最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 両国 江戸東京博物館見学と谷中銀座徘徊 | トップページ | 大月の岩殿山と【追記】に載せたラーメン店 »

2015年1月11日 (日)

冬の大菩薩峠

2015.01.10(土)快晴 典型的な冬型

1週前の八ヶ岳で手足の指先が軽い凍傷となったため、寒いところを避けてリハビリウォーク・歩くことにした。ここは中央沿線の山として、また中里介山の小説『大菩薩峠」はあまりにも有名だ。

Img_1664_2
裂石ゲート前の駐車場は満車、写真撮影のグループが来ていた。結局道路カーブの膨らみスペースに駐車した。6:00に自宅を出発して8:00には着いたが、ここは8:45に出発。最短の上日川峠への登路は取りやめ、丸川峠からの周遊コースに予定を変更した。

Img_1631
まだ雪はでてこない。

Img_1636
雪の丸川峠。これは静岡の磐田から来たという高年のパーティ。この日は介山荘にとまるという。ここに丸川荘という小屋は営業していた。(10:30-10:50)


Img_1637
大菩薩嶺に向かう北面にて。ここらは雪が融けないため積雪は30㎝くらいあり。北面の雰囲気がよい。

Img_1640
12:30大菩薩嶺頂上、何も見えない。近くの雷岩までゆくと視界が広がった。

Img_1645
風の強い稜線を歩く。大菩薩峠手前の稜線、賽の河原には避難小屋があった。強風を避け、軽い食事をとるため中に入った。よく整備されていた。

Img_1647
13:40大菩薩峠にいた外人さん。ここに介山荘がある。

Img_1655
介山荘下の道。軽の4WD車が大菩薩峠までこの道を使い上がっていた。
この下から登山口まで山小屋が数軒あった。シーズン時の繁盛がうかがわれた。
15:55裂石登山口に戻った。アイゼンを忘れたため、氷結した凹みのある下り登山道は滑りやすかった。

« 両国 江戸東京博物館見学と谷中銀座徘徊 | トップページ | 大月の岩殿山と【追記】に載せたラーメン店 »

縦走、ハイクなど」カテゴリの記事