最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« スリランカの赤ちゃん | トップページ | 涼みを求めて »

2013年7月 7日 (日)

山の会の救助訓練

2013.07.07(日)晴れで暑い

Dsc02232_2
※SONY のCyber-shotの調子が悪い。オートフォーカスが故障か。

この日は6人で、表丹沢水無川モミソ沢出合の懸垂岩で行った。KO大の??同好会の男女が遅くまで山靴でトレーニングに励んでいた。夏山は涸沢にゆくという。
私らは沢で負傷したという想定で、パーティ内でのセルフレスキューを前提に訓練した。救助技術訓練のほかに訓練することにより怪我をしてはならないという気持ちの醸成も目的の一つでもある。
ケガ人搬出、沢の滝を想定した介添え懸垂、引き上げ、対岸へのケーブル搬出など。
訓練では、1パーティ6人程度までがほどよい人数だと思った。
ひなたは暑かった。渋沢駅近くの山やさんご用達の居酒屋に寄って生ビールを飲んで反省会?。奴豆腐、モツ煮込み、アジのタタキなど。
モミソ岩にまだ新しいマムートのお気に入りのハットと古いTシャツを置き忘れてしまった。

追記・・・7/8早朝、回収に行った。あった。よかった。片道55㌔、帰りは圏央道相模原IC経由で帰宅。真新しい道路で快適。

« スリランカの赤ちゃん | トップページ | 涼みを求めて »

沢のぼり」カテゴリの記事