最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« ゴルカGORKHAを訪れた ⑩ | トップページ | 快晴の富士山 »

2017年9月27日 (水)

成田帰国 Ⅰ

2017.09.27(水)曇り

カトマンズから大韓航空機で韓国の仁川を経由して成田に12:30帰着。夕方50日ぶりに自宅に戻った。8/4~9/27の日程で西北ネパール(チベット国境に隣接したフムラ地区)に行っていた。

シミコットSimikotの北方にある目標としたNyalu Lek山群の西峰と主峰の中央稜には登れなかったが、主峰の北東3kmに位置する無名峰(GPSでは6,080mを計測)に登ることができた。

私たちのBC近くには2015年に同志社大山岳部現役学生隊が登ったAichyn6055mがあった。出発前に知り合いの同大OBからこの報告が掲載されている創部記念誌/DAC報告26号を送ってもらった。

Dscn9527

荷物は2個のダッフルバック(100ℓと80ℓで約48キロ)と機内持ち込みのOSPREYザック(37ℓ)。ダッフルバッグにはカトマンズでキャラバン用の青い袋を作ってもらいカッチャル(ラバ)に運んでもらった。土ほこりやバッグの損傷を防ぎ正解だった。

整理がついたらPhoto.などを日付を遡ってこのブログにあるカテゴリー「海外」ページに掲載してゆく予定。

(注)保育社の「原色家畜家禽図鑑」の解説によると、俗にいうラバとは雌ウマと雄ロバから生まれた種間雑種(Bastard)で外観はウマとロバの中間型、耳はウマより長く体質強健で粗食に耐え体格の割合に比べ負担力、持久力ともに大である。雄は生殖能力を欠くとのこと。
現地ではラバをカッチャルといい、ラバの馬方をカッチャルドライバーという。

« ゴルカGORKHAを訪れた ⑩ | トップページ | 快晴の富士山 »

海外」カテゴリの記事