最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 厚木郊外 相州アルプス歩き | トップページ | 親戚の法事 »

2017年6月15日 (木)

平日の三ツ峠 ①

2017.06.15(木)午前中曇り午後には快晴、寒気が入りやや寒い、半袖は不可

朝6時半に相模大野を出たので、岩場でスタートしたのは10時頃になった。先週末は大混雑であったという。この日は私ら2名と地元の2名のみで貸切りであった。

Dscn0122p

山荘 四季楽園前から眺めた屏風岩

Dscn0128

眼下には富士吉田のまち

Dscn0129p

登山道への懸垂下降

天狗の踊り場からの懸垂でNo.20クラックを避け紅葉おろしの壁側に寄って下降したところ、回収ができなくなった。たわみをつけたりいろいろやってみたがダメだったクレムハイストとマイクロストラクションで登り返してみた。原因は分かった。説明しにくい。

ある計画書でカラス対策が必要と記載されているのを目にしたが、この日悪戯をされて初めて意味が分かった。カラスがクチバシで私のザックの雨蓋のチャックを開けてしまい、タオル、ペーパー、折畳傘など中身を放り出した。本体の奥深くに入れていた食料に被害はなかった。腹いせのように雨蓋の生地がクチバシで裂かれていた。同行のKGさんのザックには被害はなかった。学習効果の高い賢いカラスがいるのだろう。

アプローチの車道で往路復路でニホンザルを見かけた。帰路では約10頭のサルが道路にでていた。

« 厚木郊外 相州アルプス歩き | トップページ | 親戚の法事 »

いわトレ(あるぱいん)」カテゴリの記事