最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 都内へ往復50キロ | トップページ | 神奈川県大和市内、三館古民家めぐり »

2015年11月26日 (木)

箱根 強羅温泉 ホテル佳山水

02015.11.26(木)曇り

Dscn1634


Dscn1638_2
全10室のこじんまりしたホテルを選んだ。前身は企業の保養所だったようだ。一時期、企業はキャッシュフロー改善のため、遊休資産や厚生施設の保養所などを処分しまくった時期があった。

Dscn1599
後で設置されたと思われる露天風呂。ここの泉質は薄白い濁り湯。

Dscn1616
露天風呂の壁にかかっていた。

Dscn1615
客室が少ないため、温泉にはゆっくりと浸かれた。一人占め。

Dscn1631
小さい浴室ながらも解放感がいい。翌朝の9時半まで貸切のように何回も入った。

Dscn1595
夕食の一部、不満などありません。

Dscn1596
生ビールの次には生純米酒を選んだ。
醸造元、神奈川県山北町山北250 (合)川西屋酒造店譲 精米歩合70% 300ml瓶

Dscn1633
朝食は、私には納豆卵かけごはんで十分なのだが、ここは少量多品種で豪勢な朝食。

温泉は白でも褐色でもいいから濁っていること、食事は質素でもいいから食堂のテーブルでゆっくり食べれること、とにかくゆっくりとくつろげることに尽きる。私達にはぴったりの温泉宿だった。

帰路は小田原から海岸沿いの西湘バイパスを通り、大和市内方面に向かった。

« 都内へ往復50キロ | トップページ | 神奈川県大和市内、三館古民家めぐり »

旅行・地域」カテゴリの記事