最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 咲いたシャクヤク | トップページ | 甲府方面 »

2016年5月29日 (日)

週末は丹沢の見晴茶屋

2016.05.29(日)曇りで丹沢は涼しかった。

Dscn5523
見晴茶屋の前に4月から利用開始となった秦野市設置のバイオトイレ、右側は浄化槽でその上に広いウッドデッキが設けられた。見晴らしも良く、憩いの場所ができた。
この日は20名が泊るので、食料等の2回の荷揚げを手伝った。お気に入りの大倉高原山の家経由の道を歩いた。サクランボが落ちていた。
翌週末には駅伝ボッカ大会が行われるので、約40名が泊ることになろう。ここは第2区の中継所として見晴らし会が運営に当たることになっている。

Dscn5537

裏には、バイオトイレ設置工事と同時に、水場からくみ上げて貯める70リッターの貯水タンクと自家用発電装置が設けられた。

Dscn5532
駒留茶屋

Dscn5526
駒留茶屋と堀山の家の間の水平の尾根道。爽やかな緑がいい感じのところだ。

Dscn5529
堀山の家

Dscn5534
登山道ができ戦前から永年のオーバーユースともいえる利用が続いたと思う。登山道に沿って雨水が流れて表土の流失が続き、これほどのえぐれができたのだと思う。現在、場所により雨水を登山道から斜面に逃がす雨樋のような雨水溝づくりが増えている。有効だと思う。

« 咲いたシャクヤク | トップページ | 甲府方面 »

縦走、ハイクなど」カテゴリの記事