最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 白雲山荘から下山 | トップページ | 自宅ではシャクヤクなどが開花 »

2012年5月28日 (月)

ソウルにて

2012.05.28(月)薄日

前日(5/27)、仁寿峰の白雲山荘から戻った。そして午後、鐘路3街(チョンロサムガ)の登山用品街で買い物したり、食堂街で遅い昼の食事をした。そこは問屋街、道具屋街といったところ。浅草やアメ横みたいな雰囲気。この日は日曜で休みの店舗が多かった。

早朝、5:35に仁川から関空に帰る6人を空港行きのリムジンバスが停車する景福宮バス停で見送った。

この日は「仏陀の日」ということで、国民の祝日であった。街中に同じ規格の提灯がつけられていた。

Img_6530
午前中は出発まで時間に余裕があったため、IKさんと近くの朝鮮王朝の宮廷であった「景福宮」見物に出かけた。

Img_6499
とりわけ中国と日本からの観光客が多かった。この大きな建物の2階は宴会場であったという。

Img_6486
王宮の最奥で日本では見かけない花をみつけた。造花っぽいが本物。ハスの花に似ているが、名前は分からない。

広場では景福宮のイベントがあった。まるで歴史絵巻を観るようであった。

Img_6565

Img_6564

Img_6575

早めのお昼は、大元旅館の優しいお母さんに紹介してもらったお店に2人で食べに行った。チヂミ1と冷麺2、ビール2、マッコリ2など注文。2人で34,000wo(約¥2500)ほど

Img_6580

旅館に戻ると若い女性がいて話しかけたところ、私たちに気軽に応じてくれた。父親がスペインとイタリアのハーフ、母親もハーフで、クォーター。現在某県立高校の3年生、成田空港を利用したという。これから梨大(241イデ)へ服を買いに行くと云っていた。タレントのベッキーに似ていた子だった。当初は20代半ば国籍不明の美女に見えた。

夕方仁川空港から中部空港に帰るIKさんと別れて、私は1人で金浦空港へ地下鉄で移動した。旅館の方が乗換しなくてよいように光化門(533クァンファムン)まで案内してくれた。

Img_6585
ここには最新のロッテショッピングモールがあって、お土産を買った。

8日間の楽しいインスボンクライミングツァーを終えた。
今回2度目の韓国だった。今回は時間の余裕があった。ソウル市内しかみていないが、山歩きをする人々や街でみかけた市民からは、幸せそうな暮らしぶりをしている印象を受け、全体として活気を感じた。ただ女性のしゃべり方は、お互い怒鳴りあっているようできついなぁと思った。

(注)金浦15:30⇒羽田17:30⇒自宅20:00
   昨年同様、往復ともアシアナ航空を利用した。
       預けた80リットルのザックの重量は約20㎏であった。

« 白雲山荘から下山 | トップページ | 自宅ではシャクヤクなどが開花 »

海外」カテゴリの記事