最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 丹沢/広沢寺・・・清掃集会 | トップページ | 今週後半 »

2012年3月 7日 (水)

鎌倉を訪れた

2012.03.07(水)曇り
いつも混んでいる鎌倉。従って、平日で晴れていない日で今日みたいな日を選んだ。相模大野から江ノ電経由のフリーチケット(@960)を買い、連れ合いと昼近くに出かけた。
まず長谷で下車。取りあえず昼食だが、楽しみに目指した「0467 Hase Kamicho」は臨時休業であった。近くに「鎌倉土鍋ごはん Kaedena.」をみつけて入った。
Img_3955
私は釜揚げしらすのランチ(@1200)を注文。小さいお店で夜は予約のみという。女性向き。勧められる店だと思う。
このあたりに2軒ほど釜揚げしらすを売りにした飲食店が新たにできていた。といっても四国で食べたようなてんこ盛りはないと思う。
この日、訪れたお寺は光則寺と建長寺。
Img_3951
人気の長谷寺はパスした。
Img_3960
近くに長谷寺があるので、忘れられそうでひっそりと佇んでいる日蓮系の光則寺。鎌倉の隠れ寺。茶花の種類がすごい。梅は添え木で支えられた倒れそうな老木ばかり。
Img_3965
ミツマタが満開。
本堂前には樹齢約200年といわれる海棠が4月上旬に開花するという。光則寺縁起には「・・・その艶麗さは近隣に例をみない」と記されていた。色々な花木の開花にあわせて再び訪れてみたい。花の寺として鎌倉の通には知られているそうだ。
Img_3968
約740年ほど前に日蓮聖人の弟子「日朗上人」が幽閉された「土の籠」も見物した。寺の裏の高台にあった。

Img_3976
建長寺は久しぶり。鎌倉五山第一位の禅寺としての風格を充分に感じることができる。総門の背後に大きな三門が見える。
Img_3989
法堂(はっとう)には、パキスタンから奉納されたという「釈迦苦行像」が安置されていて公開されていた。
※2005年愛知万博でパキスタン館の目玉として複製が展示され、終了後建長寺に寄贈された。
Img_3980
日本最古の禅庭園、方丈庭園(名勝史跡)はなかなか広々と瀟洒な雰囲気。半僧坊の山の借景がいい。
Img_3973
江ノ電で往復したが、海が眺められる単線で、レトロっぽい電車でゆっくりと走る。

(注)3/5はスト―ンマジック(クライミングジム)、3/6は市立体育館のトレーニングルームに行った。

« 丹沢/広沢寺・・・清掃集会 | トップページ | 今週後半 »

旅行・地域」カテゴリの記事