最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 三つ峠裏の金ヶ窪沢 | トップページ | 佐久 湯川の氷柱エリア »

2015年1月18日 (日)

上州 霧積温泉周辺エリア

2015.01.18(日)冬型で関東平野は快晴。季節風は強い。

Img_1792
温泉奥の氷瀑、道路どんつきの駐車場、以前ここに旧館があったが、取り壊され飾りの水車が残っていた。現在の霧積温泉は1キロ奥にあるとのことで、電話すると迎えにきてくれるという。ここの氷瀑は駐車場から数分のところにある。本日はM村&S本の両君と3人でやってきた。

Img_1783
この日は3パーティのみ。この女性はとてもかろやかな動き。5級の氷瀑

Img_1789
M村さんが取り付く。カジタのベントシャフトとシモンの氷用クランポン

Img_1772
中央の部分をリードしてTr.をセット。スクリューは4本使用。スクリューは手入れしておいたので、最初の入りが良いし、トントンと回収時の氷の抜けも良い。

Img_1775
S本クン、今シーズンからアイスクライミングを開始。両手には軽量のクライミング用テクニカルアックス、ペツルのクォーク2本、スポルティバ新タイプの靴にはペツルのクランポン、リンクスをセット。いずれも新品。これだけで15万円は下らないと思う。上下の冬用ウェアをいれたら25万円くらいになってしまう。

Img_1777


Img_1779


Img_1794
かくれ橋の氷瀑30m、しっかり氷結していた。核心は上部の短い70~80度、4級クラス

Img_1795
ダムサイトの氷瀑、コンクリート壁のシミだしの氷結が発達する。Tr.用の残置スリングが見えた。乗せてもらった車はサンルーフがあるので、運転席でビレーができそう。雑誌記事には左の沢の上流には30m、70度の氷瀑ができると書かれていた。

Img_1796


Img_1798


Img_1803
長野新幹線開通に伴い廃線となった信越線の横川駅~軽井沢駅の間。線路遺構に上がってみた。今でも走れそう。今以外の時期には低灌木などの植物が繁茂して這い上がりにくいと思う。ここは、かつて横川の駅ホームで列車の窓から暖かい峠の釜めしを買って食べながら碓氷峠に列車がゆっくり上っていったことが思い出される。
(註)1885.4.1アプト式列車で横川~軽井沢間が開通、1997.9.30廃止、その間には1963年に新線に切り替え、1966年にアプト式電車が廃止された。ここの路線は碓氷峠との高度差をどう克服するかの歴史だったようだ。

Img_1807

帰路通過する坂本宿にある峠の湯はまだ休業中(1年半前の火災)のため、妙義ふれあいセンターに寄って温泉に入った。露天風呂からは上州の平野の眺めがよし。この時期地元のお客さんがほとんどで、浴槽で隣り合ったおじさんに伺ったところ、峠の湯は1年後の12月末に再開するという。それは待ち遠しいことだ。

Img_1812
帰路、下仁田ICを通過してしまったので、藤岡ハイウェイオアシスに寄り、アグリプラザ藤岡・農産物直売所に入った。本命の下仁田ねぎは売り切れ、仕方なくこれらをお土産に買った。お土産と言いながら結局自分の食べたいものばかり。
① ㈲下仁田納豆の「一人前の味くらべセット(大粒・中粒・小粒)」、② 西沢克弘さんの手づくり「ゆず味噌」、③ 木村富男さんの「もめん豆腐」、④ ㈲吉田屋食品の「さしみこんにゃく・からしみそ付」⑤町田カヨさんのお弁当「きのこおこわ」
今週末のアイスクライミングツアーは同行の方とともに満足。

« 三つ峠裏の金ヶ窪沢 | トップページ | 佐久 湯川の氷柱エリア »

あいすクライミング」カテゴリの記事