最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

アイスキャンデーで遊ぶ

2016.02.29(月)曇り、11時ころより降雪

天気下り坂の予報だったので、赤岳鉱泉の人工氷瀑、ICE CANDYで半日過ごしてから下山することにした。

Dscn2931
右足に注目①

Dscn2974
右足に注目②

Dscn2955


Dscn2975


Dscn2977
次はYちゃん

Dscn2980
まるでジムの人工壁のような・・・。

Dscn2987


Dscn2990
次はOKクン

Dscn2992
なんちゃって・フィギュアフォーを試みたOTクン

Dscn2993
美濃戸口のイタリアンJ&Nのシベリアンハスキー
ここで解散した。

2016年2月28日 (日)

八ヶ岳大同心ルンゼの大滝

2016.02.28(日)快晴

Dscn2902


Dscn2897


Dscn2891


Dscn2890


Dscn2895p

Dscn2893


Dscn2898


Dscn2907_2

2016年2月27日 (土)

八ヶ岳ジョウゴ沢

2016.02.27(土)晴天

Dscn2833
ナイアガラの滝、Ⅴ-~Ⅴ+ 
このお二人は横浜市都筑区からやってきたという。

Dscn2845_2


Dscn2847
本谷の大滝25m、Ⅳ+~Ⅴ ロープを濡らせてしまう。氷結状態が良くないのでこれはパス。

Dscn2849
本谷を下り、乙女の滝へ向かう。後方には阿弥陀岳。

Dscn2850p
乙女の滝Ⅴ+ ここは風の通り道か、とても寒い。

赤岳鉱泉にもどった .この週末に赤岳鉱泉の人工氷瀑を舞台に行われたコンペ、盛況なアイスキャンディカップ。

Dscn2866
マムートをメインに多数の協賛会社の看板

Dscn2865_2
ル-トセッターは初代チャンピオンの山岸尚将氏とのこと。

Dscn2871p
女子初心者の部にエントリーした知り合いのTHMK女史。制限時間は3分、枠から出てはいけない。

2016年2月26日 (金)

八ヶ岳南沢

 2016.02.26(金)曇りのち小雪

Dscn2815


Dscn2813p


Dscn2818


Dscn2820


Dscn2821


Dscn2825

2016年2月21日 (日)

北八ヶ岳 醤油樽の滝

2016.02.21(日)天気回復⇒快晴

醤油樽の滝の夏の綺麗な画像を見つけた。
http://fukeikan.blog.fc2.com/blog-entry-114.html

1年前からそのへんてこな滝の名前に惹かれてどんな滝か訪れてみたかった。ようやく今回行くことができた。昨晩から未明にかけ大雨が降り、林道は凍り付き途中で停めた。周辺に雪はない。

Dscn2804
醤油樽の滝入口の案内看板、林道に立っている。数台は停められる。途中で夏沢鉱泉の車が4WD,4輪チェーン装着で降りてきた。雪ではなく雨だったという。

Dscn2753p
これが醤油樽の滝、高さ35mとある。見た目の傾斜はアイスクライミング対象としてはやや緩め、下部はⅣ級下、上部は3級上だろうか。大きな樽の底から見上げることができる滝という意味だろうか。この日は1番乗りでカッパを着て登ったのが正解だった。完全氷結していないので、ももから下はしぶきなどでかぶってしまった。落ち口の氷が割れていて、水流があり壊さないように乗り越えた。50mのダブルロープで登った。終了点は整備されている。Tr.も懸垂もできる。ここの標高は約1,900ⅿくらい。

Dscn2763p
2番手でリードするのは、M&CのMさん。そのうち三番手の学生ペアも到着。この日は計6名となった。1回登って一の滝に移動した。

Dscn2772p_2
結構な高度感がでる。懸垂するときにはロープが凍ってしまった。

Dscn2784
大量の雨が流れて凍り付き、沢床はナメ床のよう。

Dscn2746
これが一の滝。2段の上部に小さいながら5~6mの傾斜のある氷を求めることができる。

Dscn2748


Dscn2789
右側の透明アイス。両手で抱えてみた。

Dscn2793
リード練習をするMMさん。

Dscn2807

20日(土)夜から21日(日)未明に南岸低気圧が通過して南風が入り込んだので、八ヶ岳では山麓では雨、標高およそ2400ⅿ以上では雪となった模様。主稜線は白くなった。
富士見町の施設、「鹿の湯♨」に入浴後、小淵沢ICから帰途についた。

【追記】
醤油樽で検索したらでてきたブログ、知り合いのブログかと思ったが人違いのようだ。
http://teambanzai.exblog.jp/22837649/
こんなシーズンもある。老舗の山岳会↓
http://unryo.cliff.jp/album/2008/200802_kawarakobasawa/index.html

2016年2月17日 (水)

雛のつるし飾り

2016.02.16(火)快晴

Dscn2687
道路を隔てて市立体育館の対面に位置する相模原市立健康文化センター。隣の環境センターからお湯が送水されている。ここには温水プールもある。

Dscn2688
エントランスに飾られていた。

Dscn2690
なかなかのものです。パァーっと華やかな雰囲気がありました。

Dscn2689


Dscn2692
表情がなんとも言えない。心穏やかにさせられる。

Dscn2694
とても手間がかかると思う。今月下旬には開成町の雛飾りを見にゆく予定。

いま梅が五分咲きの湯河原幕山公園

2016.02.17(水)快晴~曇り

快晴の湯河原幕山公園。寒気が入る西高東低の典型的な冬型の気圧配置となり、冷たい風が吹いた。梅の花見は3月前半まで楽しめる。

Dscn2697
平日のため、混むことはない。

Dscn2698_2
園内の白梅エリア

Dscn2700
新しいルート。5.8?の短いルートの核心部でどう登るか、支点をとったあと、しばし悩み考えるUEさん。

Dscn2703
埼玉から来た知り合いのISさん。5.10cのムーブを探り、そして解決した。彼も昨年、脊椎辷り症を経験した。



Dscn2712
しだれ梅のエリア

Dscn2706
うす桃色の梅もいい。デジカメは接写モードにした。

Dscn2715


Dscn2717
これは園外にて。艶やかで思わずパチリ。

帰路、真鶴の磯に寄った。

Dscn2729


Dscn2733
ここには釣り人が一人、大きなメジナ3匹を釣り上げていた。
遠景は伊豆半島

2016年2月13日 (土)

奥多摩 神戸岩

2016.02.13(土)晴れのち曇り

Dscn2632


Dscn2634


Dscn2635


Dscn2640_2


Dscn2641p
平坦な人工林のところに岩はあった。以外と大きい。石灰岩で被っている。

Dscn2643


Dscn2644


Dscn2646p


Dscn2649


Dscn2653


Dscn2654


Dscn2663


Dscn2676


Dscn2678
濃い豆乳も飲んだ。

Dscn2684
買ったお豆腐、関西出身者はきぬ、関東人はもめんだ。子供たちは豆腐ソフトアイスクリームを買ってもらっていた。

Dscn2681
ちとせ屋さん 西多摩郡檜原村5567、定休日:毎週火曜日

2016年2月12日 (金)

信州 川上村からの帰途

2016.02.12(うす陽)

昨日、川上村のNANA'Sで、もめん豆腐と浅間納豆、野沢菜漬けを買って帰った。

Dscn2617
香よし、ただし期待したより柔らかすぎ=水を抱かせすぎ。小海町のお豆腐やさん。

Dscn2615
この納豆は中国産を使っているが、中粒で味よし価格も安い。85g

Dscn2627

一緒に行ったメンバーからコルドンブルーのチョコレートをいただいた。冷蔵庫で保管して来月、遠方から来る孫と食べてみようと思う。

Dscn2619

2016年2月11日 (木)

好天のアイスゲレンデ ICE TREE

2016.02.11(水)終日快晴

 腰がまだ本調子ではないため、お誘いして5人でアイスゲレンデのある岩根山荘に日帰り(片道180キロ)で行ってきた。
 8:30には川上村に到着。
 ここで過ごすにはもったいないような好天気。室内のジムではなく野外だからまァいいか。それぞれ目的をもってトレーニングした。

Dscn2591
風もなく日差しのもとでは春のように暖かい。でも日陰に入ると下半身がじんじんと冷えてくる。

Dscn2595
甲府にお住まいの女性。1年まえに南沢小滝でお会いした。

Dscn2598
人工氷瀑の裏にはドライツーリングのウォールがある。この方はかなり重量級でした。

Dscn2601
先週末に続いて2回目となるアックス振り、前回は上半身が氷の壁に張り付いていたが、フォームはだいぶ良くなった。アイゼンは踵を下げるとより安定してくると思う。

Dscn2607
安定したフォームで軽快に登るSNさん。15:30過ぎに終了した。

Dscn2611
先週末に泊った川上山荘、昨年開業した。

Dscn2610

 設備が自慢です。食堂ホールにはクライミングボード、4K並みの画質を誇る150インチ画面に投影するプロジェクターと重低音のステレオスピーカーなど。楽しい一晩を過ごすことができた。

2016年2月 9日 (火)

脊椎辷り症…その後

2016.02.09(火)快晴 朝の外気温0℃

1.発症
 ①1/25(木)あたりから腰に違和感を感じ始めた。腰痛でもでるかなという予感がした。そんな感覚が3日ほど続いた。
 ②1/31(日)上州のアイスクライミング交流会に3名で参加した。往路の車中でこれは腰痛の始まりだと自覚した。
 ③同日大事をとって、Tr.で2回ほどでやめた。なんとも言えない痛みだ。体をねじれない。アイゼンを外すのも大儀。はまゆう山荘の温泉で腰を温めた。
 ④帰宅時助手席から降りることがなかなかできなかった。2/1(月)朝、寝床から起き上がることができず、とても暗い気持に襲われた。お尻もふけず、パンツ履くのも靴下履くのも大儀、なんとか運転して整形外科医院に行き診察してもらい、「脊椎辷り症」と診断された。
2.経過
 ①2/5まで通院して回復に努めた。
  ・治療は、水圧式マッサージベッドでマッサージ、低周波通電による、低周波ツボ刺激療法(刺さない針治療)、マッサージ
   ・投薬は痛み止め:・ロキソプロフェンナトリウム60mg(クニヒロ)+レバミピド錠100mg、経皮鎮痛消炎概要薬モーラステープL40mg(久光製薬)
 ②2/5予定通りの山行を実行できそうと判断した。
 ③2/6-7当日、腰がまだ廻らない。でもリードはしたい。初めての会員さんも含め、楽しい行事ができたと思う。
3.現在
  ・2/8治療に通院。負荷は5キロまでにすること。今月いっぱいリハビリに通うことを主治医から言い渡された。
  ・2/11にも出掛けようと思う。

【追記】
午後、親戚の入院見舞いで大船の病院に行った。

2016年2月 7日 (日)

廻り目平から唐沢の滝

2016.02.07(日)快晴

アイスクライミング2日目は、川上村廻り目平、金峰渓谷奥にある唐沢の滝へ向かう。と言っても川上山荘から車で10分位奥に位置する廻り目平に駐車。この日は日帰り組の二人が加わり、11名となった。朝の気温は川上山荘でマイナス4℃、廻り目平でマイナス13℃であった。風がないので寒さはそれほど感じない。

Dscn2576
冬季休業中の村営金峰山荘

Dscn2563
身支度してここから歩き出す。駐車場は明るい雪原となるので開放的な雰囲気になっていた。

Dscn2565
ゆっくり歩いて約1時間、カモシカ登山道を登ると「唐沢の滝」前にでた。

Dscn2569
氷結状態は上ランクではありませんか。透明な氷の裏側には流水が見えるが、叩いても平気。3年連続で来ているが、今回が最も氷結コンディションが良かった。まずはKさんがリード。

Dscn2570
ロープを2本張り、トップロープで一人2回ずつ練習した。

Dscn2571
昼前にはさらに10名くらいに登りに上がって来た。ドローンを持ってきたパーティもいた。初めて実物を見た。

Dscn2578


Dscn2579
帰路、近くの岩根山荘の人工氷瀑、「アイスツリー」を見に立ち寄ってみた。

Dscn2583
MILLETのイベントとかで2日間貸し切られていた。

Dscn2585_2

帰りに再び川上山荘に寄ってコーヒータイムとした。ご主人自慢の手作りスピーカーを試聴させてもらった。
今回2日間とも天気に恵まれた。泊まった山荘も快適。ここで午後3時すぎにここで解散した。

お土産は、NANA’Sオリジナルのお蕎麦(原材料:そば粉+食塩)と浅間納豆(中国産大豆)。

2016年2月 6日 (土)

佐久湯川のアイス

2016.02.06(土)☀

今年は暖冬で氷結状態が悪く、ギリギリまで行く先の場所選定に困ったが、泊まるところは決まっているのでⅠ日目は八ヶ岳麓、佐久の湯川にした。この日の参加者は計9名となった。林道が抉れているところは分かっているので、3台が駐車できるだいぶ手前のところに車を停めた。

Dscn2508

林道を行く。

Dscn2528

水道橋下付近にある氷瀑「ミクロトワンソン」、流れを越えて氷瀑に取付く。中でもここのアイスがとても安定していると地元に暮らす友人から聞いていた。

Dscn2515p
初めてアイスに取りつくNOさん。

Dscn2529
初めてアイスに取りつくKGさん(右)

Dscn2533
今年2回目のMMさん(右)

Dscn2520

確保はここで。登る方が落ちると確保の角度が甘いので、引き込まれるので注意。

Dscn2524

すぐ上流には「乱菊の氷柱群」と名付けられたアイスエリアがある。写真を撮り来る方も多い。毎年2月には冬の風物詩としてTV信州が取材に来て放映していたことがある。以前ここで取材を受けたのはKTさん。

Dscn2539
徒渉するOSさん

Dscn2542

川上村唯一最大のスーパー、NANA’Sの敷地の一画に設置されているパタゴニアの店舗。

Dscn2547_2

宿泊は新築の川上山荘。小さいながらもまだ綺麗なクライミングボードがホールにある。さっそくK川さんが取り付いた。川上山荘のフェイスブック➡➡➡
https://ja-jp.facebook.com/pages/%E5%B7%9D%E4%B8%8A%E5%B1%B1%E8%8D%98/1383831728508267

Dscn2552
食堂ホール

Dscn2550


Dscn2554

ホールに設置されている150インチ大画面のスクリーンを4K並み高画質のプロジェクターで、持参したカラコルムK2登山隊の記録映画のDVD、「JAPAN K2 EXPEDITION 1977」を圧縮して放映した。今年3月に公開される「神々の山嶺」」のモデルとなった故森田勝が第一次登頂隊からもれたため、独断で上部キャンプから降りてきてしまう。彼をBCの登攀隊長がBC本部の方針に従うよう説得する交信シーンも収録されている。

当日の宿泊者は私たちだけだったので、22:00ころまで楽しませていただいた。新築1年目の川上山荘。
翌日の予定は登れるとの情報を得たので、廻り目平(標高1570m)から歩いて金峰渓谷のカモシカ登山道沿いにある「唐沢の滝」の氷瀑と決めた。

2016年2月 4日 (木)

鰻屋さん⇒アーケード商店街⇒海外登山交流会など

2016.02.04(木)晴れ

Dscn2473

久しぶりに美味しい鰻の蒲焼を食べたくなり、都内の目蒲線不動前駅で下車した。まずは目黒のお不動様を目指す。門前にある「八つめや にしむら 目黒店」を目指した。

Dscn2480

ここらではたいへんな繁盛店と聞いていた。初めてのお店。午後1時すぎのため4卓しかない2階で着席できた。建物は昔のつくりで2階への階段は恐ろしく急で狭い。まずはビールと串焼き。

Dscn2477
これは、うな重定食 上 @3000 大串が載っている。中@2600(中串)、特上@4000(中串2枚)

Dscn2478

大きいお新香と肝吸いが付く。大満足で店を後にした。
系列店として、巣鴨とげぬき地蔵尊となりに にしむら巣鴨店があるとのこと。

Dscn2496
せっかくなので目黒不動尊にお参りした。正式には天台宗 泰叡山 瀧泉寺。

Dscn2494
境内に咲くしだれ白梅。境内は大木が多く、そして広い。

Dscn2490
高台にある大本堂

Dscn2491

史跡 青木昆陽のお墓がここにある。江戸時代、サツマイモ(甘藷)の栽培を普及させたことで知られている。お墓の石には「甘藷先生墓」と刻まれていた。

Dscn2501

歩いて隣駅の武蔵小山商店街へ。もともとは衣料品が多い大型のアーケード商店街だった。でも大阪の天神橋商店街には及ばない。「三丁目の夕日」のあの時代には、多くの集団就職の少年少女が「ああ上野駅」を経由してここにやってきた。小学生から中学生にかけて冬に着るジャンパーや中学入学時の腕時計などはここで買ってもらった。育ったところの最寄駅は奥沢だった。いまから半世紀余も前のことだ。いまでは衣料品店が減り、チェーン系飲食店が増えたようだ。平日の昼間ではあったが、人出は多い。なぜか安心した。目黒線武蔵小山駅は地下化され、地下鉄との相互乗り入れもできた。駅前再開発が進行している。駅前のアーケード商店街入口には高さ100mを超える高層の住居兼商業施設ができるそうだ。

Dscn2502

地下鉄で飯田橋に移動。夕方6時からJAWFでの海外登山交流会に参加した。20余名の参加があった。関西であればやはりヒマラヤなどの高所登山が中心になるが、こちらでは時代の変化だろうか、一般化してきた今風のヨセミテでのクライミングの楽しみ方が紹介されていた。それはそれで快適生活で楽しそうだ。海外登山も多様化がすすみ、JWAFでもこれからどう対応してゆくか、しばらくは模索が続きそうだ。いえることは、海外旅行の延長線上にあるツアー会社によるお仕着せトレッキングは別物と考えたい。登山の一部と考えるならば、自分たちの責任で企画・アレンジしてゆくものが、ここでの対象だろうと思う。苦労しながら進んでゆく辺境の旅と登山、クライミングを含む。海外登山の今後を考えさせてくれた集会だと思っている。
帰宅したのは午後11時となった。

2016年2月 1日 (月)

咲いた紅梅

02016.02.01(月)曇り

相模大野に転居したときに鉢植えの紅梅を買った。産地は鹿児島で接ぎ木のものだった。翌年に地べたに植え替えた。とりわけ春に咲く樹木の花が好みだ。ろうばい、ミツマタ、沈丁花、白木蓮、紫木蓮、もちろん桜も。

Dscn2469
早春を告げる梅の開花

Dscn2471

【追記1.】昨晩、京都の若狭に住み、ネパールやアンデスの海外高所登山でも活躍しているRM子ちゃんのメールがある山の会MLに流れていた。私が大阪で暮らしていたとき、北陸の冬山にも一緒に行ったし、冬の荒島岳でも偶然会ったことがある。百名山だからということではなく、越前大野の平野からよく見える美しい山でブナが多い。
以下、彼女の1/31のレポート
‐----------------------------------
 31日、荒島岳より無事下山しました。
7時20分出発。今日は朝から快晴。気温は高い。しかし最近の寒波の影響で大野平野の積雪はとても多く、ぐるりと見渡す山々も真っ白。ようやく冬山らしくなった感じ。雪はこの時期らしくなく、しっかり締まっていて非常に歩きやすい。春山の雪の様。ガスもなく、青空が広がり、眺めが抜群。白山山系から石川県との県境、岐阜との県境の峰々が見渡せた。樹林帯を抜けたあたり、雪で覆われた前荒島、中荒島、本峰が日に照らされキラキラと輝いている。とにかく美しいの一言。今日はツイている。その美しい景色の中を登っていると、なんとも贅沢な幸せな気分になる。10時35分、山頂。山頂には、すでに7名ほどいて、登ってくる時に下山してくる10名パーティーに出合った。さらに続々と登ってくる登山者たち。今日も混んでいる。のんびり眺めを楽しんでいたいが、昼から気温が上がると、雪がゆるみ足がハマるので締まっている内に下山すべく、早々に山頂を後にした。徐々に気温もあがり、時折ハマリながら13時10分、下山。ポカポカ陽気ですっかり春山気分でした。
(R子余談) 先日の山で、愛用のスノーシューをつけて5時間ほど歩いていたのですが、下りの最後の1時間で、両足甲の止めのゴムバンド6本がほぼ同時に一気に全部ちぎれてしまいました。一気に全部って、こんなことあるんですねえ。10年も使えば劣化は当然なんですが、最初の数時間はなんともなく快適に歩いていたんですけどねえ。替えバンドを購入し、交換。これでまたしばらくは、この古物は安泰?別の部分が今度は分解するかも。。。

【追加2.】
Dscn2469
2月5日にも撮ってみた。

上州倉渕町 烏(カラス)川流域 溶岩滝近くの氷壁

2016.01.31(日)快晴

 やはり暖冬の影響は上州でも例外ではなく、氷の発達が良くないとのことです。栃木方面でもよく冷えるという足尾でも良くないということです。この週末の天気予報がころころ変わり、主催者はやきもきしたと思う。

Dscn2446
午前8時すぎ、高崎市倉渕町川浦にある「はまゆう山荘」の駐車場に集会。4:30➡7:45
群馬県連救助隊主催のアイスクライミング交流会に神奈川から3人で参加した。

Dscn2447
現場に向かうが、積雪が50㎝くらいあった。1/30朝降雪があったみたい。

Dscn2450
前年は人気エリアに多人数で入ったため、今回は自重して一般者にはほとんど知られていない場所を会場にしたらしい。

Dscn2451
ここは沁み出しが凍っては融けてを繰り返して氷の壁が形成されるようだ。残念ながら今シーズンの出来はよくない。

Dscn2453
合い間には豚汁、甘酒が振る舞われた。

Dscn2463
参加者はカウントしてみると計22名だった。最年長者は80才の男性だった。昨年もおられたような気がする。ご丈夫な方でした。

Dscn2445
朝の山荘、ここから見るとなんのことはないが、入ってみると実に広い空間を利用した施設であることがわかる。公的資金だから建てられたという典型的な施設とも思えた。でも多くの人たちが野外レクで活況を呈してくれたら大いに結構。

Dscn2466
はまゆう山荘エントランスホールの暖炉。たまげるほどのスペースがここにはあった。
終了後、美肌温泉が謳い文句の温泉に浸かってから帰宅の途に就いた。20:20帰宅。
私は初めて腰痛がでて思うように登ることができずに終わってしまった。

(註)近隣にははまゆう山荘から4キロくら上の標高1,100mのところに「わらび平森林公園キャンプ場」(4月下旬から10月下旬)がある。付近には高倉山、浅間隠山、花曲山、角落山などのハイキングコースがある。地味な上州だが、訪れたいところはいくらでもあるようだ。

【追記】起き上がるのも苦しくて、2/1に通っている整形外科医院で診てもらった。レントゲン撮影により、脊椎辷(すべり)症と診断された。リハビリ室で①仰向けローリングベッドでのマッサージ➡②うつ伏せ腰部低周波により筋肉に刺激➡③軽い腰部マッサージ、投薬は①経皮消炎テープと②痛み止め錠剤

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »