最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 無名峰への登頂 ⑦ | トップページ | 西北ネパール フムラ地方の山の民 ⑨ »

2017年9月10日 (日)

Phezan Kholaから見えた大岩壁 ⑧

9/10 

BCからの帰路、1日目のキャンプ地、Phezan Khola から見えた大岩壁。1枚岩のスラブが素晴らしい。先々こういう岩場を登るクライマーがでてきてもおかしくないと思う。
(注)地図ではチベット国境を水源とするNing Kholaと記載されているが、これは誤りでPhezan Kholaが正しい。

Cimg1651

川沿いのキャンプ地から右岸に見えた。剣岳の八つ峰に似ている。右の山稜が邪魔である。

Cimg1662

BCからの下山2日目、全容が見えてきた

Cimg1663

特に右側の大きな一枚岩に注目した

Cimg1665

さらに下降を続けると、チベット国境の標高5293mのChang Laに出ることができるChuwa Kholaと合流する。
このチベットへの国境ルートは行きで一部を利用した国境Yulsaへの街道が表街道とするとこちらは交易の裏街道とのこと。

« 無名峰への登頂 ⑦ | トップページ | 西北ネパール フムラ地方の山の民 ⑨ »

海外」カテゴリの記事