最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 11/6カトマンズ(空路)ルクラ2900m⇒パグディン2550m | トップページ | 11/8⇒デポチェ3758m »

2016年11月 7日 (月)

11/7⇒ナムチェ3440m

2016.11.07(月)

Dscn8054

さすが世界有数のトレッキングルート、エヴェレスト街道だけに客は多い。

Dscn8062

タムセルク 6608m

Dscn8068

Monju 集落のはずれにサガルマータ国立公園管理事務所がある。

Dscn8071


Dscn8075

ナムチェに向かう

Dscn8127

ナムチェのメインストリート ここではなんでも揃う。腕時計(Protorek)が動かなくなってしまったので、ここでChina製を1200NRSで買った。

Dscn8128_2

両替もできるし、なんとATMもある

Dscn8130

古くはチベット交易の基地でもあり、現在は週末にバザールが立つ

Dscn8138

ナムチェは標高3440m、このような斜面に建物が建っている。シェルパ族がロッジを経営している。危険なガイドから安全な仕事に移行しているという。その分タマン族やグルン族が進出している。子供はカトマンズの学校に行かせている。シェルパ族は裕福になったのだ。

Dscn8160

左からカラパタールまでのNさん、H隊長、K隊員(私)、T隊員の4名、ストローで吞むお酒は
泊まったのは「プモリゲストハウス」でご主人は、エヴェレスト初登頂時のBCにキッチンボーイで参加したという。
ナムチェではSPCC  Sagarmatha Pollution Committee Center(環境対策委員会)の事務所に出向き、トレッキングピーク(アイランドピーク)とエキスペディションピーク(アマダブラム)への登山の手続きを行った。し尿管理や残置物有無など注意を要する。

(注) SPCC関連HP  ⇒  http://www.nepal-news.net/archieves/others/everest080429.html

この日驚いたことだが、両手にポールを持った片足の欧米人トレッカーとすれ違った。アグレッシブな欧米人には日本人とは大きな違いを感じた。

« 11/6カトマンズ(空路)ルクラ2900m⇒パグディン2550m | トップページ | 11/8⇒デポチェ3758m »

海外」カテゴリの記事