最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 10/8-11の連休は天候不良で、見晴茶屋へ | トップページ | 広沢寺の里山 »

2016年10月17日 (月)

週末は二子山と三つ峠

2016.10.17(月)曇り

10月15日(土)快晴 秩父 二子山中央稜

天気絶好調、関越花園ICから皆野寄居有料道路を経て秩父市、小鹿野町を走り国道299号、志賀坂トンネル手前を右の林道に入り股野峠まで上がって行った。神奈川からおよそ3時間。

Dscn7554
石灰岩特有のかぶり系の岩場、ここの下を通り中央稜取り付きに向かった。

Dscn7563
2P目を登る先行パーティのセカンド

Dscn7566
3P目Ⅴ-の右には、フェース中央壁のスーパータジヤン5.10cを登る単独の方。下降して来た懸垂ロープを使用。

Dscn7577jpgp
4P目の大テラスからの西峰方向の眺め。

Dscn7579
後方の稜線は両神山の山なみ。

Dscn7573
4P目(Ⅲ~Ⅳ、瞬間Ⅳ+、Ⅴ-あり)の先行パーティ。

翌日の予定は、好天の週末の日曜の渋滞を考えて上州子持山から御坂三つ峠の岩場に変更することにした。秩父から奥秩父主脈をぶち抜く有料の「御坂トンネル」から甲府盆地へ抜けるもの。
泊まりは24h温泉のカイセンを予定していたが、改修工事中で宿泊者数限定のため入館できなかった。その代りに近く(メガドンキーとなり)の商売敵のSPALAND(ホテルないとう)を紹介してくれた。

◎♨カイセン-HP  ⇒⇒⇒  http://www.yu-kaisen.jp/

◎ SPALAND-HP ⇒⇒⇒   http://www.hotel-naito.com/spaland/


10月16日(日)晴れ

Dscn7584
三つ峠山荘からMt.Fujiの眺め

一般ルート左Ⅳ+を登ってから中央カンテ(3P)に取り付いた。

Dscn7589
中央カンテ 2P目左ルートの核心部Ⅳ+

Dscn7593
終了点からの懸垂は50mピッタりで、1P目終了点に戻れた。

この後、地蔵左ルートⅤ-と観音ルートⅤを登り、午後3時には終了した。

帰路の高速道路はどこも大渋滞。行く先を近場に変更してよかった。午後7時すぎには帰宅できた。
2日間の走行距離は約400キロとなった。

17日月曜 小雨
朝、小田急相模原の整形医院に家内を送迎、10時からTV韓流時代劇、11時からブログ記入、午後1時にはHondaのディーラーへ、エアバッグのリコール対応、待ち時間を利用してすぐ近くの鵜野森の「♨お風呂の王様」で入浴。帰宅してから郵便局で振り込み手続き。そんなことで1日が暮れた。

« 10/8-11の連休は天候不良で、見晴茶屋へ | トップページ | 広沢寺の里山 »

いわトレ(あるぱいん)」カテゴリの記事