最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 上高地からの帰途 | トップページ | 表丹沢 新茅ノ沢(10/19) »

2013年10月18日 (金)

秋の富士山(10/18)

20132.10.18(金)曇り
前夜、富士宮口の水ヶ塚駐車場泊まり、寒気流入、小雨で寒い。五合目以下がそういう天候だったようだ。来月早々に整形で入院手術を控えているNさん、膝関節に水が溜まっている私、こんな状態なので「主杖流し」から寒い頂上まで行くのはやめて、取り付き確認程度にしようということになった。5合目の駐車場は平日でもあり空いている。

Img_1342
登山口、ここまで車で来れる。帰路の道路は濃い霧で視界が悪かった。

Img_1366
お中道をゆく。

Img_1372
目印は随所にある。

Img_1388
主杖流しと間違いやすい岩盤のしっかりした沢(帰路)

Img_1375
主杖流し、ここから入ってゆく。上部には頂上の観測施設3,776mが望めた。
駐車場からここまでゆっくり歩いて1時間半、ここから頂上まで標高差約1,000mで3時間程度だと思う。天気の良い9月から10月上旬が適期かと思う。

Img_1380
南アルプス末端方面の眺め・・・標高2,700付近より

Img_1401
帰路の御胎内温泉健康センター♨、ここは地元財産区の施設だそうだ。立派な施設、なにも云うことはない。

Img_1398
富士の眺めが売りの露天風呂。でも黒い富士山は情けなく恰好悪い。やはり真白き富士の嶺でないといかんと思った。

« 上高地からの帰途 | トップページ | 表丹沢 新茅ノ沢(10/19) »

縦走、ハイクなど」カテゴリの記事