最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« デザイン手拭いを戴いた | トップページ | 登山隊の基地となるシミコットSimikotへの移動 ② »

2017年8月10日 (木)

成田⇒カトマンズ⇒ネパールガンジーへの移動 ①

8/4 9:10成田NRTから仁川ICT経由でネパールトリブヴァン空港ヘ向かった。
関空からの6人とは仁川で合流した。

Dscn0858

東ネパール出身のお子さん、家族揃っての里帰りとのこと。日本では津田沼に住んでいるという。了解をもらって乗り換えのICTで撮らせてもらった。

Dscn0882

カトマンズの宿、ブーゲンビリアが咲くトラチャンハウス、ご主人が庭木だけでなくたくさんの植木鉢の世話もしていた。

Dscn0861

持参したテントの点検、ハイキャンプで使うテントの点検を屋上で行った。

Dscn0865

翌日、早速今回アレンジの一部をお願いしたボチボチトレック社の事務所兼倉庫兼自宅を訪れて打合せを行った。社長はチィカさん、彼はエベレストはもちろん、K2にも登頂しており、栗城氏のヒマラヤ登山のサポートを担当している代理店のエネルギッシュなグルン族の方だ。

Dscn0890

事務所近くの八百屋さんの店頭はこんな感じ。

Dscn0894

カトマンズのタメル地区、旅行者が集まるエリアでなんでも揃う。

Dscn0895

両替店はタメルにいくらでもある。

Dscn0908

これはネパール政府観光省の施設、ここでブリーフィング。とてもオープンな庁舎

Dscn0909

ここは中央郵便局GPO、大阪での登山隊の壮行会に参加してくれたみなさんにお礼のはがきをここから差し出した。

Dscn0899

カトマンズ市内、綺麗なアスファルトの道路があった。

Dscn0943

カトマンズからネパールガンジーへの移動は荷物とともにチャーターバス。車内のバスのTV、インドのDVDが流れた。歌と踊りが楽しい。

カトマンズからネパール西南部のネパールガンジーまで約500キロはあろう。タライ平原からインド国境の町、ネパールガンジーには16時間はかかったと思う。

« デザイン手拭いを戴いた | トップページ | 登山隊の基地となるシミコットSimikotへの移動 ② »

海外」カテゴリの記事