最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 雨の皇居にて | トップページ | 相模大野/仏蘭西料理の隠れたレストラン »

2012年4月15日 (日)

奥多摩の岩場めぐりハイク

2012.04.15(日)高曇り、時々晴れ
武蔵五日市駅から藤倉行きのバスに乗った。下車した千足バス停前には、お婆ちゃんが店番しているお店があった。リンゴ、せんべい、カップ麺、缶ビールの買い物をしたら、昔のゴツイ算盤で計算してくれた。
Img_4924
午前10時すぎスタート。ここから急登で馬頭刈尾根に上がり、80分ほどで「つづら岩」の基部にでた。
Img_4919
ここは高校2年のとき、F君と来たはずだが何も覚えていない。当時はビブラム底の皮登山靴で登った。
当時の山日記には、S.40.11.20 第一ルート、第二ルートを登った。そしてチムニールートは脆すぎて途中でやめたと記してあった。

Img_4930
ここから大岳山を経由して御岳へ向かった。さすが東京、ハイカーが多い。中高年だけでなく若い人も多い。女性のファッションはカラフルでよい。
Img_4933
御岳山には山上に神社があり旅館街がある。このあたりからは東京方面の夜景がいいそうだ。
Img_4939
御岳から鳩ノ巣駅に向かって歩くが誰にも遭わない。途中に越沢バットレスがあった。その昔は上級者のゲレンデとして知られていた。

« 雨の皇居にて | トップページ | 相模大野/仏蘭西料理の隠れたレストラン »

縦走、ハイクなど」カテゴリの記事