最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 小川山/廻り目平は紅葉真っ盛り | トップページ | インドヒマラヤ/ディオ・ティバ »

2012年10月26日 (金)

TOKYOスカイツリー&下町界隈

2012.10.26(金)快晴
Dsc00913
家人が所用で両国方面に行くため、一緒ではないが途中で別れて、この際近くにある東京スカイツリーに行くことにした。
Dsc00933
当日券購入のため、午前10時から2時間ほど待たされて高さ450mにある天望回廊に上がることができた。エレベーターは分速600mのスピードである。
待つ間に並んでいたかなり年輩の女性に話しかけてみた。あの世への土産話ができたと喜んでいた。お金は持ってゆけないけど話は持ってゆけると・・・。
Dsc00986
外階段で登らせてくれたらいいのに。上の画像は隅田川。晴れて眺めがいい。
Dsc00927
案内の女性の制服はダサいワンピース。生地はツリーをイメージしたようだが、世界に誇るタワーなんでなんとかならんかと思った。余計なお世話だが・・・。
案内の方に質問してみた。Q.一日に何人訪れるのか⇒A.15,000人だそうだ。高さ450m天望回廊への入場券(エレベーター)だけで換算すると年間164億円に相当する。

Dsc01056
この後は浅草に移動した。雷門前では高校生の修学旅行か。
さらに遊郭のあった吉原方面にも足を延ばしてみた。峰隆一郎の「吉原御免状」をインドヒマラヤの山中で何回も読んだため、その面影でも探そうと思ったからだ。本に掲載されていた古地図を頭に描いてみたが、現在の千束4丁目はイメージが湧かず、吉原ソープランドゾーンとなっており、足早に通り過ぎた。
歴史の表舞台にでてこないここのDeepなエリアは、その痕跡を探しにマメに歩いてみる必要がありそうだ。いずれ改めて訪れることにしよう。

Dsc01088
JR亀戸駅で家人と落ちあい、名物「亀戸餃子」のお店に寄って2人で5皿食べた。週刊誌などでよく紹介されていたお店だ。
Dsc01100
ここからさらにスポーツの神様、香取神社に寄ってみた。
Dsc01097
この神社の境内には亀戸大根碑があった。TVで受け継がれてきた地元の大根として栽培している番組をみたことがある。この大根はやや小ぶり。でも形はそっくり。

Dsc01119
最後は亀戸天満宮。藤棚で有名なお宮さんである。

スカイツリーが出現した墨田区の押上は、もともとマイナーな下町であったが、これで一挙にTOKYOメジャー入りとなった。

« 小川山/廻り目平は紅葉真っ盛り | トップページ | インドヒマラヤ/ディオ・ティバ »

旅行・地域」カテゴリの記事