最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 裏磐梯 猫魔の森 ブナハイク | トップページ | 西上州 相沢奥壁の大氷柱へ »

2014年2月 3日 (月)

アイスC.ツアーのスタート

2014.02.03(月)曇り・・・首都圏では気温18℃
四日市に行ったものの御在所岳は暖かくて氷は期待できないと判断し、藤内壁Ⅰルンゼ中又・ランスールはパスして名古屋から中央道で信州方面へ移動することにした。帰宅は2/11を予定。


Img_2903
移動中の行きがけの駄賃ということで、駒ケ根ICで降り交通至便の「大田切川野猿の岩場」とよばれる氷瀑のアイスゲレンデに寄ってゆくことになった。ここでも暖かい。でも氷はあった。

Img_2898
短い3ピッチほどC沢で初日を楽しんだ。でも気温が高いのでロープは濡れてしまった。

Img_2902
冷えたらアプローチも楽で決して大きくはないが初級者には楽しめるところだと思う。

Img_2906
この日は甲府盆地にある24h♨「瑰泉」に泊った.。メンズデーということでとても安く泊まることができた。ここからは芦安や尾白川、笛吹川も近い。湯川にも行けるベースだと思っている。

« 裏磐梯 猫魔の森 ブナハイク | トップページ | 西上州 相沢奥壁の大氷柱へ »

あいすクライミング」カテゴリの記事