最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 裏六甲 不動岩にて | トップページ | 通天閣界隈にて »

2015年10月 4日 (日)

ミナミの ジャンジャン横丁へ

2015.10.04(日)

Img_5942


Img_5943
若い女性がお客さんだった。以前だったら考えられないこと。

Img_5945
価格体系が異なる別世界がこの界隈。

Img_5947
陳列してあるシューズはよく見るとなぜか片足づつ。

Img_5977


Img_5976


Img_5982


Img_5954


Img_5981
この街は将棋を抜きには考えらない。通天閣の地下入口脇に坂田三吉の記念碑があった。今回未確認。

20年位の間にこの界隈は随分と変化した。若い女性の来れる観光名所になった。八重勝などいつ行っても行列が出来ている。串揚げの店が増えた。JRのガード下では露天のお店が無くなっていた。かつての簡易ホテルには英語表記の看板もある。若い女の子が宿泊するようになった。あいりん職安前は閑散としていた。路面を走る阪堺電車はまだあった。
大阪はまだアーケード商店街があちこちにあるし、古い棟割り長屋のアパート(なぜか文化住宅という)も見かける。なんとなく昭和を感じさせてくれる街だ。38歳から延べ17年間を大阪で暮らした。

« 裏六甲 不動岩にて | トップページ | 通天閣界隈にて »

でぃーぷOSAKA」カテゴリの記事