最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月30日 (木)

サクラの開花

2017.3.30(金)

Dscn0229

郊外なので開花は都心よりやや遅い。相模大野にある黒河内病院には信州高遠から持ってきた小彼岸桜があり、毎年、入院している患者さんだけでなく、近所のお住まいに皆さんにも喜ばれ満開となっていた。ソメイヨシノよりやや早く咲く品種だ。

Dscn0211

これは近所のソメイヨシノでまだ一部咲きにもならない。

2017年3月28日 (火)

安田講堂での公開講演会

2017..3..28(水)

テーマが学生時代に興味のあった分野だったので、最先端の話を聞きたいと思い、東京大学の本郷キャンパスにある会場の安田講堂に行ってきた。
この講演会は定員800名、事前申し込み不要、無料ということで、特に高校生や大学生の参加を呼び掛けていた。

自室に学生のとき出会った一冊の本、今堀和友著「生命と分子」1968.11.30 2版 ダイアモンド社刊がある。

生物化学分野の分子生物学と酵素化学から生命活動のオオモトともいえる生体高分子について、大学新入生クラスを対象に分かりやすく解説している本で、いまでも大切に保管してある。

当時の農学部の講義でも生物化学の講義があったような気がする。ワトソンとクリックの提唱(1953年)したDNA二重らせんのモデル構造に関するものがあったと記憶している。二人は1962年のノーベル生理学・医学賞を受賞し、歴史に名を刻むこととなった。ちなみに20世紀の3大発見は、つぎのものが挙げられている。その一つだ。
1.アインシュタインの相対性理論 ※物理系は私にはとても理解できない
2.フレミングの抗生物質の発見
3.ワトソンとクリックのDNA二重らせん構造解析

Dscn0191

正門 明治45(1912)年竣工   
※登録有形文化財

Dscn0197


Dscn0192

安田講堂、安田善次郎氏の寄付により大正14(1925)年に竣工。高さ39.7m。現在は式典・公開講座・五月祭などで使用されている。
※登録有形文化財

Dscn0194

安田講堂前の広場地下に生協中央食堂があった。会場の座席を確保したあと、遅い昼食をここで食べた。とろろ、豚汁定食@550

Dscn0193

機器調整中の講演会会場

Dscn0202

閉会後、時間があったので三四郎池を1周してみた。
この池の正式名称は、旧加賀藩屋敷「育徳園心学池」。夏目漱石の小説「三四郎」以来、この名で親しまれている。
※本郷地区キャンパスガイドマップより

私の父は大正4(1915)年生まれで、養子に出された先がここ本郷で、生意気盛りの子供のときにここに入り込んでよく遊んだという。当時三四郎池にボートがあって遊んだらしい。隣接したところに医学部の施設があり中ををのぞき込んでエライもの?を見てしまったという。

【講演会内容】
①分子生物学最先端の研究者は、遺伝子の二重らせんを解きほどき、切断するだけでなく貼り付けたり編集することができるようになって、その結晶構造を突き止め作動機構を解明するに至っている。様々な遺伝疾患の遺伝子治療を近々の目標としているとのこと。
②ファインケミカルズの世界では有機合成化学で得られる安価で簡単な構造の原料から製造されているが、革新的な製法の開発に成功した。タンクや釜を用いるバッチ法から触媒を充填した管などに原料を流すフロー法を開発した。廃棄物を圧倒的に減らし、省エネ、省スペース、省コストのモノづくりとして、ものづくり日本への回帰、製薬産業の競争力強化に貢献ができる。
③医薬品開発の主流は長い間有機小分子剤であったが、標的タンパク質へ高い特異性をもつ抗体が近年盛んに開発されている。タンパク製剤の毒性やコスト高といった患者負担から、有機小分子薬剤なみの低い分子量をもつ第3の医薬品開発の期待が高まっている。そういった中で医薬品として開発できる特殊ペプチドの創薬イノベーションについて解説された。発表者は創薬ベンチャー企業の立ち上げに成功した研究者だ。

科学の最前線をのぞかせてもらったような気になった。基礎研究から応用への距離が短くなった事例だろうか。モノづくりの日本は健在だと思って少し安堵した。しかし科学と技術進歩のスピード競争に遅れたら落伍することには変わりない。
近年この分野の進歩はスゴイ。個々のDNAで4つの塩基配列の決定に取り組んでいたかと思っていたら、いまはエックス線回析により高度なCGで分子の立体構造が目でみられるようになっている。分析手法の進歩には驚かされた。

2017年3月25日 (土)

3月の紀三井寺

2017.03.25(土)

早朝の散歩でホテル近くの和歌山市内の名刹、紀三井寺を訪れた。

Dscn0147


Dscn0156


Dscn0160


Dscn0162



Dscn0166



Dscn0163


Dscn0171

まだ開花宣言は出されていない

Dscn0174

和歌山市街地は標高が低く、紀三井寺や和歌山城は貴重な高台だ

Dscn0176

境内にヤドリギがみえた。落葉時にしか分からないと思う。

Dscn0178

この高校生らのグループも朝食前にお寺に参拝に来ていた。山口県から来たという

Dscn0181

帰路も新東名を走った。ここ遠野森町PAはとろろそばが売りであった。遠州の自然薯イメージをだしていたが??? こういうところでは味には期待できない。それでも値段はそれなりに・・・。
土曜日であったが新東名は快適に走ることができた。往復で1,080km

2017年3月22日 (水)

Newクライミングジム レッジ

2017.03.22(水)晴れ

前日は綱島のビッグロックで過ごし、今日は昨年11月にオープンしたという海老名市JR相模線沿線にできたジムに行ってみた。

Dscn0138


Dscn0140


Dscn0144


Dscn0141


Dscn0145

2017年3月20日 (月)

チャリで湘南江の島へ

2017.03.20(月)快晴

ランニングしたいのだがヒザへの影響を考えると、自転車にせざるを得ない。

Dscn0105

相模大野から歩行者と自転車専用路の「相模緑道」でゆく。自転車は日米自転車Fujiのクラシックなスタイルのクロスバイク、2015年モデルで商品名は「STROLL」といい、軽量のフレームはクロモリ製で変速機は外装ではなく内装3速、重量はカタログには9.8Kgとあった。私にはこれでよい。
樹木の早い春の花が咲きだしている。沿道の大きな白モクレンは満開。

Dscn0107

これはミツマタ

Dscn0108

ここから境川沿いの専用道路を走る。境川と国道246号が交差するところ

Dscn0109

南米などの外国人の入居者比率の高いことで知られるイチョウ団地、横浜市と大和市の市境がこの境川、最寄り駅は小田急江ノ島線高座渋谷駅

Dscn0111

境川沿いの自転車道では時速20キロ前後が巡行速度。最高速度は25~30km/h、追い抜かれること多し。

Dscn0112

対岸にはかつて戸塚、横浜ドリームランドがあった。高い建物は園内にあったホテルだと思う。いまは私立薬科大の施設になっているらしい。
Dscn0113

境川左岸の藤沢市北部の広大な農地、田植えの時期はGW明けあたりか

Dscn0126

旧藤沢宿にあった時宗総本山の清浄光寺

Dscn0114_2

第1国道を渡る

Dscn0116

ここではやはり片瀬江の島の海岸が相応しい

Dscn0117

休日のため観光客で大混雑、まだまだ中国語圏の観光客が目立った

Dscn0122

ここではいつも立ち寄る路地から入るお店「ゑじま」は、生シラスは売り切れとのことで、やむなく別のお店を探した。生シラスの需給がひっ迫しているらしく、ここでは生シラスと釜揚げシラスの2色どんぶり、ハルミ食堂 

Dscn0127

帰路、境川沿いの自転車道で可愛いミニブタを見つけてUターン。これはペットの黒いミニブタで飼い主さんから話しを伺うことができた。一歳の雄とのことで、ここでは草をパクパク食べていた。丸々して美味しそう。
岡山で手に入れ、自宅では犬と猫、ウサギを自宅内で飼っているという。特に仲がいいというわけではないが、それぞれが無関心を装ってトラブルはないという。

Dscn0132

往路は3時間かけたが、帰路は2時間余りで早く帰れたので、4カ月ぶりににコガメに立ち寄った。
江の島往復の走行距離は、自転車に装着してあるメーターでは67kmであった。

2017年3月19日 (日)

米軍相模総合補給廠でのクラフトビールフェスタ

2017.03.19(日)晴れ

Dscn0037

白モクレンの開花が始まった。清楚な感じが気に入っている。JAXA相模原キャンパスに近い相模緑道の往路にて

JR相模原駅北側に197ヘクタールという平坦で広大な敷地に在日アメリカ陸軍の大補給施設がある。前から気になっていたので訪れることにした。

Dscn0039

12:00オープン ゲートで身分証明書提示、基地内に入ると続いて荷物検査とボディーチェックが行われた。

Dscn0099

この日は「セントパトリックス・クラフトビールフェス」という催しで基地が一般公開された。なぜセントパトリックスか?

国際交流イベント情報館HPより引用
相模DEPOT で初開催!
このように世界的に盛り上がりを見せ、知名度も上がってきているセントパトリックスデーをベースに、相模原市の米軍施設、相模総合補給廠(通称:相模デポ)でも2017 年初開催が決定となりました。
今回は一般的なセントパトリックスデーとしてだけではなく、同様に世界的に注目されている『クラフト』カルチャーを織り交ぜ、セントパトリックス・クラフトフェスティバルとして開催致します。『クラフト』とはハンドクラフト、つまり工場生産ではなく手作りの良さを再認識するような流れを象徴する言葉として使われるようになってきています。
会場内のクラフトエリアでは手作りの工芸品や加工品、こだわりの農産物などが販売され、飲食エリアでは小規模醸造所によるクラフトビールなどがアイルランド以外にも世界中から大集結致します!

【セントパトリックとは】
5世紀頃、アイルランドにキリスト教をもたらした宣教者、それが聖パトリックです。
彼はそれまでの自然信仰や慣習とキリスト教を共存させながらキリスト教を平和的に広めていきました。アイルランドに蛇がいないのは、彼が布教の間、邪教の化身といえる蛇を退治したからだと言われています。彼の熱心な布教活動のおかげでアイルランドは敬虔なカトリックの国となり、アイルランドの守護聖人として1500年経った現在も親しまれているのです。
その聖パトリックの命日が3月17日、この日をセント・パトリックス・デイ (聖パトリックの日) とし、アイルランドでは最大級の祝祭日として国を挙げて祝います。
また、世界中に住んでいるアイルランド人がこのお祭りを祝い、特にアメリカのニューヨークでは、数百万人もの参加者を数える一大パレードが行われます。

Dscn0043

一杯目はアメリカブランドのブルックリンラガーから。香りがいいです。

Dscn0046

予めドルの金券を購入しておく。。取りあえずビール$5とソーセージ$10を買った。

Dscn0089

これはイングランドのモーリスダンスという民族舞踊。私は知らなかった。出演者は日本の愛好家グループのようだ。

「ことばんく」より引用

… イギリス民謡のうちではスコットランドとアイルランドの例が有名であるが,その他の地方にも特色ある古謡の伝統があることはシャープC.J.Sharp(1859‐1924)の研究によって明らかとなった。また舞曲や器楽曲にも地方色豊かなものが多く,有名なものにアイルランドとスコットランドに伝わるバッグパイプの伝統と,ルネサンス期の仮装舞踊に起源を持つといわれるモリス・ダンスがある。【金沢 正剛】。

Dscn0096

これは興味のあったアイリッシュダンス、なかなかスピード感のあるダンスだ。背筋が伸びていいです。複数の外人女性による演技を期待していたが違った。

Dscn0085

この男性ダンサーのぶれない上半身、足さばきとスピード感がとても魅力的なステップダンスだった。

かつてイギリスに支配され自分たちの言語すら禁じられたアイルランド人への抑圧が、この独特のステップダンス Irish danceとなった。

アイリッシュダンス➡ ウィキペディアより↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9

Dscn0052


Dscn0057_2

子供たちには能書きなどどうでもよい。遊べてとても楽しそうだった。

このイベントの企画運営は「キャンプ座間MWRマーケティング」、なるほどと思った。基地内の施設の見学はなかった。
4/29には大和市、綾瀬市、藤沢市に囲まれた米軍厚木基地(厚木市内にはない)が開放されるそうで、軍用機などの見学に行こうと思う。

2017年3月15日 (水)

大阪神戸にて

Dscn0011

3/13(月)夕方、JR大阪駅到着後、新梅田食堂街にあるたこ焼き屋さんへ直行。
関東のように焼き上げてあるものを提供することはない。こちらでは少々待たせてアツアツをタイミングよく出してくれる。待たせる時間が絶妙だ。これが美味しく食べる上でとても重要。要するに最高の状態で提供される。たかがたこ焼き、されどたこ焼きである。大好きだ。

Dscn0016

神戸三宮のとある事務所で打合せ 18:30~21:30 終了後近くの居酒屋に移動した。

Dscn0018p

3/14(火)福知山線JR道場駅に近い不動岩、これは正面壁、終日誰も来なかった

Dscn0019

東壁基部のバンド下に真新しいお花が添えられていた。生前の爽やかな笑顔が浮かび、身を引き締めて手を合わせた。

Dscn0020

この日は私たちのほか1組のみ。マンツーマンで教えている方が知り合いの河Nさん。

Dscn0021p

氷河上を登下降する際、クレバス落下事故のレスキュー方法(動滑車1/3引き上げ)を確認した。個人携行装備は①ユマール、②マイクロストラクション、③プーリー、④短いプルジック用スリング2本、⑤バイル、⑥カラビナ5個、アイススクリュー2本、私はさらに加えて保有しているプーリー付カラビナなど。
万一に備えて携行する装備と手法の共通化は合理的なことだと思う。状況によりバックアップも施す。携行する器具で落ち着いて短時間で対応できるように習熟しておきたい。

Dscn0026p

メンバーの一人がヒドンクレバスに落ちた時のレスキューを想定。①引き込まないように踏ん張りピックを打ち込みセルフビレイを取る。②アイススクリュー(orイボイボ、orスノーバー)2本で支点構築、③支点に転落者側のロープをスリングを用いて荷重を移して固定、④動滑車1/3で引き上げる。引上げ者は後ろに動きながら引くのがよい。
さらに引上げがうまくいかないときの落下者自身による登り返しの手順を共通化した。ユマールをストッパーとして、長めのスリングを足にセットして体を上げ、ユマールをずり上げる。この際ザックをメインロープに吊り下げ、チェストハーネスに通しておく。こうすると体が安定しやすく消耗を防ぐことができる。なお予めザックに吊り下げ用のカラビナ付きスリングをセットしておく。実技で練習が必要だ。マニュアルを読むだけでは役に立たない。このあたりは失敗を随分と経験しているのでよく分かる。
習熟しておかないと時間ばかりが経過することになる。

Dscn0028

最後に菱形ハングⅣを登って終了した

Dscn0031

JR宝塚駅北側の線路脇の建築工事現場の仮設足場が崩れそうになり、危険な状態の事故で夕方7時半まで6時間にわたり不通となった。

Dscn0033

JR大阪駅は大変身を遂げた。閉塞感のない広い大空間が特徴の建物だ。駅北側にヨドバシカメラがあるが、ここ一つの巨大店舗の家電売上が、四国全体の家電売上に相当すると聞いたことがある。

2017年3月12日 (日)

第96回 新宿~青梅のかち歩き大会 

2017.03.12(日)晴れ

山ばかりでなく、たまにはこういう催しにも参加してみようと思い申し込んだ。96回目の開催だという。それなりに結構な歴史があるんだ。主催者は文部科学省の外郭団体だと思う。よい企画だと思う。主催は公益社団法人 青少年交友協会 参加者は現状、青少年もいるが中高年歩け歩け大会のようだ。でもいいことだと思う。

Dscn9985

主催者からは900名を超えると発表があった

Dscn9988

楽しく参加することがいいと思う

Dscn9991

仲良く参加のお姉さん方

Dscn9995_2

新宿西口中央公園を8:30スタート

Dscn9996_2

杉並区梅里二丁目の5km地点 ここまでは青梅街道左側第1車線を団体行動で歩いた。そういうルール、追い越し禁止。  通過時刻 9:38( 標準9:30)

Dscn9997
 
井草八幡宮付近の10km地点、だんだんと高い建物が少なくなってきた。  通過時刻 10:44(標準10:30)

Dscn9999

ここは小平霊園、郊外にきた。通過時刻 13:17

Dscn0003

沿道に広大な菜の花畑があった  通過時刻 15:02

Dscn0001

東村山市美住町二丁目付近 通過時刻 13:44
東村山までの23kmコースは224名が完歩した。

Dscn0006

武蔵村山31kmの第2チェックポイント、通過印を押してもらった。 通過時刻 15:16 (標準14:08)

Dscn0009

青梅市総合体育館でのゴール時刻 18:10 (標準16:30 5.5km/h) 532番目のゴール
この43kmコースは574名が完歩した。

両コース合わせて参加者は932名で完歩者801名

硬いアスファルトとか歩道は長い時間歩くものではないと思った。山道とは違う。しかし、あきるの市からお父さんと参加した小学1年生の女の子はケロッとして疲れていないよと言っていた。軽いんだ。ニコニコしていた。

日常のトレーニングはジョギングか山道歩きがいいと思った。

クルマでしか走れないところ。歩行者目線で沿線を眺めながら歩くことができた。都内の沿道は飲食店が多い。時々シャレた飲食店があったり。23区から郊外、それも小平あたりからはのどかな風景へと変わった。ただし、青梅市は東京の田舎だと思っていたが、完全な住宅街となっていた。
足裏にはマメができて痛かった。テープを貼っておくべきだったか。
大阪南部の鷹取町から来たという年配の男性は、常連さんみたいで過去からの何枚かのゼッケンを縫い合わせた特製のシャツを着て目を引いた。

次回かち歩き大会は、第97回は2017.11.12(日)とのこと。参加費@2000円、当日受付@2500円

2017年3月 7日 (火)

湯河原幕山公園 幕岩

2017.03.07(火)寒気が入りとても寒かった

Dscn9978

梅は見ごろ  イベント梅の宴は3月12日まで

Dscn9977


Dscn9972


Dscn9975p

桃源郷エリア 新しい会員さん対象の平日トレーニング
参加者 L.M本、S田、T中、K地、K田の5名


Dscn9979

お土産店

2017年3月 5日 (日)

広沢寺の岩場清掃集会

2017.03.05(日)晴れ

Dscn9945

今年で18回目を迎えたこの集会、岩場を守る会を主宰しているY村ご夫妻には頭が下がる思いだ。もちろんそれを支えている関係者にも。
天気の良くないこの時期だが珍しく好天に恵まれた。この日、主に神奈川、東京から107名の参加があった。

Dscn9947

岩場やハイキング道の清掃が行われたが、、私たちは鐘ヶ岳登山口に近い丘の上にある小公園、なごみが丘の野焼き作業に参加した。
終了後、豚汁やおにぎり、Pet茶などが振舞われた。

Dscn9956


Dscn9955


Dscn9954


Dscn9957


Dscn9960

ここは新しく開拓された「藤岩」、さらに林道すぐ上流には「隠れ岩」がある

Dscn9964

一番大きな「弁天岩」、これは右端のところ

Dscn9965

「対岸の岩場」

Dscn9969

帰路、届物で橋本の知人宅に寄った後、JAXA対面にある相模原市立博物館にも寄ってみた。時々企画展示があったり、他地域施設の情報が得られるからだ。

2017年3月 4日 (土)

裏磐梯

 天候がよければ①ワカンで猫魔ヶ岳の稜線歩き&ブナ林のウォーキング、②西大点から西吾妻山へ山スキーで往復をしたいと思って準備して行った。結果は冬型の気圧配置となり中止した。
 阪急交通社の新幹線付き3泊4日のフリープランは@31,990円と安かった。この時期に何回か利用している。

2017.03.01(水)往路

Dscn9942

ゆっくり東京駅13:30発の新幹線で郡山駅へ、ここで磐越西線に乗り換え猪苗代駅で下車、迎えのバスで裏磐梯のホテル向かった。

Dscn9935

経営主体が大雑把に言って、猫魔ホテル⇒星野リゾート(賃借だと思う)⇒オーナー会社が変わり裏磐梯レイクリゾートと変遷。バブル処理で何かと話題になった物件だ。

Dscn9903

エントランスホールにはひな人形の段飾り

2017.03.02(木)

猫魔スキー場へ行こうと思ったら、ホテル前にグランデコスキー場行のバスが待機していたので、これに乗った。

Dscn9893


Dscn9875


Dscn9881


Dscn9874


Dscn9888

宮崎県延岡市から高校生が修学旅行でここのスキー場に来ていた。このあと東京に移動してディズニーランドに行くそうだ。

2017.03.03(金)午後から風雪

ヤマテンの天気予報がよくなかったので。行動を中止して読書と温泉で一日を過した

Dscn9917

5階のこの展望室が読書ルーム

2017.03.04(土)帰途

帰る日にようやく好天、起床時と食後に温泉に浸かった。

Dscn9930

眼下が檜原湖で氷結しており、氷上でワカサギ釣りができる

Dscn9932


Dscn9913


Dscn9940

JR猪苗代駅の近くからの会津磐梯山

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »