最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 今年最後の広沢寺でのアイゼン岩トレ | トップページ | 見晴茶屋の年末年始② 元旦の恒例行事 »

2014年12月31日 (水)

見晴茶屋の年末年始① 大晦日カウントダウン

2014.12.31(水)曇り

夕方からイベントなので、頼まれたいくらかの荷を担ぎ、16:30ころから上った。途中にある観音茶屋さんにご挨拶。

Img_1402

軽く食事を済ませて夕方6時すぎからスタート。伴奏するアコーディオン奏者が2名、歌詞は2台のプロジェクターでスクリーンに投影された。リクエストもできる。いわゆる歌声喫茶の定番曲(私は好きではない)だけでなくJ-POP系もOK。

Img_1406

普段はなかなか灯油のランプはつけないが、この日ばかりは点灯された。

Img_1410

Img_1421

参加者は関係者も含めて40名ちかくいたと思う。こうして大晦日は暮れていった。

この山小屋の大改築は提案が承認されてから、実に足かけ9年かけて会員さんの肩と手によって2005年に現在の形となった。この事業には延べ何人の方が参加したのだろうか。頭が下がる思いだ。山小屋を運営している丹沢みはらし会は昨年創立30年を迎えた。なお見晴茶屋そのものは1946年(昭和21年)に創建されているので、来年(2016年)には70年周年を迎えることになる。

« 今年最後の広沢寺でのアイゼン岩トレ | トップページ | 見晴茶屋の年末年始② 元旦の恒例行事 »

見晴茶屋」カテゴリの記事