最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 朝 木もれ日の森を歩く | トップページ | 大山梅の木尾根方面で地図読み »

2015年4月23日 (木)

薬師池公園とボタン園・・・町田

2015.04.23(木)晴れ

薬師池公園を囲むように、リス園、えびね苑、ボタン園がある。ちょうどボタンが見ごろを迎えているので、薬師池公園を通ってボタン園に向かった。
ボタン園には331品種、1730株のボタンがあるという。この後に開花するシャクヤクは40品種、566株があるという。自宅の小庭にはボタンとシャクヤクが各1株がある。

Img_3399
りす園ちかくの北口から入った。

Img_3405


Img_3413


Img_3409
多摩ニュータウンの建設に伴い、この古民家が移築された。もうひとつの大きい古民家は改修工事中だった。

Img_3490
薬師池公園からボタン園に向かった。ボタン園手前にはのどかな田園風景が広がっていた。

Img_3416
「見頃です」と表示されていたボタン園の入口 開花時期の入場料は@500、

Img_3453
平日のため、入場者は高年の方がほとんど。週末はたいへんな賑わいになると思う。

Img_3422


Img_3418_2
珍しい色の牡丹

Img_3440
深紅の牡丹

Img_3471
これも珍しい。

Img_3462
園内の広場には鯉のぼり、フジやシャクナゲも満開でまさに春爛漫。

町田にあって緑いっぱいのエリアである。懐かしさを感じさせてくれる里山風景にも出会えた。
昼食には名古屋の企業である「サガミ」で味噌煮込みうどんを食べた。名古屋で3年暮らしたことがあり、クセになった。あの硬めの麺がいい。味噌の汁も残さず飲んでしまった。

« 朝 木もれ日の森を歩く | トップページ | 大山梅の木尾根方面で地図読み »

旅行・地域」カテゴリの記事