最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 11/26⇒ルクラ | トップページ | 中部ネパールの旅① ポカラへ »

2016年11月27日 (日)

11/27 ⇒カトマンズ

2016.11.27

Dscn0216

ルクラ飛行場 飛び立つときは下り坂の滑走路からTake Off

Dscn0220

機内ではアメが配られた。帰路は右側の座席がヒマラヤの展望よし。

Dscn0227

足元には山肌が近くにみえた。

Dscn0231_2


Dscn0245

これはガネッシュヒマール

Dscn0262

カトマンズ空港 オープンな国内線出口

Dscn0272

元外交官であったネパール人のお屋敷を引き継いだホテル。古都パタンを眺望できる。日本人客が多い。オーナーの奥さんは日本人。ここでは天ざるがお目当て。
ここのご主人はタカリー族でツクチェの出身。私らが泊まっているゲストハウスのご主人の弟さんで、これから行くポカラ⇒ジョムソンJomsom⇒マルファMarpha⇒ツクチェ⇒コバンKobangにある山荘のオーナーでもある。

Dscn0269

植栽がきれい。

Dscn0267

ブーゲンビリア

Dscn0266

戸隠で修業したネパール人の蕎麦職人により、手打ち蕎麦が提供されている。天ざるがなかなかいける。ネパールにいることを忘れてしまうほどだ。開放的なテラスでいただいた。

Dscn0275

カトマンズで滞在したゲストハウスの屋上からの眺め、ここはカトマンズ南地区のNew Baneswor

Dscn0273

ゲストハウス Mohan Singh Tulachan  の屋上から

Dscn0279

ここの奥さんが作ってくれるダルバートはなかなか品が良く食べやすい

« 11/26⇒ルクラ | トップページ | 中部ネパールの旅① ポカラへ »

海外」カテゴリの記事