最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 見晴茶屋の年末年始① 大晦日カウントダウン | トップページ | 八ヶ岳赤岳鉱泉BC入り  »

2015年1月 1日 (木)

見晴茶屋の年末年始② 元旦の恒例行事

2015.01.01(木)曇り、相模大野では午後一時雪

Img_1425

小屋のテラスからは、日の出まえの秦野の街が眺められる。

Img_1429

これはつきたてのお餅につける汁や具材などをまっ先に姐さん方が作りはじめた。」

Img_1430

種類にして約20種。山葵おろし醤油、ニンニク醤油、キムチ、高菜、明太、ネギ味噌など・・・・

Img_1457

室内のマキストーブで6キロのもち米をセイロで蒸し、外で杵と臼で餅つき。

Img_1460

子どもも参加

Img_1465

準備が完了すると、テラスで金箔入りのお酒で元旦の乾杯となった。

Img_1468

姐さん方がつきたての餅をちぎる。

Img_1471

これを海苔でくるんで食べる。いくらでも食べられる。おろし生ワサビ醤油が一番美味しかった。

Img_1474

お子さんも

Img_1483

この子は流山から参加した小学3年生の女の子。

Img_1485

朝の早い時間。和やかな年のスタートとなった。この元旦行事はいつまでも続けてほしいと思う。

【追記】
大倉からの帰途、午前10時20分には帰宅できた。大倉から約1時間。速い。午後2時前後に短時間だが雪が降った。庭のドウダンツツジがあっという間に白くなった。

Img_1497_2

夕方、翌日からの山行の食料を購入に出掛けたついでに、大沼神社の初詣に立ち寄った。

Img_1504


Img_1499

獅子舞の歓迎、そして刀で頭を撫でてもら う。これでこの1年を無病息災に。

« 見晴茶屋の年末年始① 大晦日カウントダウン | トップページ | 八ヶ岳赤岳鉱泉BC入り  »

見晴茶屋」カテゴリの記事