最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

西上州アイスクライミング 相沢&神津牧場

2017.02.27  相沢奥壁大氷柱

Dscn9816


Dscn9817

目的の氷瀑は荒船山の稜線に近い。登山口からたっぷり約90分かかった。

Dscn9832p

今シーズンから始めたKYさん。左に張ったロープで練習したあと、50m近い大きな氷柱をTr.で登り切った。

Dscn9834


Dscn9836

続いてKGさんも登り切った。クセになりそうと言っていた。

Dscn9841

夕食は佐久の山荘にて、吟醸酒などを飲みながら4人で鍋などをいただいた。寒さはそれほど感じなかった。それほど飲んでもいないのに、炬燵で寝てしまった。

2017.02.28(火) 佐久から近い西上州 神津牧場ヤエグロ沢へ 平日で貸切りとなった

Dscn9844

この日の朝ごはんのおかず 朝から白ごま油で揚げたフキノトウの天ぷら(下)、ほんのりした苦みがいい。
上はささみの磯部揚げ、昨晩つくり忘れたといって用意してくれた。

Dscn9845

「むかご」ご飯

Dscn9857

インディアンサマー広場

Dscn9862

シャイアンに取り付く I島E子さん 川上村で働き小川山で鍛えており、女性ながら上半身の筋肉と軸がしっかりしていた。

Dscn9869

帰路、谷底の沢には溶けて雪なし

佐久⇒海ノ口・清里、中央道経由で帰宅した。もちろん平日なので渋滞ストレスなし。小仏トンネルや八王子JTも難なく通過できた。

2017年2月24日 (金)

三つ峠山の鐘ヶ窪沢 アイス初体験会

2017.02.24(金)晴れのち曇り、小雪

相模大野駅に7:00に集合、圏央道、中央道、富士吉田ICを経由して、およそ2時間もかからずに裏登山口に着いた。ここからのアプローチは前日に降った雨が凍り付き歩きにくい。
およそ30分余りで傾斜の緩い氷の滝に到着。
平日で終日貸切りとなった。都心からも手軽に来れるので週末ともなれば、混み合うことになる。正解だ。

Dscn9802

裏登山口トイレ前の駐車場、ここまでの道路も全く問題なし。

Dscn9803


Dscn9808


Dscn9814

2017年2月22日 (水)

湯河原幕岩

2017.02.22(水)曇り時々晴れ間 寒かった 幕山公園の梅林は7分咲

Dscn9767


Dscn9768


Dscn9771


Dscn9769


Dscn9780


Dscn9791


Dscn9797



Dscn9798

公園のお店は午後4時で終了

Dscn9799

ここの公園には早咲きの河津桜も植えられている

2017年2月19日 (日)

西上州アイスクライミング

昨年は氷の状態がよくなかったため、西上州はパスした。

2017.02.18(土)  霧積温泉の氷瀑

Dscn9694

隠れ橋の滝、50mロープでは足りない。リード中の上部でアイゼンバンドが取れてしまった。締め不足だったのだろう。

Dscn9705

ここは貸切り

Dscn9706



Dscn9708

林道終点の積雪状態、駐車エリアは溶けて泥がでていた

Dscn9712

奥のエリア

Dscn9715

楽なアプローチのアイスゲレンデの人気エリア

Dscn9720

H川健太郎さんもコーチングで来ていた。中央部をリード

Dscn9723

NHさんのチャレンジ

Dscn9725

霧積ダムサイトの擁壁 10mⅣ+からⅤ-

2017.02.19(日) 神津牧場下 ヤエグロ沢の氷瀑

アプローチの道路は、屋敷集落から入ったが、前輪2WDでは氷結している急登は登れず。国道254号内山峠トンネル手前から神津牧場経由で入った。この方が安心。スタッドレスタイヤならチェーン不良。

Dscn9729

同行のお二人が初めてのエリアなので、まず右エリアから。入門砦の滝ではガイドによる基本的な講習が行われていた。そのなかに一人知り合いの女性が参加していた。

Dscn9733

Y田さん、二Hさんの順で越えた

Dscn9739_2

入門砦の上はナバホ

Dscn9752

人気のインディアンサマー広場周辺の氷結は良好

Dscn9757

ここでは右端のチェロキーが最もやさしい Ⅳ

Dscn9766

受付でこの日、犬殺しの滝で事故がありヘリレスキューされたという。

ここの露天風呂はなかなかいい雰囲気だ。2年前の2/1に敷島悦郎さん(64)と会話を分かっていたのだろう。露天風呂で言葉を交わしたが、その2か月も経たずにガンのため亡くなってしまった。そのとき体調が悪いんだと言っていた。彼は日吉に住んでいて溝の口のセントラルスポーツでよく顔を合わせた。出版関係の友人を通じての知り合いだった。

2017年2月16日 (木)

相模原市立体育館

昨年末ネパールから戻って1か月は体調がおかしかった。あっという間に1月も終わり、このままでは具合が悪いと感じて体づくりを始めた

Dscn9686

2/16市立相模原体育館

Dscn9687

2/16道路をはさんで西側に巨大な環境センターがある。隣の健康センターにあるお風呂や温水プールにはここで発生する熱源から温水が供給されている。

Dscn9692

2/17の大体育室 上溝南高校の生徒さんが走りまわっていた

2017年2月12日 (日)

冬の中伊豆など

2017.02.12(陽)快晴

2/11 午前11時に一人で相模大野の自宅を出た。東名は大井松田と裾野の間が積雪で通行止め。結局採ったルートは、
横浜町田IC➡小田厚道路大磯IC➡西湘石橋IC⇒湯河原⇒熱海⇒伊東⇒中伊豆までで渋滞のため、5時間30分も掛かった。

Dscn9632

16:30中伊豆に到着、取り敢えず地元の温泉施設、「中伊豆交流センター白岩の湯」に浸かった。入浴料は地元お住まいの方は@200、それ以外@400

Dscn9644

泊まったところは、WTさんがオーナーとして引き継いだ農家の内部を本格リフォームした建物

Dscn9638

夕方6時半すぎには全員集合して「梅の宴」ということで宴会開始。乾杯のあと鍋料理も。カラオケ設備まであった。トータルで12名

Dscn9645

寒気の影響でよく冷えた。朝には気温が下がり駐車した車には霜がびっしりと付いた。

Dscn9665

城山の登山口

Dscn9663

城山は地元大仁のシンボルだ。左側の大きな壁が南壁、その左端が西南カンテ、上部中央部が2間バンドの大ハング

Dscn9655_2

朝のうちは貸切り状態、陽が当たり寒くない

Dscn9656


Dscn9673

狩野川、持参したクロスバイクで土手のロードを走ってみた

Dscn9676

入浴したのは伊豆の国市営の温泉、伊豆長岡温泉、「高齢者温泉交流館」という施設 入浴料は@310

Dscn9683

伊豆の国市内から眺めた富士山南側、黒い岩肌が見える。雪崩れたのだと思う。
富士山の雪崩については、信濃毎日新聞社刊、若林隆三著「雪崩の掟」に詳しい。

Dscn9684

小田原、早川の干物センター「山安」、店外の練炭コンロで試食ができる。隣にいた中国人?母娘はずっと食べっ放し。隣のテーブルからイカも持ってきて焼いていた。連休でとても繁盛しており入店するための列ができていた。
お店は規格外の干物などを大量に安く仕入れるなどしてたいへんな努力をしていると思う。
帰路は伊豆長岡温泉⇒熱海⇒湯河原⇒(小田原厚木道路)➡厚木西IC⇒(国道246号)⇒座間の道路を選択した。

2017年2月11日 (土)

2月の寒い日

Dscn9625

2/10 16:50  終日寒い1日だった。朝エアコンを入れてもなかなか暖かくならなかった。

Dscn9624

2/10 16:50 自宅前の小公園

Dscn9630

2/11 7:10 冬型気圧配置だから、基本的にはそう降らない。今回は北九州、山陰、近畿、北陸など西日本の裏側が大量降雪だ。

Dscn9449

2017年2月 5日 (日)

週末は佐久 湯川

2017.02.05(日)

2/4(土)快晴

神奈川組は横浜線古淵駅に6:10集合、そして8:45に湯川「燈明の湯」駐車場に到着。9時には杉並組など計7名が集合した。

Dscn9564

アプローチの林道、こんな雪が少ないのは私は初めて

Dscn9565

氷柱が林道に落ちると車の通行に支障をきたすので、気温が上がりそうなときは要注意

Dscn9569

白髪エリア湯川支流、流れの左側は右岸のアイス(約6~10m)

Dscn9568

白髪エリア湯川支流、右側の左岸のアイス(約10~25m)

Dscn9578

湯川支流右岸、Ⅴ-~Ⅴ+

Dscn9575


Dscn9581

湯川本流左岸の乱菊氷柱群は未発達ということで行かなかった。大阪組はこちらに戻ってきた。

Dscn9604

この日は佐久のAK山荘に泊まった。このストーブは地元で作られた特注品、製作者はナンガパルパットでヘルマンブールのピッケルを持ち帰りオーストリアに住む遺族に届けた人。Ⅰ田さんである。

Dscn9586

まずは大根の煮物、キムチ、ニンジンや里芋の煮物、全て山荘オーナー手作り料理

Dscn9589

低温調理のトリ料理

Dscn9590

パスタ このあと鍋料理も

Dscn9591

2/5(日)午前10時すぎより小雪が降り始めたが、それほどの降雪とはならなかった

Dscn9610

ここ標高1000mでこんな感じ。しばらく降っていないようだ。佐久はもともと積雪が少ないところだが、ここは雪が解けにくいエリアではある。

Dscn9612

春日渓谷にクルマで行けるかなと蓼科スカイラインを上がってみたが、途中吹き溜まりがでてきて通行不可と判断した。結局この日も湯川となった。

Dscn9616


Dscn96191

14:00には終了
ナナーズ小海店で、浅間納豆、シャウエッセン、ブロッコリー、ほうれん草など買って帰途についた。
2月の中央道は渋滞もなく、双葉SAで用事を済ませ20:00すぎには帰宅できた。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »