最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 秋の秩父 二子山中央稜 | トップページ | 上州の納豆など »

2013年11月 4日 (月)

裏妙義 中木川谷急沢右股~丁須の頭

2013.11.03(日)曇り

Img_1495
初めての妙義。国民宿舎裏妙義から歩く。なぜかここで準備中にヒルを一匹発見!
8:45出発

Img_1503_2
9:00入渓、最初の5m滝

Img_1514
概ね順層、問題ない。

Img_1525_2
このあたりの稜線にあがった。早かったので縦走路を歩くことにした。12:05

Img_1529
縦走路、烏帽子の右下をゆく。アップダウンもなかなかのもの。

Img_1536
縦走のハイライト。鎖がしっかり設置されている。13:15

Img_1542
紅葉真っ盛り。

Img_1548
フィナーレはここ「丁須の頭」

Img_1554
鎖はトップまで設置されているものの、被っているところもあり、ハーネスで鎖にカラビナ連結して登下降した。14:05

国民宿舎への下降ルートは約2時間かかりなかなかのもの。充実の一日。駐車場着16:05 小雨が降り出した。この縦走路は人数が多いと時間がかかりそう。

帰路、「妙義ふれあいプラザ もみじの湯」で汗を流してから、渋滞をかわしながらゆっくり帰った。23:35自宅着

【追記】 
①碓氷峠に向かう途中の旧中山道坂本宿付近にある「碓氷峠の森公園 交流館 峠の湯」は2013.7.31の火災で当面休館とのこと。11/3入浴しようと訪れて分かった。
②霧積温泉に電話したところ、下の建物(冬期にアイスクライミングで訪れるドンツキにある駐車場のところにある)は解体したと教えてくれた。

« 秋の秩父 二子山中央稜 | トップページ | 上州の納豆など »

沢のぼり」カテゴリの記事