最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 2月の寒い日 | トップページ | 相模原市立体育館 »

2017年2月12日 (日)

冬の中伊豆など

2017.02.12(陽)快晴

2/11 午前11時に一人で相模大野の自宅を出た。東名は大井松田と裾野の間が積雪で通行止め。結局採ったルートは、
横浜町田IC➡小田厚道路大磯IC➡西湘石橋IC⇒湯河原⇒熱海⇒伊東⇒中伊豆までで渋滞のため、5時間30分も掛かった。

Dscn9632

16:30中伊豆に到着、取り敢えず地元の温泉施設、「中伊豆交流センター白岩の湯」に浸かった。入浴料は地元お住まいの方は@200、それ以外@400

Dscn9644

泊まったところは、WTさんがオーナーとして引き継いだ農家の内部を本格リフォームした建物

Dscn9638

夕方6時半すぎには全員集合して「梅の宴」ということで宴会開始。乾杯のあと鍋料理も。カラオケ設備まであった。トータルで12名

Dscn9645

寒気の影響でよく冷えた。朝には気温が下がり駐車した車には霜がびっしりと付いた。

Dscn9665

城山の登山口

Dscn9663

城山は地元大仁のシンボルだ。左側の大きな壁が南壁、その左端が西南カンテ、上部中央部が2間バンドの大ハング

Dscn9655_2

朝のうちは貸切り状態、陽が当たり寒くない

Dscn9656


Dscn9673

狩野川、持参したクロスバイクで土手のロードを走ってみた

Dscn9676

入浴したのは伊豆の国市営の温泉、伊豆長岡温泉、「高齢者温泉交流館」という施設 入浴料は@310

Dscn9683

伊豆の国市内から眺めた富士山南側、黒い岩肌が見える。雪崩れたのだと思う。
富士山の雪崩については、信濃毎日新聞社刊、若林隆三著「雪崩の掟」に詳しい。

Dscn9684

小田原、早川の干物センター「山安」、店外の練炭コンロで試食ができる。隣にいた中国人?母娘はずっと食べっ放し。隣のテーブルからイカも持ってきて焼いていた。連休でとても繁盛しており入店するための列ができていた。
お店は規格外の干物などを大量に安く仕入れるなどしてたいへんな努力をしていると思う。
帰路は伊豆長岡温泉⇒熱海⇒湯河原⇒(小田原厚木道路)➡厚木西IC⇒(国道246号)⇒座間の道路を選択した。

« 2月の寒い日 | トップページ | 相模原市立体育館 »

旅行・地域」カテゴリの記事