最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 今シーズン初滑り SKI | トップページ | 八甲田、酸ヶ湯温泉へ »

2017年1月22日 (日)

尾白川下流域

2016.01.22(日)今までojirogawaと発音していたが、正確にはojiragawaというそうだ。

1/21(土)寒気は八ヶ岳、甲斐駒など雪雲がかかっていたが、気温はそれほど下がっていないようだ。
1日目はまず結氷状況の確認で岩間ルンゼへ

Dscn9405

2パーテイ5人で、先行はKさんのリードでFI(Ⅲ~Ⅳ+)に取り付く。今季は3つルート(左、中央、右)が取れる。左側は落ち口で傾斜がでてⅣ+。スクリューが決まればピックを信じて思いきって越す。

Dscn9408p

F2は離陸(Ⅳ+)に手順を要した。F2から上のチョックストーンまで行くとこの先、氷が望めないのでここから懸垂でF2を下りて戻った。

Dscn9414

車は冬季はこのゲートまで。この車はJeep、4リッターエンジンで燃費は6-7キロだそうだ。
ここでテントを張った。夕食は「おでん+野菜」鍋

6/22(日)この日は昼から強い寒気が入り、気温が低下。稜線は強い西風が吹いていることと思う。
この日は2名を加え7名3パーティで行動、平田ルンゼに入った。

Dscn9416p

ガンガの沢錦滝、まだ適期ではない

Dscn9417

ガンガの沢前の東屋、右側のテントは愛知県から来た4人

Dscn9419

平田ルンゼ Ⅱ級下へ
ナメ状60mの手前の小滝、2m位瞬間Ⅳ、氷の出来は毎年同じとは限らない。

Dscn9427

ナメ状60m2ピッチの2ピッチ目、アイスは水氷で、懸垂用のバックロープは濡らしてしまった。ピッチはⅢ+、瞬間Ⅳ程度であろうか。スクリューはしっかり入る。傾斜は立っていないので安定して埋め込める。

Dscn9435

帰る時間も考えてここから太い木にあった残置支点を利用して懸垂下降

Dscn9437

この日のザイルパートナーは若いNさん

Dscn9442

帰途の尾白川林道、積雪はこの程度

Dscn9444

帰途途中、林道の下に氷柱を発見、林道の山側には滲み出しがあり、流し方を工夫すればもう少し大きな垂直の氷柱に発達するかもしれない。ガードレールの支柱を利用してトップロープか。

Dscn9447


Dscn9448p

【参考】
1/21の夕食・・・おでん&野菜なべ
岩手のおでんセット@398×2セット、焼豆腐1個、はんぺん1、菊菜、白菜1/4カット、白ネギ1本、うどん2個、生卵2個、調味料、練り辛子チューブ
1/22の朝食・・・カニ&キノコ雑炊
カニ缶1個、ブナシメジ225g、なめこ1、白ネギ1本、パックご飯3個、生卵4個、粉末調味料、ドリップコーヒー
5人で@600

« 今シーズン初滑り SKI | トップページ | 八甲田、酸ヶ湯温泉へ »

あいすクライミング」カテゴリの記事