最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 相模緑道 木もれびの森 | トップページ | 牡丹と芍薬のつぼみ »

2017年4月20日 (木)

多摩川を走る

2017.04.20(木)快晴

 多摩川沿いはアップダウンがほとんどなく自転車は走りやすい。多摩川まで246号や小田急沿いは走りにくいので駐車できるところを捜したところ、溝の口と登戸の間に見つけた。宇奈根駐車場だ。週末や祭日以外は無料とのことだった。ここにクルマを置いてチャリを降ろした。溝の口とガス橋の間の河原には河川のゴルフ場以外には公共の駐車場はなかった。
 車で運転しながら見るのと自転車でみるロケーションは、スピードのせいか異なる。チャリのほうがよい。コースは宇奈根駐車場から多摩川右岸を南下してガス橋を渡り、左岸の都内側を遡り等々力渓谷に寄ってから二子玉川にでて二子橋を渡り、宇奈根に戻った。
 次回は六郷、羽田まで、次々回は上流の羽村あたりまでを考えてみたい。

Dscn9393

宇奈根駐車場をでて土手を二子橋方面へ向かう。土手も河原もよく整備されている。

Dscn9395

二子橋をくぐり丸子橋に向かう。対岸は二子玉川のタワーマンション群、その敷地は東急グループの遊園地旧二子玉川園だった。

Dscn9396

川崎市の等々力付近では、数は多くないが八重桜並木が満開

Dscn9397

手前の橋が東急東横線の橋、その先が中原街道の丸子橋。土手のこの構築物に見覚えがある。

Dscn9399

対岸は大田区鵜木地区のマンション群など。河原では幼稚園か保育園の遠足だろうか。

Dscn9401

ガス橋上から六郷羽田方向の下流をみる

Dscn9402

大田区側にあった多摩川の案内板

Dscn9403

対岸は川崎側の武蔵小杉地区の高層ビル群、かつてそこには東横線沿いにNECの工場が稼働していた。

Dscn9404

ガス橋~丸子橋間の土手はよく整備されている

Dscn9405

東京高校のグランド 
ガス橋側では日体荏原高校の野球部が練習していた。その上流側には東京実業高校のグランドもあった。
小学6年生のころ、自転車でグランドを求めてここまで野球の練習に来たことがある。

Dscn9407

丸子橋から二子橋の間は、自転車走行には条件が良くない。このグランドはかつて読売ジャイアンツのグランドだった。55年くらい前だろうか、長嶋選手、王選手らがグランドの外に出てランニングした時にその場にいた。一緒にくっついてファンとともに走ったことを覚えている。

Dscn9409

これは世田谷区玉堤あたりの丸子川で、国分寺崖線に沿って流れている。左岸側は大体崖っぽくなっている。かつてはここはドブ川だったと思う。いまは悪臭もしないし透明な水が流れている。60年まえには丸子あたりはザリガニが捕れた。近所の子供たちとよく行ったものだ。
※左岸というのは川下に向かって左側のことを指す。
※この丸子川の水源は仙川あたりで、湧水を集めて二子付近で多摩川と並行して流れ、最後は亀甲山の公園下あたりで多摩川に合流し放流される。

Dscn9410

いまではシャレた住宅が並んでいる。

Dscn9423

いったん環8通りまで上がり、等々力渓谷に立ち寄った。

Dscn9414

ここは雑木林が広がる別天地

Dscn9421

上流をみる。 この矢沢川は世田谷区の桜丘、用賀あたりを水源とする小さな川

Dscn9420

下流の歩道をみる

Dscn9425

和風庭園エリアがあった。

Dscn9426

時間がなく入口の竹林をみて出た

Dscn9428

新しい二子玉川マンション群の南側エリアには公園ができていた。かつて遊園地や明大プールがあったところだ。この公園ではなぜか多くの中国系の人たちを見かけた。

Dscn9429

正面が上野毛駅方向で、右端に駅に向かう稲荷坂が見えた。50年ほど前には稲荷坂途中の左側に小林旭と結婚した美空ひばりのひばり御殿があった。

Dscn9430

« 相模緑道 木もれびの森 | トップページ | 牡丹と芍薬のつぼみ »

旅行・地域」カテゴリの記事