1964年、京大山岳部の学生隊によって初登頂された)

Dscn0259

カトマンズ市内にて、アナ雪のリュックを背負い自家用車で通学する小学生

Dscn0278

Garden of Dreams   タメル地区にあって、高い塀に囲まれており、外の喧騒を忘れさせてくれる庭園だ。初めて入ってみた。ここはお勧め。入園料はRs.200

この庭園の公式HP(英文) ⇒  http://gardenofdreams.org.np/

2017年10月 1日 (日)

快晴の富士山

2017.10.01(日曜)

今月ネパールへ8人でトレッキングに行く予定で、前日夕方に御殿場のファミレス・ジョナサンに集合しミーティングを行った。
アンナプルナ内院(Sanctuary)BCを訪れることになっている。4,130mまで上るので今回富士山行きとなったもの。
インドのナンダ・デヴィの内院とともに以前より訪れてみたいと思っていたところだ。

Dscn9543


Dscn9547

頂上直下にある鳥居

Dscn9549

富士宮口頂上の浅間大社奥宮

Dscn9558

火口を見るとツララができていた

Dscn9570

下山は御殿場コースから宝永山経由で駐車場に戻った。この稜線は強風が吹きまくっていた

Dscn9580

コケモモの実

Dscn9582


Dscn9584

一気に秋になった感じ

帰路、みんなで御胎内温泉に立ち寄って汗を流した。

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »